« 戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第1話 | トップページ | 「きんいろモザイク」第8巻、「柚子森さん」第3巻などの表紙画像が公開されています »

2017年7月 7日 (金)

2017年7月からのアニメ作品とその後の予定など

 7月から始まるアニメ作品の中で百合テイストのありそうなものを少し調べてみました。その後予定されているものについてもピックアップしています。
 この頃の流れ的には、スマートフォン用ゲームを題材にしたアニメ作品、というのが多くなっている気がします。様々な個性を持ったたくさんの女の子達が登場する場合が見受けられますけれど、その中に女の子同士のふれあいがどれぐらい含まれているかは、作品の演出によって変わってくるようです。

 そういったものも合わせて、女の子達が主人公になるこの頃の作品を見ていると、第1話か第2話ぐらいまでは、女の子同士のスキンシップがあったり、ある子が他の子に急接近されて頬を赤くしたり、みたいな描かれ方をしているものがけっこうあります。が、その後は、そういう百合的な表現がぱったり見られなくなってしまうパターンがとても多い気がします。視聴者を呼び込む要素として百合が大切と考えられているのだとしたら、最後まで描ききってもらいたいように思うのですけれど、、、これからの作品ではどうなっていくでしょうか。

◯7月からの新作

戦姫絶唱シンフォギアAXZ(第4期)
  大いなる力を持つ「聖遺物」から作られた「ギア」をまとい、「装者」となって、人類の敵「ノイズ」と戦う立花響、風鳴翼、雪音クリス。様々な相手と渡り合い、傷つき命を危険にさらしながらも、彼女達は世界を平和へと導いてきました。彼女達の前に新たに立ちはだかるのは、「パヴァリア光明結社」と呼ばれる組織となるようです。響達は、この戦いでどんな真実を見つける事になるのでしょうか。
(ところで、作品名のAXZって、「A×Z」という意味もあるように思うのですけれど、どうなのでしょう。サイトに書かれている「一にして全なるもの」の 言葉は「始まりにして終わり」という表現ともつながりそうですし、そうなると「始まり×終わり」=「アルファ(α)×オメガ(ω)」=「A×Z」みたいに 連想できそうな、、、。)
 前に第1話のレビュー記事にも書きましたように、響達はこれまで人類の脅威と戦ってきたわけですけれど、今度のシリーズでは(少なくとも第1話では)装者ではない普通の人間の兵士と戦っています(命を奪ったりはしていません)。この辺りから、彼女達の立ち位置が変わってきてしまったり、なんて事はあるのでしょうか。彼女達には、恐ろしい怪物達を手加減なしの全力で打ち破っていってもらいたい気もします。
 後は、百合な部分ですね。第1話では、翼の言葉にマリアが思わず顔を赤らめてしまう場面などありました。響と小日向未来も抱き合ったりしていますけれど、幼なじみ&ルームメイトでいつも一緒に寄り添っている彼女達にしてみれば、これぐらいはまだ序の口なのでは。たぶんこれから戦いは厳しさを増してくると思われます。その時、未来が響を支え、響も未来への愛情を素直に表現できるようになると、彼女達の間の気持ちが高まり、百合な見所(?)も増えるのかもしれません。

捏造トラップ-NTR-
 最近ボーイフレンドができてうきうきな岡崎由真。でも今まで男の子と交際した事がない彼女は、幼なじみで同じくボーイフレンド持ちの水科蛍に相談します。蛍は由真の悩みを優しく聞いているのですが、恋の手ほどきをしている内にその行動がエスカレートしていくのでした。
 メインの女の子2人がどちらも男の子とつきあっている、という位置づけではありますが、それだけで終わらないのがこの作品の特徴なのでしょう。コミック百合姫という百合コミック誌の連載作品からのアニメ化ですから、単なるドラマではなく女の子同士の恋愛が中心になるのを期待したいです。
 本作は放送時間枠が10分とされているので、本編の時間はかなり短くなりそうです。原作コミックのどの辺りまでがカバーされるのか、またどういうシーンを強調していくのかが気になる所です。短い中でも百合度たっぷりに描いていってもらいたいですね。

