列車からバスに乗り継いだのですが、途中で「鬼切」という名前のバス停を発見しました。