インデックス まえがき あらすじ


「春宵」本編へ

あとがき

 ここまで読んでいただきありがとうございます。
 桃実と要は、アニメ本編では暗躍していて、かなりな事をしでかしているわけですけれど、 そうするほどの野望を抱くようになったのにはそれなりにきっかけがあったのではないかなという気がしています。 彼女達が別々に生活していた時は、できる事は限られていたのでしょう。 2人が出会った事で、あれだけの事態を引き起こせるパワーを手に入れられたのかもしれません。
 彼女達の関係については、本編第22話「決闘」がいろいろ物語っているように感じます。 何も言わなくても相手と通じ合っているしわかり合えていると思っていたのに、気づいた時には別のものを見ていた、みたいな。 彼女達は、最初にお互いの恋愛感情を確かめ合う事をしなかったからこうなってしまったのではないでしょうか。 (性格的に、桃実は策士なのに対して、要は押しは強いもののやや天然な部分があるように感じます。 最初要の目には桃実しか見えていなかったのが、やがて天音の存在に気づき、気になり始めて、とか。) 利害が一致する相手を見つけられたのが嬉しくて、相手と自分は何もかも一緒だと思い込んでしまったのでは。 第22話の後、彼女達がお互いを見つめ直してもう一度結ばれ、(周りに迷惑をかける事なく)生活していけると良さそうです。
 よろしかったら感想などお聞かせください。 ブログの記事へのコメントかあるいはメールにてお願いします。

Written by ギンガム from 百合佳話 [ゆり/かわ]