インデックス まえがき あらすじ


「あれは、ノイズ……?!」
 司令室の入り口に立ち尽くした立花響(たちばなひびき)の口から思わず出たつぶやきが、そばにいた風鳴翼(かざなりつばさ)、雪音クリス(ゆきねくりす)、そして小日向未来(こひなたみく)を、一瞬にして緊張に押し包んだ。
 室内奥の壁面に大きく描き出されたレーダスクリーンの中央で、不定形な赤い光のもやが明滅していた。
 翼が一歩前へ出る。
「しかし、あんな形の反応は見たことがないぞ」
 一行は開いている自動扉をくぐり抜け、司令室の中へと入っていった。

 先のネフィリムとの戦いで大破を来した移動司令室に代わって、リディアン音楽院の地下に造営された施設はまだ仮のものであり、スクリーンやコンソール、計測機器計算機器の類は、機能を果たすためだけに雑然と並べられている。それでも、響達『装者』の力で『バビロニアの宝物庫』を破壊し仰せた後は、認定特異災害、『ノイズ』の脅威は一件も報告されていなかったため、この急ごしらえの司令室でも十分に用はなしていた。
 ところが今は、狭い通路を用員達がひっきりなしに行き交い、事実確認や関係当局と連絡を取る大きな声があちこちから聞こえている。皆一様に切迫した表情を浮かべている。
 昨日までののんびりしたムードとは打って変わった様子に戸惑いながら、この場にふさわしくないリディアンの制服を着た響達は、室内で一段高くなったブリッジに近づく。
 ブリッジの前衛には、仁王立ちになり腕を組んで周囲に命令を飛ばす男性がいた。シャツを腕まくりし、ネクタイの先を胸ポケットに差し込んでいる。この基地をとりまとめる特異災害対策機動部二課課長、翼の叔父でもある、風鳴弦十郎(かざなりげんじゅうろう)である。
 近づいた翼は、相手に声をかける。
「何が起きているんですか」
 弦十郎は、翼と響達に目配せした。
「皆来てくれたか、未来君も」
 今は装者ではない未来は、小さく頭を下げる。弦十郎は一同に、スクリーンを見るよう促した。
「見ての通り、ノイズだ」
 赤い光は、スクリーン上を一定の方向にゆっくりと動いている。
「『宝物庫』を潰してからこっち、残党の襲撃は予想済みだったんだが。こいつは、今までのとはタイプが違う」
 低い位置にあるオペレータ席に命令を投げる。
「最新情報をくれ」
 二課の制服を着た藤尭朔也(ふじたかさくや)が、平時とは違いきびきびとした口調で手元のデータを読み上げる。
「現在ノイズは北西の山間部に位置し、勢力を拡大しながら南東方向に時速約15キロメートルで移動中。発見時からコースは変わっていません」
 隣に座る友里あおい(ともさとあおい)が声を挟む。
「司令、無人探査機からの可視画像が入電しました」
「出せ」
 スクリーンの一角が灰色に染まった後、ところどころ乱れながらも映像が浮かび上がってきた。
 上空から斜め下を撮影する無人機の映像は、地表にうごめく何者かを映し出していた。日没間近の陽光を全面に受けて赤黒く光るそれは、形をなさない溶岩のように、ぶるぶると震えながら、辺りの木々を押し倒して移動していた。
 呆気にとられていたあおいは、気を取り直して報告を続けた。
「センサ情報からの推定によると、対象の平均高さは三十メートル、地表の占有面積は……八平方キロメートル」
「街一つ、軽く飲み込んでしまいますね」
 いつの間にか響達のそばに来ていた緒川慎次(おがわしんじ)が言葉を継いだ。
「長年にわたるノイズの観測と研究の中でも、類を見ない巨大さです」
 制服ではなく背広姿なのは、翼のマネージャという仮の姿で仕事をしていた最中だったからなのだろう。眼鏡は外している。
 弦十郎が、場にいる全員に注意を促す。
「これより我々は、このノイズを『リヴァイアサン』と呼称し、無力化を図るため迅速に対応する」
 響達の方へと改めて向き直る。
「君達の出番になる。しばらくぶりだが、行けるか?」
「無論です。それこそが、我々装者の使命ですから」
 翼が、引き締まった表情で即答する。クリスも、にやりと笑い拳を握りながら同調する。
「こんな時のために、こちとら今日だって放課後残って特訓してたんだ。体はあったまってるぜ」
 響は一歩前へ出た。
「相手が何者でも、戦ってみせます」
 弦十郎は三人の顔つきを確かめ、うなずいた。
「頼むぞ」
「装者は準備が整い次第、射出口へ移動してください」
 あおいの案内を受けて、響、翼、クリスの三人は、入ってきたのとは別の扉を目指し走り出す。
「――響」
 至極穏やかだが、よく通る声が聞こえた。響の目の前へ、未来がするりと滑り込んでくる。
「未来?」
 向き合う格好になった二人に、翼とクリスは一瞬目をくれたが、すぐに戦闘準備のため部屋を出た。
「どうしたの、未来」
 問いかける響の前で、未来は相手を見つめ、柔らかな微笑みを口元に浮かべて、押し黙っている。しかし、響が翼達の後を追おうと身を乗り出しても、未来は自分の体で立ちふさがり、身動きを取らせなかった。
「響」
 彼女はそっと、両手を肩幅の広さに掲げた。手のひらを相手の方へ向ける。
 そうして未来は、響を、突き飛ばした。
「?!」
 響が思わずよろめいた瞬間、未来は右手で胸元のペンダントを――装者が使用するギア、聖遺物ガングニールを――チェーンごと引きちぎった。

