2006年8月19日 (土)

百合姫コミックス 「voiceful」

 この作品は、第1話が読み切りとして百合姉妹に掲載
されてました。
 この1話だけでかなりまとまっている感じだったので
続編が百合姫に載ると聞いた時は、どんな物語になるん
だろうと思っていたのですが、キャラクターの深みとお互いの
つながりがうまく出ていて楽しめました。

 一迅社百合姫コミックスより、ナヲコさん作「voiceful」です。
4話構成の表題作と、短編3本(内1本は描き下ろし)が
収録されています。
 「voiceful」は、、、引きこもりの少女、かなえが
ネットで見つけた希望の光、HINA。ネット上でだけ曲を
リリースするHINAは「架空の歌姫」とも呼ばれていたが、
かなえにとって彼女は生きる勇気を与えてくれる存在だった。

 第1話では遠く離れている二人の気持ちが重なる瞬間が
描かれていました。ここでは、かなえの視点から、彼女が
舞い上がったり自己嫌悪に陥ったりときめいたりといった
エピソードがちりばめられていましたね。
 第2話以降はさらにHINAの思いや過去が明かされてきます。
最初はかなえにとって「神様」だったHINA。彼女とかなえは
本当の気持ちを通じ合うことができるのか、といったところが
注目のポイントになるでしょうか。
 一緒にいると「気持ちがやわらくなってく」というのは
ありますね。それはとても素晴らしい事のはずだけど、
二人以外の世界には受け入れられない可能性もあって、、、。
この辺りはもどかしい部分ですね。

 描き下ろしの短編「歌の翼に」では、HINAの楽曲を担当する
「ひるちゃん」とHINAとの出会いが描かれています。
家出同然で公園のベンチに倒れていたHINAを自分の部屋へ
連れてくるひるちゃん。これが男と女のキャラ設定だったり
すると、ここまで気持ちを動かされるエピソードには
ならいのでしょうね。やはり百合は素敵、かも。

 他の短編「とびら」「とくべつなひと」は、それぞれ
百合姉妹のVol.1とVol.2に掲載された作品です。
 「voiceful」もそうなのですが、こちらの短編も、
女の子同士のはっきりとした恋愛感情まではいっていない
雰囲気です。こういうテイストも重要だと思います。でも
その一方で、ラブな物語も見てみたい気持ちがあったり
します、、、。(ちょっと求めすぎなのかもですね、、、。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

百合姫コミックス 2作品が今日発売です

 一迅社発行の百合姫コミックス、今月は2作品が
リリースされます。

・絶対×浪漫 むっちりむうにい先生作
 バレー部所属の活発な少女、後藤海と、学校一の
クールな美少女、東城つばきの、駆け引き満載(?)な
ラブストーリー、といった感じでしょうか。二人とも
どこまで耐えられるかが注目点だったりする、、、?
 今回の作品には描き下ろしなども追加されるらしい
ので楽しみですね。
 百合姉妹に掲載されていた「アカイイト」のショート
コミックなども収録されるのでしょうか。
 それから、百合姫に掲載された「世界に一つだけの徒花」、
ちょっとだけ物語を整理して連載もので見てみたい
気がします。

・voiceful ナヲコ先生作
 引きこもりを続けているかなえにとって、ネット上だけで
活動する歌手HINAの歌声は生きる勇気を与えてくれる
ものだった。ある日歌声に後押しされて外出することが
できたかなえは、一人の少女に出会う。
 ナヲコ先生がこれまで百合姉妹や百合姫に掲載してきた
作品は、女の子同士の恋愛感情、まではいかないような
雰囲気ですが、今回の収録作品ではどうなるんでしょうね。

 まんがの森本店では、今回のコミックス発売を
記念して「百合姫フェア」を開催しているそうです。
5/14から5/20までむっちりむうにい先生の原画展を行ったり、
メッセージペーパーのプレゼント、それからナヲコ先生の
サイン本も販売されるようです。お近くの人は
チェックしてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)