NEW GAME!!(第2期)
 昔大好きだったゲームを制作した会社イーグルジャンプに入社した涼風青葉は、あこがれのキャラクターデザイナー、八神コウの下で働く事になり、優しく個性的な先輩達に囲まれて会社生活を送ります。やがて1年が過ぎ、彼女に後輩ができる事に。新しいメンバーを迎えて、青葉の周りはますますにぎやかになりそうです。
 第1期「NEW GAME!」では、新入社員の青葉は社会人としての生活に戸惑う場面もあったりしました。けれど、先輩達は割と引っ込み思案な人が多くて、会社の中では青葉が皆をリードする事が割とあった気がします。今度の第2期でもそういう雰囲気になっていくでしょうか。
 百合的には、青葉とコウの出会いの時に、背景にハートマークが飛び回ったりして、この2人の関係がメインで描かれていくのかなと思ったのですけれど、コウは、同期の遠山りんとの大人な関係(といっても、りんが思いを寄せているのにコウが気づかない、みたいなエピソードが多いようです)が進んで行っている感じでした。青葉のお相手は、、、例えば滝本ひふみとか? ひふみは青葉の中に小悪魔っぽさを感じてちょっと怖がっているみたいですが、そういう事を考えるのは、もっと近づきたいと思っているからなのかも。それと、青葉がひふみの家へ行って、彼女がハリネズミを飼っているのを知った後、青葉は似た姿のハリネズミのぬいぐるみを自分の部屋に置くようになったのですよね。青葉の方も、ひふみに興味を持っているのではないでしょうか。第1期ではひふみは皆から離れて行動する事が多かったですけれど、第2期では青葉と仲良くしている所が見られる?

バトルガール ハイスクール
 星月みきは、神樹ヶ峰女学園に通う高1の女の子。彼女が所属する「星守(ほしもり)クラス」には様々な年齢の女の子達が一緒に勉強しています。「星守」と呼ばれる彼女達は、「神樹(しんじゅ)」によって選ばれ、謎の敵「イロウス」と戦っています。
(神樹と聞くと別の作品も思い出してしまいますけれどそちらとは特に関係はないでしょうか。)
 この作品は、スマートフォン用ゲームが原作となっています。原作ではプレイヤーは「先生」となり、星守の女の子達を導きながら、いろいろなふれあいを楽しんじゃったりするらしいです。アニメ版でも「先生」(男性キャラです)は登場していますが、むやみにもてたりいきなり主役級の働きをしたりとかはしていないようです。やはりアニメのとあるキャラと、ゲームでのプレイヤーキャラとでは立ち位置はちょっと別でしょうし、アニメ版ではとにかく女の子達に活躍してもらいたいです。
 第1話を見た感じでは、女の子達の中には、特定の子同士で特別親しくしている(=いちゃついている)組み合わせもあるみたいです。これが(上に書いたように)第1話ぐらいだけではなく全編で描かれ、またその恋愛感情が物語の中心になっていくと素敵かもです。

RWBY 1-3 The Beginning
 人間、獣人、動物などが一緒に暮らしている世界、そこでは、「グリム」と呼ばれるモンスターが存在し、長い間人類を脅かしてきました。このグリムを倒す力を持つ「ハンター」を養成する「ビーコン・アカデミー」に入学したルビー・ローズは、仲間のワイス・シュニー、ブレイク・ベラドンナ、ヤン・シャオロン達とともに、一人前のハンターを目指します。
 おとぎ話の主人公のイメージを持つルビー達(例えばルビーは赤ずきん、ワイスは白雪姫など)が、ダークな世界観の中で戦いを繰り広げていきます。激しいバトルを生き抜いていく中で、彼女達の絆はより深まっていくのかもしれません。

プリンセス・プリンシパル
 東西に分断されたロンドンの闇を、アンジェ、プリンセス、ドロシー、ベアトリス、ちせ達スパイが暗躍します。彼女達は表向き女子高生として暮らしていますが、与えられたミッションを達成するためにはあらゆる手段を尽くしていくようです。
 本作のキャッチコピーには、「スパイ。嘘をつく生き物」というものがあります。スパイとして生きるために嘘をつき続ける彼女達の中に真実があるとしたらそれは何なのか、が気になる所です。その辺りで女性同士の関わり合いが重要になってくると面白そうなのですけれど、どうなるでしょうか。現在配信されているPVではそういった絡み的なものはあまり見られないので、もしかしたらそういう方向性はそれほどないのかも。

アクションヒロイン チアフルーツ
 「ご当地ヒロイン」のアクションライブが全国的に大人気になっている中、フルーツの産地「陽菜野市」はうまく流行に乗れずにいました。陽菜野市を愛する高校生の城ヶ根御前(しろがねみさき)は、県知事である叔母からも迫られ、アクションヒロインのプロデュースをする事になります。
 アクションヒロインは、歌って踊るだけではなく、戦隊もののショーのようなステージも披露したりするみたいです。重要なのは、ステージを見せるのが「ヒーロー」ではなく、「ヒロイン」だという所でしょうか。陽菜野市のヒロイン達も個性的なようで、彼女達がアクションヒロインとしてデビューしていく中で、様々なふれあいがあるのかもしれません。