 響と、周囲の人々が唖然とする中、未来はガングニールを握りしめて走り出す。陸上部のアスリートの俊足でもって、瞬く間に入り口を抜け姿を消した。
「未来……っ」
 状況が理解できない響には、見えなくなった相手の名前をつぶやくしかできなかった。
 我に返った弦十郎は、今取り得る策を思案した。
「ガングニールの軌跡を何とかトレースできないか」
 オペレータ席に着いて機器をいじり始めた慎次は、すげなく首を振る。
「無理です。なにしろレーダ観測網の内側ですから。ギアが発動でもしない限りは……」
 弦十郎は苦い顔になった。
「何てこった……」
「くっ!」
 響は、意を決して駆け出した。未来の後を追う。

 基地は、地上部分に二棟の建物を擁している。どちらも学院付属の管理棟に偽装していて、片方は装者や航空機械、武器の発着場、もう一方は物資や資材の搬出入口として使われている。響は未来の姿を求めて、後者の建物へとやって来た。
「未来……。未来!」
 北側部分は立体駐車場になっている。響は求める相手の名前を叫びながら、傾斜路を駆け上っていく。
「響」
 何度目かのらせんを回り込んだ所で、声が聞こえた。先程と変わらぬ、穏やかだがどこか突き放すような声だ。
 顔を上げた響の目に映ったのは、傾斜路の終端で、夕焼けの空を背にする未来のシルエットだった。高い場所を渡ってきた風が、襟足で整えられた彼女の髪を揺らす。
「未来――!」
 走り寄ろうとする響を制するように、未来は右手を横に振り伸ばした。細いチェーンにつながれたガングニールが、握った拳の下で揺れる。
 傾斜路の一番端に立っているおかげで、彼女が手を離したら、ガングニールは地上へ落下するだろう。それで壊れるような代物ではないが、探し出すのは非常に困難になる。
「未来、どうしちゃったの? こんなの、未来らしくないよ」
 食い下がる響に、未来は上方から声を降らせた。
「響。響は知らないかもしれないけど、私って、傲慢な人間なの」
 半歩下がった未来の頬に、暮れかかる陽の、血のような鮮紅色が差す。
「自分のためなら何だってする。だから――」
 未来は手の力を緩めた。
「!」
 同時に、その手を胸へとあてがう。

