物語本編には登場しませんが、第1巻のあとがき漫画で
志村さん達が門の所まで来たという場所です。吉屋信子さんは、
「屋根裏の二處女」など百合な文学作品を手がけられた、
大正から昭和時代の作家の方ですね。
 この記念館は、通常はグループ学習向けなど予約者に
使ってもらっているそうですが、春から秋にかけては曜日を
限定して一般公開しているそうです。
(動画)