地獄少女 宵伽(よいのとぎ)(第4期)
 夜中の0時、「地獄通信」のサイトにアクセスして呪いたい相手の名前を書き込むと、地獄少女が現れ、契約する代わりにその人間を地獄に落としてくれる、そんな都市伝説がささやかれています。でも、契約の代償として、呪った側の人間も同時に地獄に落とされるのです。
 第3期「~三鼎(みつがなえ)」では、閻魔あいは永遠に地獄少女の役目を背負う事になってしまいます。その後彼女がどのような事件に関わっていくのかが描かれていくのでしょう。なお、今度のシリーズでは、新作6話の他に、「セレクション」としてこれまで放送されたエピソードがリバイバルされるらしいです。
 百合的には、例えば第2期「~二籠」の第20話「乙女のアルバム」のようなエピソードがあると盛り上がりそうです(「セレクション」で放送してもらえると良いかも)。第3期では、あいに体を乗っ取られる御景ゆずきが、あいに対して惹かれるような流れがありました。あいも、ゆずきと深いふれあいをしたりしています(オープニング映像に使われるほど、、、)。けれどあいは、もうこの世にいないある男性を思っているっぽいのですよね。その気にさせられた割にゆずきが報われなかった気もするのですけれど、第4期では何が起きるでしょうか。

てーきゅう(第9期)
 本作も第9期になるのですね。もう少しで2桁? 第10期とかも見られるようになったりするのかな。

◯劇場版上映作品

魔法少女リリカルなのはReflection(第3作)
 上映開始は7/22の予定です。第1作「~ The MOVIE 1st」と第2作「~ The MOVIE 2nd A's」は、それぞれテレビアニメ版の第1期と第2期を元にした内容でした。が、今度の第3作はオリジナルのストーリーになるようです。

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-「やくそく」(第3作)
 上映開始は7/8の予定です。第1作から第3作までは、この後始まる新シリーズの6話分としてテレビ放送されるそうです。

◯OVA

Aチャンネル
 テレビアニメ版のBD-BOXに、新作OVAが収録されます。BD-BOXのリリース予定は9/27です。

あさがおと加瀬さん。
 音楽PVという形で、以前YouTubeで配信されました。今度は、7/25に発行予定の原作コミックの新作「エプロンと加瀬さん。」の特装版に付くBlu-rayディスクに収録されるとの事です。

◯現在放送中の作品

キラキラ☆プリキュア アラモード
 百合的なエピソードはなかなか見当たりませんけれど、作中でさりげなくゆかりとあきらが2人きりで行動していたりします。その辺りを詳しく描いてもらいたいかもです。

アイドルタイム プリパラ
 こちらも、これまで百合っぽさがそれほどない感じです。が、第14話「ガァルマゲドンがきた!」では、あろまとみかんが雰囲気を出しています。本作では、前シリーズ「プリパラ」のキャラ達もけっこう出てきていますので、そちらで仲の良さをアピールしてもらったり、または新キャラにも女の子同士でいちゃいちゃしてもらいたい所です。

◯10月以降に制作予定の作品

ラブライブ! サンシャイン(第2期)
 10月からの放送開始予定です。

星娘
 2018年に配信スタート予定となっています。

ご注文はうさぎですか?? スペシャルエピソード ~Dear My Sister~
 公開が一時延期されていましたが、上映開始が11/11に決まったそうです。

こみっくがーるず

・スロウスタート

Wake Up, Girls! 新章
 放送予定は2017年と発表されています。

カードキャプターさくら クリアカード編
 放送は、2018年1月から、NHKで見られるそうです。

ガールズ&パンツァー 最終章
 全6話が上映予定で、第1話は12/9の上映開始とされています。

citrus

|

« 戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第1話 | トップページ | 「きんいろモザイク」第8巻、「柚子森さん」第3巻などの表紙画像が公開されています »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

作品 プリパラ」カテゴリの記事

作品 リリカルなのは」カテゴリの記事

作品 勇者である」カテゴリの記事

作品 地獄少女」カテゴリの記事

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

作品 Aチャンネル」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

チアフルーツは2話観てると御前と路子の関係に期待できますね。

投稿: ジョーンズ卿 | 2017年7月14日 (金) 10時27分

チアフルーツ第2話、これから見ます、、、!
第1話では、美甘と杏が「ほっぺぷにぷに」したぐらい
だったので、この作品も最初がほんのり百合っぽい
だけなのかなと思っていたのですけれど、そうでは
なさそうで、楽しみながら見たいと思います。
情報ありがとうございます。

投稿: ギンガム | 2017年7月14日 (金) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/71077481

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年7月からのアニメ作品とその後の予定など:

« 戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第1話 | トップページ | 「きんいろモザイク」第8巻、「柚子森さん」第3巻などの表紙画像が公開されています »