2011年11月 1日 (火)

姫神の巫女 其の四

 思いもよらない出来事があったため、千華音は
少しの間、媛子との「おつきあい」から離れる事に。
そうなってから改めて千華音は、自分の気持ちに
気づかされたようです。そしてそこから目をそらす
事をやめたみたいです。これで彼女の迷いが消えるのか、
もしそうならその先には何が待っているのか、大きな
展開が始まりそうです。

続きを読む "姫神の巫女 其の四"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

姫神の巫女 「其の四」が公開されています&絶対少女聖域アムネシアンの連載、、、

 1年以上の間があって新作が追加されています。
戦う事を定められた千華音と媛子の関係は変化する
事ができるのでしょうか、できないのでしょうか。
それから、「絶対少女聖域アムネシアン」の方も
大詰めのようですね。こちらでは千歌音と姫子が
どうなっていくのか気になります。

続きを読む "姫神の巫女 「其の四」が公開されています&絶対少女聖域アムネシアンの連載、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

姫神の巫女 其の参(弐)、(三)、(五)、(六)、(七)、(八)

 千華音の視点が中心になっているため媛子の
気持ちははっきり描かれていないのですけれど、
かなり落ち着いているような感じはしますね。
媛子にしたって自分の部屋に千華音を入れるのも
お泊まりするのも初めてのはずですし、、、。この
物語が語られ始めた時点からの媛子の気持ちの
動きも知りたいような気がします。

続きを読む "姫神の巫女 其の参(弐)、(三)、(五)、(六)、(七)、(八)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

姫神の巫女 「其の参」が公開されています

 自分に与えられた使命を果たすために冷淡さに
徹していたはずの千華音。目の前に現れるすべてに
疑いのまなざしを向け、迷いを断ち切る事で
自分を優位に保とうとする彼女ですが、その
行動だけを見ていると何かかわいらしささえ
感じられるような。彼女もやはり、悩める
15歳の女の子、なのでしょう。

続きを読む "姫神の巫女 「其の参」が公開されています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

姫神の巫女 其の弐(六)、(七)と「絶対少女聖域アムネシアン」第1巻の表紙画像が紹介されています

 我を忘れて走り出す千華音。胸の中では
様々な葛藤が渦巻いているみたいですけれど、
動き始めてしまった歯車は、そう簡単には
止められないのでしょうね。
 それから「アムネシアン」の方は単行本の
表紙画像が見られるようになっています。また、
加筆も多くなっているとか。

続きを読む "姫神の巫女 其の弐(六)、(七)と「絶対少女聖域アムネシアン」第1巻の表紙画像が紹介されています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

姫神の巫女 其の弐(四)、(五)

 自分は「御神娘」なのだと千華音がいつも心がけて
いるように、周りもそういう目で彼女を見ています。
だから彼女自身が役目を忘れそうになっても、常に
誰かが思い出させてくれるようで。彼女がその支配
から逃れるのは難しいのかも。そして同じ事は、
媛子にも言えるようです。

続きを読む "姫神の巫女 其の弐(四)、(五)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

姫神の巫女 其の弐(弐)、(三)と「絶対少女聖域アムネシアン」第1巻の予定

 媛子に背を向けてしまった千華音。2人の
「おつきあい」もこれまでなの、とも思われました
が、千華音の中には何か引っかかるものがある
みたいですね。彼女はここで何に気づく事に
なるのでしょうか。
 それから、新刊コミックが来月発売予定になって
います。「姫子」と「千歌音」の物語です、、、。

続きを読む "姫神の巫女 其の弐(弐)、(三)と「絶対少女聖域アムネシアン」第1巻の予定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

姫神の巫女 「其の弐」が公開されています

 媛子との関わり方に、千華音はまだ戸惑いを
覚えているようです。けれど2人が出会う前には、
千華音は彼女に与えられた役目として、媛子と
戦うための訓練を10年以上も続けてきていたの
ですよね。時間の長さだけが問題ではないの
でしょうけれど、彼女の体に刻み込まれた感覚が
何かを訴えかけているようです。

続きを読む "姫神の巫女 「其の弐」が公開されています"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

姫神の巫女 其の壱(九)、(十)

 千華音は、媛子に対して感じている気持ちが
何なのか考え始めます。ですが出てくる答えは
どれも信じられないものばかり、、、。彼女の
迷いはにはなかなか出口が見えないようですが、
ずっとそこにとどまるわけにもいかないみたい
ですね。

