« ゲーム「巨影都市」で百合 | トップページ | GirlsLoveFestival21 行ってきました »

2017年10月 9日 (月)

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第11話

 テレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」、第11話「神威赫奕の極みに達し」です。(「神威赫奕」は、「しんいかくえき」と読むのでしょうか。)

 ほんの少し前まで、サンジェルマンと響は命をかけて戦っていました。が、今はともに手を取り合ってアダムに立ち向かっています。
 そんなどんでん返しがあってもいいのかとクリスは驚いていましたが、彼女にしてもシリーズ第1期では同じように響や翼とともに戦っていましたね。響には、そういう事を実現させられちゃうぐらいの魅力があるのかもです。

 といっても彼女達は、これまで同じ的を相手に協力して戦った事なんてありませんし、呼吸を合わせるための特訓とかもしているわけではありません。これでは最大限の力を発揮するのは難しいでしょう。けれど、2人はそれなりに戦力を補い合い、戦っている最中にもどんどんコンビネーションがうまくなっていきます。

 そうなれたのは、過去に似た苦しみを味わい、何とかして世界をより良くしたいという同じ願いを抱いていたから、、、でしょうか。でも、前の記事にも書きましたように、響がサンジェルマンの気持ちをすべて理解するのはなかなかできないような気もします。何しろ同じ人間ではないのですから、感じ方も違うのではないかと。「だとしても」、お互いに手をつなぎ目標に向かって進もうとする事はもしかしたらできるのかもしれません。今の2人には、その気持ちが備わっていたりするのでしょう。

 そうして2人が戦いを挑む相手、アダムの方も、真の姿が見えてきます。本人の言葉によると、アダムが今のような野望を抱くようになったのは、自分が人間に排除されたから、らしいです。
  排除された理由は、アダムが「完全」だったからなのだとか。でももし完全な存在なら、人々を苦しめ大量の命を奪うような事をする(またはそんな事をする必要がある)でしょうか? 今のアダムの振る舞いは、とても「完全」とは言えそうにありません。もしかしたら自分が排除された理由も実はでっち上げだったりする? その辺りの事実関係は、(今の所)よくわかりません。

 これからアダムが何を始めるつもりだったのか、何であったとしても、響達はその野望を食い止めようとするだけの意志を持っているように思えます。これは、人間が人間であるための尊厳をかけた戦い、とも言えそうです。
 が、響の身に何かが起きている様子、、、。本編直後のCMでも語られていたように、彼女の出番がちゃんと用意されているのかどうか、ちょっと気がかり(?)ですね。

 百合的には、、、未来の姿が少しだけ出てきます(せりふはありません)。アダムの強大なパワーで破壊された人工衛星の破片が、「流星」になって地上に降り注ぐのを、彼女は言葉もなく見守っています。

 この流星や、直前まで戦っていた相手と手を取り合って真の敵と戦う、といったモチーフは、第1期でも描かれているものになっています。あの頃と似た流れがこの後も待ち受けているとしたら、、、。未来にとってつらい出来事があったりするでしょうか。

 未来にとって流れ星は、響と一緒に見ようと約束した希望であり、ルナアタックによって響を失った(そう感じられた)時に目の前に広がっていた絶望であり、進んで命を削り続ける響を止めるために自分からギアをまとい響に向かって放った攻撃の痛みでもあります。彼女が流れ星を見る時、その旨にはどんな思いが渦巻いているのでしょう。この先何が起ころうとも、未来と響が寄り添い合い微笑み合っていられる世界であってもらいたいですね。

・「戦姫絶唱シンフォギア」レビューリストレビューセンター

|

« ゲーム「巨影都市」で百合 | トップページ | GirlsLoveFestival21 行ってきました »

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/71927894

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第11話:

« ゲーム「巨影都市」で百合 | トップページ | GirlsLoveFestival21 行ってきました »