《……Балвисиал нескэл гангнир трон――》

 司令室のコンソールが、けたたましい警報音を鳴らした。
「――アウフヴァッヘン波形検出。パターン照合……ガングニール!」
 あおいの報告とともに、スクリーンが閃く。表示された文字を確認して、弦十郎は安堵した。
「響君か……」
「待ってください。何か変です」
 あおいは、手元に表示される数値をスクリーンへと投影させた。
「適合係数が異常に低下しています。まるで、今にもギアが分離してしまいそうな……」

「立花!」
「こいつは……!」
 司令室での出来事を無線で聞きつけ引き返してきた翼とクリスは、信じられない光景を目の当たりにした。
 ひざまずいた響が力なく手を差し伸べる先、傾斜路の上で、輝く光に未来が包み込まれていた。
 しなやかで伸縮性の高いボディスーツが、制服の取り払われた未来の肌に張り付いていく。腕を片方ずつ順に掲げると、待っていたかのように薄手の白いグローブが出現し、同時に腕部ユニットが手首を挟み込む形で次々に取り付けられる。
 そこで未来は、少し腰をかがめ、路面を蹴って後ろへと飛んだ。十メートル以上はある地面へとすぐに落下していく。
「おい!」
 クリスは飛び出した。未来が立っていた場所へ来ると、柵をつかんで地上をのぞき込む。
 未来のギア発動シーケンスは続いていた。ブーツ、スカート、ヘッドギア……あるべきパーツがあるべき場所へと取り付けられていく。が、どこかが違っていた。
 違和感は、クリスの目から見ても明らかだった。未来の周りに火花のような電撃が渦巻き始め、ギアを通して未来の体に次々に撃ち込まれていく。
「うっ!」
 未来はバランスを崩し、体勢を立て直せない状態で、うめき声とともに地面にたたきつけられた。
 我が痛みのように、クリスは顔をしかめる。
「何してやがるんだ、あいつ」
 ギアをまとっているとはいえ激しい衝撃のはずなのに、それでも未来は、すぐに地面に腕をつき上体を起こしにかかっていた。
 クリスはぐいと顔を上げて翼を振り返る。
「追いかけるぞ」
 翼はうなずいてから、両手で支えていた響に問いかける。
「小日向がまとっていたのはガングニールだな? いったい何があったんだ」
 未来が消えていった空を眺めたまま、響はうわごとのように言う。
「未来が、悲しそうに笑って。未来が言ったんだ」
 のどを詰まらせながら、響は声を絞り出した。
「『バイバイ』って――」

「く……っ!」
 震える両手で地面を押し返し、未来はようやく起き上がった。棒のようになった足を突き立て、腰を浮かせる。電撃のおかげでこわばり固まってしまった筋肉を強いて膝を伸ばす。
 息を荒げ、ふらふらになりながら、ガングニールをまとった未来は立ち上がった。
 倒れ込むようにして、前へ進み始める。
「待ちやがれ!」
 背後から声が響く。
 肩越しに見やった先に、聖遺物イチイバルをまとったクリスが降り立った。
「お前どんな了見で――」
「来ないで!」
 振り向きざま、未来は大きく両手をなぎ払い腕部ユニットを発動させた。とてつもない圧力を持った空気の渦がほとばしり出る。彼女の体を痛めつけている電撃が絡みつき、旋風がクリスを襲った。
「なっ……!」
 思わず飛びすさってかわす。
「待て――」
 とっさに差し出した手の先で、未来は背を向け走り出していた。
 彼女の体からは、時折まぶしい光が発せられている。適合係数が低い状態でさばききれなかった聖遺物のエネルギーがあふれ、可視光となったものだ。
 自分の指の間をすり抜ける光を見つめ、クリスは歯噛みした。
「……あたしじゃ、駄目だってのかよ!」
 未来は自分の言葉を聞いてすらくれなかった。それが今のすべてだ。
 クリスは走り始めた。

