« 2016年10月からのアニメ作品とその後の予定など | トップページ | 「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」の表紙画像が紹介されています »

2016年11月10日 (木)

ブレイブウィッチーズ 第1話~第4話

 10月から放送が始まっているアニメ「ブレイブウィッチーズ」を見ています。今まで見ている中で百合的な部分について少し書いてみたいと思います。

 物語の時代設定は、アニメ「ストライクウィッチーズ」第1期の後、第501部隊によってガリア上空のネウロイの巣が一掃された頃から始まります。扶桑皇国に住むウィッチ、雁淵(かりぶち)ひかりは、欧州で活躍している姉の孝美に憧れ、自分も立派なウィッチになって皆の役に立ちたいと考えています。

 ひかりは、とある理由から第502部隊、「ブレイブウィッチーズ」のメンバーになります。この部隊には、第501部隊にも引けをとらない個性的なメンバーが世界各国から集結しています。彼女達と一緒に暮らす中で、ひかりは様々な経験をしていくのでしょう。そこに百合な展開があるかどうかは、、、まだちょっとわからないですね。

 キャラの中には、ヴァルトルート・クルピンスキーのように「女の子好き」な空気を醸し出している人もいます。が、彼女の場合は女の子を愛でていたいと思っている感じもあります。特定の誰かと恋仲になったりする事はあるでしょうか。

 他には、ジョーゼット・ルマールと下原定子が、食べ物を食べる側と作る側でうまい関係ができているようです。「胃袋をつかむ」というのは親密になる一つの方法と言えそうです。彼女達だけの甘い空気を感じられるエピソードには期待できる?

 後は別のウィッチ達にも何か愛のある結びつきが見られると良いですね。その辺りも含めてこの後のストーリーではどうなるでしょうか。

 なお、第3話の後は、「ストライク~」のOVAシリーズVol.1「サン・トロンの雷鳴」が放送されています。公式サイトの「ON AIR」のページによると、制作に遅れが出たため、第4話の放送を延期する代わりの放送だったようです。その後第4話は放送されていますけれど、本作の全放送話数がどれぐらいになるのかとか、他のOVAシリーズVol.2やVol.3が放送されるのかなどが気になる所です。

 オープニングやエンディングの感じは、「ストライク~」第1期と同じように明るい雰囲気ではあります。が、少なくとも第4話辺りまでのひかりは、苦しんでいるに違いない姉の事を思うと穏やかな気持ちではいられないはず。孝美が元気に戻ってきてひかりの憂いが消えるのはいつになるでしょうか。

 百合的には、孝美とひかりの間にも何かあると良さそうです。孝美が妹をどう思っているか、が鍵になるような。
 孝美は、妹のひかりが自分に憧れてくれている事を知っているでしょう。自分のようにウィッチとして戦い、人類の脅威、ネウロイをやっつけたいと願っている妹のために、孝美は、自分が模範にならなければいけないと考えているでしょうか。妹の前ではいつもりりしくしていなければならない、と気を遣っているのだとしたら、孝美は落ち着いた気分にはなれないのではないでしょうか。

 彼女達姉妹の間にあるのは、そういったよそよそしさではないと思いたいですね。孝美は妹のひかりが大好きで、いつでも妹をかわいがりたくてたまらないし、いつもそばにいたいと感じている、とかだと素敵なのでは。ひかりがウィッチとして戦いに出るのを応援するのも、世界が平和になったら姉妹で一緒に旅をしたいと思うのも、姉から妹への親愛の気持ちの表れのように感じます。
 久しぶりに孝美が佐世保の家へ帰ってきた夜、彼女は妹の布団に入り込み、姉妹で一緒に寝ています。離れていた間に過ぎた時間は、孝美もひかりも同じ。彼女達は、それを取り戻そうとするように触れあっています。恐ろしい戦いがすべて終わり、彼女達が何も気兼ねする事なくお互いの存在を感じ合えるような世界が来ると良いですね。

|

« 2016年10月からのアニメ作品とその後の予定など | トップページ | 「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」の表紙画像が紹介されています »

作品 ストライクウィッチーズ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/68361479

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブウィッチーズ 第1話~第4話:

« 2016年10月からのアニメ作品とその後の予定など | トップページ | 「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」の表紙画像が紹介されています »