« 百合の華やぎ 2018 | トップページ | 2018年1月からとその後のアニメ作品リストなど »

2018年4月 3日 (火)

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第12話

 テレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」、第12話「AXZ」です。

 前回第11話の後のCMでは、響が、自分の出番がなくなるんじゃないかと心配してましたけど、そこまでにはならなかったようですね。彼女を取り巻く人達が、彼女を助けたいと強く願って行動したから、響も救われたのでしょう。

 響に手を貸した人の中には、サンジェルマン達もいました。響達とは敵対し合う関係が続いていた彼女達ですけれど、戦いの場で言葉を交わし、相手の振る舞いを見ている内に、大事な何かに気づいたのかもしれません。
(それにしてもカリオストロとプレラーティが、、、。彼女達が倒された時は、何よりも人の命を大切にする響達が、(圧倒的な攻撃で苦しめられていたからとはいえ)プレラーティ達の命を奪うような真似をしても良いのかと心配だったのですが、そういう仕掛けがあったのですね。(でも響達はそういう事情は知らないはず、ですよね、、、。)

 響を連れ戻すために、弦十郎の指揮のもと、一大作戦が決行されます。今までに起きた事のない事態に対処するわけですから、成功の確率の低い危険な作戦、になるのかと思ったのですけれど、弦十郎達はそこまで決死の覚悟を決めている感じでもなさそうです。S.O.N.G.のリーダーを張るぐらいですからどんなピンチでも勝算を見つけ出せる人なのかもですけど、何となくうまくいきすぎてストーリーの演出的に緊張感が出づらくなっている気もしてしまいます。でもまあこんなものなのでしょうか。

 それと、弦十郎は作戦の要として、未来を呼び出しています。これは、今までの経験から、未来と響のつながりが強く、響を呼び覚ますのには未来の存在がうってつけだと考えたからなのでしょう。、、、でも、そこまで当てにされてしまうのは、ちょっと行き過ぎのような感じも。未来と響、女の子同士の親密な関係はナイーブですから、周りにはあまり利用されたくないのでは、と思ってしまいます。
 当然ながら未来は響を助けるためなら何でもするでしょう。けれど演出的にもうちょっと別のアプローチがあっても良いかな、とも感じます。

 例えば、最初弦十郎達は、薬剤の注入だけで響を助けようとする、とか。未来に手を貸してほしいのはやまやまだけれど、未来に負担をかけないため、彼女には黙って作戦を続行。でも何か予感があった未来は司令室のスクリーンで、響の変わり果てた姿を目撃してしまう、みたいな。
 未来には、響が攻撃される様子は見ていられないほどつらい光景でしょうね。これまでともに協力してアルカノイズや結社と戦ってきた、仲間とも言える隊員達に、響が攻められているのですから。たとえ響が、聖遺物の力を秘めた存在だったとしても、未来にとっては、一緒に日々を過ごしてきた1人の女の子でしかありません。それが、戦車の隊列から一斉に砲撃を浴びる光景を見せつけられたら、とても平静ではいられないはず。半狂乱になって響の名を呼ぶ未来の声が、周りの人達の胸を揺さぶるとともに、やがて響本人にも伝わって、というような流れになったりするとドラマティックになったりする、かも?

 まあそれはそれとして、本編で気持ちを通わせ合う未来と響の姿は素敵ですね。響は日頃から、未来を自分の「陽だまり」だと言ってきました。ここではさらに、響に対する未来の表現がプラスされています。彼女達はやっぱり、お互いを求め合っていて、相手がいるから自分が存在できる、と感じているようです。

・「戦姫絶唱シンフォギア」レビューリストレビューセンター

|

« 百合の華やぎ 2018 | トップページ | 2018年1月からとその後のアニメ作品リストなど »

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/73233907

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第12話:

« 百合の華やぎ 2018 | トップページ | 2018年1月からとその後のアニメ作品リストなど »