 最短距離をとるために障害物となる建物をジャンプでよけながらまっすぐ進む未来の頭上で、空を切り裂く音が聞こえた。
 基地から弾道を描いて飛んできたのは、まとった聖遺物、天羽々斬(あめのはばきり)を流線型の剣に変えた翼だった。変形を解きながら着地すると、走ってきた未来の肩に組み付く。
「小日向、なぜこんな事をする!」
 未来はいつになく険しい表情で無言だった。翼の手をどかそうともがくが、今のガングニールの力は天羽々斬に及んでいない。
 押さえ込んでいる翼の腕にも、適合しきれないガングニールの発する電撃が絡みついてくる。戦闘による苦痛に慣れている彼女でも、思わず顔をしかめるほどの衝撃だ。それでも手を離さないように力を込め、言葉を続ける。
「その状態で何をしようというんだ。ギアが瓦解しかかって、装者に負担が集中している」
 未来は答えず、うつむいて翼と視線を合わせようとしない。
 翼は、厳しかった声を和らげ、いたわるような口調になった。
「全身が痛んで耐えられないのではないのか?」
 未来はうつむいたまま、独り言のように口走った。
「……こんなの、何でもない」
 声を震わせる。
「こんなの、響を失う痛みに比べたら、何でもない!」
「――!」
 翼は言葉を失った。たちまち彼女の脳裏に、今はこの世界にいない一人の女性の姿が浮かび上がった。
 未来は、翼の手の力が一瞬弱まったのを感じると、腕を振り払って戒めから逃れた。すぐさまその場から抜け出す。

「逃げられたのかよ?!」
 駆け込んできたクリスが驚いた声で叫ぶ。しかし翼はすぐには答えなかった。小さくなっていく未来の背中からふと目を逸らす。
 未来のあの気持ちを、翼は知っていた。翼自身、いつもそばにいたかけがえのない人を失った経験があるからだ。彼女の名は、天羽奏(あもうかなで)。表向きは2人で歌唱ユニットを組んで演奏活動をし、裏では人知れずノイズの脅威に立ち向かっていた。
 そしてあの『ライブ会場の惨劇』の日、彼女は絶唱を解き放ち、命を散らしたのだった。
「……違う」
 そんな自分なら、未来の今の気持ちを理解してやれる、などと、おごった事はとうてい言えない。
 自分達はまだいい。装者として、いつでも戦って討ち果てる覚悟はできていたし、日頃から互いにそう話し合ってもいた。
 だが未来は違う。ノイズの由来や人類との因縁など何も知らずに生まれ育ってきた民間人だ。本来なら、ノイズが去ることをひたすら願いながら、シェルターの中で震えて過ごすことを許された人々の一人だったのだ。
 それが、一番大切な人を装者に祭り上げられ、『ルナ・アタック』の際にはその人の死亡を告げられ、『ソロモンの杖』を巡る戦いでは聖遺物に全身を侵され自己を失いゆく相手に寄り添うしかできなかった。その胸の内を他の人間が察するなど、できようはずもない。
「あいつ、わざと的を外して攻撃してきた。あたしらとやり合うつもりはないんだ」
 クリスが促すように話しかける。翼は顔を上げ、未来の走っていった方向を改めて見据えた。
「行こう」
 そこへ無線連絡が入った。
「翼さん、クリスちゃん」
 響の声だ。いつもの張りはなかったが、何か意志を秘めていることは感じ取れた。
「二人に頼みたい事があるんです」

