« アニメ「あさがおと加瀬さん。」Blu-ray flower editionとDVDの発売予定が発表されています | トップページ | HUGっと! プリキュア 第20話 »

2018年10月 3日 (水)

2018年10月からとその後のアニメ作品リストなど

 10月から始まるアニメ作品の中で百合テイストのありそうなものを少し調べてみました。女の子同士の恋愛関係がメインになる作品も含めていろいろ放送&上映されるみたいで、百合的には楽しみな季節になりそうでしょうか。

◯10月から開始のテレビアニメ

となりの吸血鬼さん
 高校生の天野灯(あまのあかり)は、人形好きな女の子。「森の近くにある洋館に、人形のように年をとらない少女がいる」という噂を聞きつけた彼女は、さっそく現場を探し始めるのですが、森の中で道に迷ってしまいます。困っていた彼女を助けてくれたのは、ソフィー・トワイライト、信じられない事に彼女は吸血鬼なのでした。
 ソフィーは、見た目は全く年をとらず(実際の年齢は300歳を超えているそうです(本人は歳を気にしてます))、姿は鏡に映らないし、空を飛ぶし、日光や流水やにんにくが苦手、と、伝説にある吸血鬼の特徴そのままです。他のアニメやコミック作品では、ここまで忠実に(?)性質を再現しているものってあまりないかもですね。でもその性質と、現代人の特徴がうまくマッチして面白くなっている気がします。
 そんなソフィーにも、一つだけ吸血鬼らしくない点があります。それは、人間を襲わない事。特に、灯の血を吸って同じ吸血鬼にしちゃおうとは決して考えないようです。彼女は今の灯を大切に思っているから、そうしているのかもしれません。
 灯の方はというと、人形の事になると押しが強く、ソフィーに対しても積極的に(時々激しく?)アプローチしています。2人が出会ったばかりの頃は、灯はソフィーを人形のようにかわいらしい子、と考える気持ちの方が大きかったように思います。けれど一緒に暮らすようになり、ソフィーのさりげない優しさや、時折見える孤独に触れるたびに、彼女を人として(まあ人間ではないですけど)愛するようになっていっている感じがします。灯とソフィーが2人とも、相手を大事にしている気持ちに気づき、またそれがどちらも同じ種類の愛情なのだと気づく事ができたら、彼女達の関係は恋愛へと発展していけるような気がします。
 2人の他には、灯の幼なじみの夏木ひなたの、灯への愛の強さも感じられます。ソフィーの知り合いの吸血鬼、エリーは、誰か特定の相手がいるわけではなさそうですが、かわいらしい女の子には目がないみたいです。灯達のクラスメイトの倉井朔夜と青木夕も、お互いを特別な相手だと思っているようですね。

うちのメイドがウザすぎる!
 母親がいない小学生の女の子、高梨ミーシャの所へやって来たメイドの鴨居つばめは、隠れマッチョな元自衛官。彼女はミーシャへの異常なまでの愛情を、隠す事など全くせず毎日のように愛でまくります。
 原作は、中村カンコさん作のコミックで、最新第4巻は11/12の発行予定となっています。公式アンソロジーも同日発行されるようですね(作家さんのお名前には、伊藤ハチさん、江島絵理さん、私屋カヲルさんなどが挙げられています)。本作は以前、百合コミックアンソロジー「ひらり、」のVol.12Vol.13にも、「つばくま!」というタイトルで掲載されていました。
 つばめとミーシャは年が離れた関係ですが、愛情の注ぎ方はつばめからのかなり一方的なもので、しかも激しいんですよね。まあそうはいっても、愛されている事自体はミーシャも嫌じゃないのでは、と思われますので、ここは年の差百合をたっぷりと表現していってもらいたい所です。

やがて君になる
 人を愛する気持ちがよくわからない高校生の女の子、小糸侑は、生徒会役員の七海燈子に出会います。告白されても相手を愛する事ができないという彼女に侑は共感を持つのですが、燈子の方は侑に恋愛感情を抱き始めてしまうのでした。
 、、、個人的に原作コミックは第1巻しか見ていないため、どういう風にストーリーが展開していくのかはよくわからなかったりします。最初の方の雰囲気は、恋愛と言うよりも人に興味や愛情を持って接するかどうかという物語なのかなと思っていたのですけれど、原作コミックは9月に第6巻が発行されていますし、それだけではない物語が、しかも百合度高めで描かれているのを期待したいです。
 アニメ版のPVなどの印象は、何かリリカルな、王道の(?)格調高いものがあるような気がします。原作とアニメ版とでどれぐらい差があるのかどうかは気になる所ですけれど、どちらにしても百合満載なストーリーになってもらいたいかもです。

閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-(第2期)
 アニメ第1期に登場していた飛鳥(あすか)や焔(ほむら)達の他に、雪泉(ゆみ)、雅緋(みやび)、神楽(かぐら)といったたくさんのキャラが登場するようです。タイトルにもあるように、スマートフォン用ゲーム「シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK」と近い舞台になるみたいです。彼女達1人1人に深い背景があるのでしょう。戦いによってしかふれあえなかった関係から一歩踏み出し、お互いを認め合い愛し合えるようになれるのか、というテーマがあったりするでしょうか。
 なお、本作の監督は柳沢テツヤさんが担当されています。柳沢さんというと、アニメ「神無月の巫女」も監督されていますね。今度の作品のPVの演出というか画面の構図や文字の使い方が、何となくあちらの作品のPVに近いような気もしてしまったり、、、。あちらと同じように、百合満載な作品になると素敵ですね。
(そういえば「神無月の巫女」は来年、放送15周年になるような。何か企画とかあると良いかもです。)

◯劇場版作品

ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編(9/29から公開)
 「ガールズ&パンツァー」は、最新作「~最終章 第2話」が6月に劇場公開予定となっていますが、まだまだ先、、、という事もあってでしょうか、ブルーレイ&DVDが発売中の「~第63回戦車道全国高校生大会 総集編」の劇場公開が行われています。テレビシリーズと、OVA「~これが本当のアンツィオ戦です!」からの映像をもとに、みほ達が参加した戦車道全国高校生大会の決勝までの流れを描き出す内容で、作品の世界観を劇場の大画面で復習できるのでしょうね。なお、本作は4DXMX4Dでの上映も行われているそうで、迫力ある上映が楽しめるのではないでしょうか。

魔法少女リリカルなのは Detonation
 惑星エルトリアからやって来たキリエとイリス、彼女達を追って現れたキリエの姉、アミティエ、それにイリスが追い求めるユーリ。彼女達の確執に、なのは、フェイト、はやて達が関わっていく事になるようですね。
 ところで、なのは達3人の声をそれぞれ担当されている田村ゆかりさん、水樹奈々さん、植田佳奈さんは、本作でシュテル、レヴィ、ディアーチェというキャラの声も担当されているそうです。声を掛け持ちしていると、なのは達主人公のキャラに集中するのが難しくなるのでは、という気もしてしまうのですが、それは余計なお世話なのでしょう。

映画HUGっと! プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ
 プリキュア達の思い出が狙われている! 謎の存在、ミデンに思い出を奪われたプリキュアは、なぜか赤ちゃんのように小さくなり、パワーも失ってしまいます。残されたのは「ふたりはプリキュア」のホワイトとブラック、「HUGっと! プリキュア」のエール、アンジュ、エトワール、マシェリ、アムールだけ。彼女達は、奪われた思い出を取り戻すため、困難に立ち向かいます。
 プリキュア15周年記念の作品として、第1シリーズの「ふたりは~」と最新シリーズの「HUGっと! ~」にスポットが当てられています。他のプリキュアも登場していますが、力を封じ込められるパターンで活躍の場は少なめになってしまう? それでも55人(!)のプリキュアが登場する「オールスターズ」になっているのが素晴らしいですね。

◯放送継続の作品

HUGっと! プリキュア

アイカツフレンズ!

キラッとプリ☆チャン

◯1月からの制作予定作品

ラブライブ! サンシャイン!!(劇場版、1月)

◯さらにその後または時期未定の制作予定作品

・戦姫絶唱シンフォギアXV(テレビアニメ第5期、4月)

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話(劇場版、6月)

グランブルーファンタジー(テレビアニメ第2期)

フレームアームズガール(劇場版)

ハイスクール・フリート(劇場版)

プリンセス・プリンシパル(劇場版、2019年)
 全6章構成になるそうです。「続編」との事ですので、カサブランカでバカンスしていたアンジェとプリンセス達の、新たなミッションが描かれていくのかもです。クールでスタイリッシュなエスピオナージュがばっちり描き出されていくと楽しそうです。
 アンジェとプリンセスは、テレビシリーズでお互いの気持ちを確かめ合ったでしょうから、この続編ではもう人目もはばからずにいちゃいちゃしてもらいたいものです。他のキャラ達や、もしいるなら新キャラ達の百合模様などもたっぷりあると良いですね。