続きを読む "姫神の巫女 其の壱(九)、(十)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫神の巫女 レビューリスト

 ここでは「姫神の巫女」についてこのブログで
書かれたレビューへのリンクを載せています。
目次などとしてお役立てください。

続きを読む "姫神の巫女 レビューリスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

作品 BLOOD+ 作品 BLUE DROP 作品 Candy boy 作品 GIRL FRIENDS 作品 GIRL×GIRL×BOY 作品 KURAU Phantom Memory 作品 LOVELESS 作品 Rio RainbowGate! 作品 sola 作品 voiceful 作品 うみものがたり 作品 おとボク 作品 かしまし 作品 かなめも 作品 きんいろモザイク 作品 くちびる ためいき さくらいろ 作品 けいおん! 作品 ことのはの巫女とことだまの魔女と 作品 ご注文はうさぎですか? 作品 さくらの境 作品 ささめきこと 作品 その花びらにくちづけを 作品 とある科学の超電磁砲 作品 にじぷり 作品 のんのんびより 作品 はなひらっ! 作品 はやて×ブレード 作品 ひだまりスケッチ 作品 ふたりはプリキュア 作品 まどか☆マギカ 作品 まなびストレート! 作品 まりあ†ほりっく 作品 まんがの作り方 作品 ゆゆ式 作品 ゆるゆり 作品 らき☆すた 作品 りりくる 作品 ろこどるやってみた。 作品 アオイシロ 作品 アカイイト 作品 ウエルベールの物語 作品 エコエコアザラク 作品 エル・カザド 作品 カレイドスター 作品 ガールズ&パンツァー 作品 ガールフレンド(仮) 作品 キディ・ガーランド 作品 ギャラクシーエンジェル 作品 シムーン 作品 スズナリ! 作品 ストライクウィッチーズ 作品 ストロベリーシェイクSweet 作品 ストロベリー・パニック! 作品 ソラノヲト 作品 ソルフェージュ 作品 タクティカルロア 作品 ツインエンジェル 作品 ノワール 作品 ハナヤマタ 作品 ビビッドレッド・オペレーション 作品 ブラック☆ロックシューター 作品 プリパラ 作品 ペンギン娘 作品 マギーペール 作品 マリア様がみてる 作品 ミルキィホームズ 作品 モーレツ宇宙海賊 作品 ヤミと帽子と本の旅人 作品 ユリ熊嵐 作品 ヨコハマ買い出し紀行 作品 ラブライブ! 作品 リリカルなのは 作品 ヴァルキリードライヴ 作品 京四郎と永遠の空 作品 侵略! イカ娘 作品 初恋姉妹 作品 勇者である 作品 可憐放送部 作品 咲-Saki- 作品 地獄少女 作品 夏色キセキ 作品 大正野球娘。 作品 天然女子高物語 作品 女子高生 作品 姫神の巫女 作品 学園アリス 作品 少女セクト 作品 少女美学 作品 恋姫†無双 作品 悪魔のリドル 作品 戦国乙女 作品 戦姫絶唱シンフォギア 作品 春夏秋冬 作品 最後の制服 作品 桜Trick 作品 機動戦艦ナデシコ 作品 犬神さんと猫山さん 作品 猫神やおよろず 作品 白衣性恋愛症候群 作品 神無月の巫女 作品 絶対×浪漫 作品 舞-乙HiME 作品 艦これ 作品 苺ましまろ 作品 落花流水 作品 貧乏姉妹物語 作品 超次元ゲイム ネプテューヌ 作品 輪廻のラグランジェ 作品 錬金3級まじかる?ぽか~ん 作品 閃乱カグラ 作品 電脳コイル 作品 青い花 作品 Aチャンネル 作品 AKB0048 作家 林家志弦 作家 森永みるく 商品 ガーナチョコレート 商品 マキアージュ 番組 百合魂-ゆりイズム- 百合ノート 百合リマインダ 百合レビュー 百合レポート 百合佳話アップデート 百合情報 百合2次創作 雑誌 つぼみ 雑誌 ひらり、 雑誌 コバルト 雑誌 サンデーGX 雑誌 メガミマガジン 雑誌 百合姫 雑誌 百合少女 雑誌 電撃G'sマガジン 雑誌 電撃大王 2次創作 シムーン 2次創作 ストロベリー・パニック!