 翼から離れて走り続け、広いグラウンドを横切ってへりまで到達した未来は、ようやく足を止めた。正面を走る道路を挟んだ向かいにある、市街地の方を見つめる。
 そこはオフィス街らしく、ビル群が密集して建っている。ごくありふれた風景だったが、人の姿はどこにもなく、車通りも見られない。
 未来は、痛みしか生まないギアを、自分の体から離れないように、左手で強く胸に押し当てた。荒い呼吸を抑えつけ、耳を澄ませる。
 未来のいる目の前にある最も高いビルが、静かに、ゆっくりと、崩れ始めた。幾何学的だったガラスとコンクリートは際限なく砕かれ続け、破片が霧のように立ちこめる。むき出しになった鉄筋はねじ切られながら、止めどなく傾いていく。
 ビルだったものの背後から、鈍い赤色の塊がせり上がってきた。ひしめき合う建物はそこを起点にいっせいに壊れてゆき、瓦礫が大波のように渦巻く。
 リヴァイアサン・ノイズは、まだ残る夕日を照り返すだけでなく、自らも赤く発光しながら、人の文明や社会のあらゆる形を、飲み込み潰し去ろうとしていた。
「……」
 想像を超えた災禍を目の当たりにした未来は、すぐには身動きがとれなかった。翼やクリス、二課のメンバーでさえ見たことのない巨大なノイズを前に、息をのむしかない。
 が、彼女がためらっている間にも、目前の侵攻は止まらない。左右数キロメートルにわたって押し寄せるノイズの壁は、気づけば彼女の視界のほとんどすべてを覆い尽くそうとしていた。
「っ――」
 未来は一人静かに息を吐き、腰を低くして片足を一歩大きく下げた。意識を腕部ユニットに集中させ発動させようとする、が、ユニットの反応はここへ来ても鈍い。それでもかまわず、相手を正面に見据え、自分の脚力に任せて突っ込もうと身構える。その時。

「小日向!」
 翼の声が背後から届いた。振り返る未来の目に見えたのは、遠方から並んで走ってくる翼とクリスの姿だった。
「来ちゃだめ!」
 叫んでも、二人は止まらない。クリスは走りながら上半身にひねりを加えた。
「これでも食らえ!」
 クリスの叫びとともに、二人は自分達の間にある何かを未来めがけて放つ。未来は思わず両手を突き出して防御の態勢をとった。
「――え?」
 翼とクリスが押し投げたのは、響だった。
 未来の目を見つめて笑顔を向ける制服姿の響が、まっすぐに飛んでくる。未来は思わず、差し出していた両手で彼女を抱き留めた。

 未来の胸に勢いよく収まった響は、まとったギアごと未来を抱きしめる。響の柔らかい腕と体にぎゅっと包まれるいつもの感覚が、未来の胸に染みわたっていく。
「響……。何で、何でここに」
 予想もしなかった出来事に動転してうまくしゃべれずにいると、未来の肩にあごを乗せる響は静かに首を振った。
 離れた場所から未来に声が降りかかる。クリスだ。
「あたしだってなぁ、あたしだって心配、してんだからな!」
 声の方を向くと、顔を赤くして懸命に叫んでいるクリスと、その後ろには厳しい表情でかすかにうなずく翼の姿が見えた。
「小日向、立花を安全な場所へ連れて行け」
 二人の背後には、巨大なリヴァイアサン・ノイズがますます迫ってきている。
 現実に引き戻された未来は、自分の首にすがっている響を両腕で抱え、グラウンドの反対側へ向けジャンプして離れていった。
「まったく、世話が焼けすぎてたまんねえぜ」
 愚痴るクリスを、翼が促した。
「二人のためにも、我々がノイズを食い止めねばならん」
「言われなくても……!」
 ノイズの方へと向き直ったクリスの両手には、ギアが生み出した巨大なランチャーが既に携えられていた。

-- 続 --


あとがき 感想をお寄せください


©Project シンフォギア
2017.7.1 Written by ギンガム from 百合佳話 [ゆり/かわ]