響け! ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~(劇場版、4月)
 2年生へと進級した久美子と麗奈達。コンクールで全国大会に行った北宇治高校吹奏楽部は注目の的になっていて、たくさんの1年生部員が久美子達の所へやって来ます。今年の大会で金賞受賞を狙う彼女達の部活動がスタートを切りますが、様々な波乱も待ち受けているようです。
 作品の公式サイトには、「チューニングOK、センパイ?」という言葉が書かれていて、久美子と、1年生の久石奏が背中合わせに立っている姿が描かれています。この2人のただならない親密な関係がメインになるの、、、かと思ったら、10/1にサイトが更新されて、トップのイラストは久美子と秀一が向かい合っている絵柄になってしまっています、、、。テレビアニメ版では、この2人は周りからさんざん冷やかされていましたけれど、少なくとも久美子は相手にしていない風でした。それが、トップのイラストになっているというのは、何かがあるという事なのでしょうね。
 それはそれとして、久美子の先輩の希美とみぞれの関係もとても気になります。本作の時間軸が、劇場版アニメ「リズと青い鳥」の後なら、気持ちを通わせ合えた彼女達のいちゃいちゃが、本作でたくさん描かれていくのを期待したいです(「響け! ~」のシリーズだと、画面真ん中のメイン以外の部分で、ちょっとしたエピソードが展開していたりするので、そういう所でも親密な様子をちょこちょこ見せていってもらえると良さそうです。いえ、ど真ん中でいちゃついてもいっこうにかまいません)。
 これまでに制作された本シリーズの劇場版作品を上映する企画が行われているそうです。9/29から10/26までの4週にわたって、立川シネマシティで、3作品が週替わりで見られるようになっています。ポイントは、「リズと青い鳥」だけが、他の作品より長く合計2週間上映される、という事でしょうか。最近制作されたものだから、というのもあるのかもですけど、人気の作品だから長めの上映期間になっているのでは、という気もします。

星娘(スターリーガールズ)

キャロル&チューズデイ

けものフレンズ2(第2期)
 アニメについてはいろいろあったみたいですけれど、第2期が始まるようです。スタッフが新しくなる? その中でも、フレンズ(全員女の子です)達の甘いふれあいと、ちょっとシュールなやりとりが見られると素敵かもです。

私に天使が舞い降りた!

ワールドウィッチーズシリーズ 501部隊発進しますっ!(2019年)
 作品の10周年を記念したプロジェクトが始まるそうです。大きな所では、この作品をはじめ3年連続で新作アニメが制作されていくのだとか、、、! これは面白いですね。
 本作「~501部隊発進しますっ!」は、スピンオフ4コマ漫画のアニメ化となります。タイトルのように、芳佳達501部隊がメインとなるようですが、本編のような激しいバトルはちょっと置いておいて、部隊の緩やかな日々が描かれていくのかもしれません。

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN(2020年)
 こちらも501部隊にスポットが当てられるようです。ネウロイによって外の世界と分断されてしまったベルリンを救うため、芳佳達が立ち上がる、という感じの内容でしょうか。
 少し気になるのは、芳佳が魔法力を使えるのかどうか、だったりします。彼女はテレビアニメ第2期「ストライクウィッチーズ2」でピンチに陥るわけですけれど、この「~ROAD to BERLIN」はそれよりも前の物語なのでしょうか、それとも後なのでしょうか。

音楽隊ウィッチーズ(仮)(2021年)
 「戦わないウィッチ」として組織された女の子達のチームは、ネウロイの侵略で疲れ切った人々に、魔法と歌で元気を与えるため、世界中を駆け巡ります。歌手が兵士達を慰問する、といった感じなのかもですけれど、ウィッチ達の場合は魔法の力も使って夢を届けてくれるのでしょう。

ゆるゆり、(OVA)
 こちらも、原作10周年だそうで、それを記念したOVAが制作されます。タイトルの「、」は「てん」と読むらしく、10の「テン」とかけているっぽいです。制作スタッフがどういう方達になるのかがちょっと気になりますね。

|

« アニメ「あさがおと加瀬さん。」Blu-ray flower editionとDVDの発売予定が発表されています | トップページ | HUGっと! プリキュア 第20話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

作品 ゆるゆり」カテゴリの記事

作品 ガールズ&パンツァー」カテゴリの記事

作品 ストライクウィッチーズ」カテゴリの記事

作品 リリカルなのは」カテゴリの記事

作品 閃乱カグラ」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

雑誌 ひらり、」カテゴリの記事

コメント

「やがて君になる」が始まりましたね。
期待大ですが。

投稿: ジョーンズ卿 | 2018年10月 5日 (金) 22時57分

またもやお返事に時間がかかってしまいました、
失礼しました;;;。
「やがて君になる」、私も見てます。はぐらかしたりせず
真正面から百合作品として描いているのが良い感じ
ですね。オープニングアニメの幻想的な雰囲気や、
エンディングアニメのポップなイメージも楽しいです。
侑と燈子達女の子同士の恋愛が感動的に描かれて
いくと良いですね。

投稿: ギンガム | 2018年11月14日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/74318595

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年10月からとその後のアニメ作品リストなど:

« アニメ「あさがおと加瀬さん。」Blu-ray flower editionとDVDの発売予定が発表されています | トップページ | HUGっと! プリキュア 第20話 »