« GirlsLoveFestival16の様子と企業出展 | トップページ | 桜Trick 「コンパクト・コレクション」が発売されています&原作の特設ページがオープンしています他 »

2016年3月16日 (水)

戦姫絶唱シンフォギアGX 第4期と第5期が制作されるそうです&アプリやライブ「盤」の発売予定も

 テレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズは、第3期の「~GX」が第13話まで放送されました。これに続く作品の制作が発表されています。

 そのアナウンスは、2/27と2/28に開催されたライブイベント「シンフォギアライブ2016」で行われました。次もテレビアニメ版となるそうですが、何と第4期と第5期が同時に発表されています。

 第3期放送の後、続きはありそうかなと個人的には思っていました。テレビ放送の第4期という事になれば、13話×4クールとなって、1年分の話数になるし素敵だろうなという気持ちと、今の他のアニメ作品の流れからすると、劇場版制作とかになるのかなという予想もありました。

 それで、実は私もこのライブの2日目に行っていました。1日目の時に「続編」の制作が発表されていたという噂を聞いていたため、やはり、と思っていましたが、2日目では「テレビアニメ4期&5期」と発表されて驚いてしまいました。会場も盛り上がっていましたね。
 第1期から数えて4クール分、とかいう数字を突き抜けて第5期まで発表しちゃう辺りは、この作品らしさが表れている気がします。今度の作品でも、こういう感じの驚きの連続と、感動、それに女の子同士の切なく暖かいふれあいがたっぷりと描かれていくのを期待したいです。

 2シリーズが同時に発表されたという事は、例えば第4期を放送した後1クールぐらいおいてから第5期を放送する、みたいな形になったりするでしょうか。、、、いえいえ、この作品の事ですから、何か想像もできない仕掛けがあるのかも? ストーリー的にも、2期分の制作があらかじめ発表されていますので、第4期から第5期への引っ張り方が尋常じゃないぐらいになるかもしれませんね。第3期では、残されたチップの謎や、響の家族の事など、続いていく要素はあれこれ考えられます。それと、響が、未来を「陽だまり」だと改めて言っている所も、何か次のストーリーにつながりそうでもあります。実際のストーリーはどうなっていくでしょうか。

 この他にも、ライブでは幾つか発表がありました。一つは本作のアプリの制作です。「アプリ」と言われていましたので、PC用とかゲーム機用というよりは、スマートフォン用になりそうな印象でもあります。ライブに登場されていたキャストの方達からはいろいろな予想が出ていましたけれど、どういう仕上がりになるのでしょう。
(そういえば本作って、ゲーム化はあまりされていない感じですね。たくさんの作品のヒロイン達が集まるPS3/PS Vita用ゲーム「超ヒロイン戦記(スーパーヒロインクロニクル)」に響達が参戦した事はあったように思います。)

 もう一つは、このライブの映像ソフト化です。本作のライブは、今度のを含めて3回行われていて、2回目はソフト化されています。今度も同じような形でリリースが行われるのかもです。
 ちなみにこの発表は、響役の悠木碧さんがおっしゃっていました。碧さんによると、「盤」が発売される、のだそうです。ブルーレイやDVDが発売される、という意味なのでしょう。

 さてライブの方は、かなり迫力がありました。「シンフォギアライブ2016」は、シリーズ初の日本武道館でのライブ、しかも2デイズとなっています。

 今までだと(私は行った事はないのですけれど)、歌の合間にちょっとしたコーナーがあったりしてクイズなどの企画もあったそうですが、今度のライブはキャストの方達による熱い歌のみで構成されていました。第3気になり、作り上げられた歌も多くなってきているから、こういう形にする事ができたのでしょうね。(そのためか、以前はコーナーの司会者などをつとめられていた、弦十郎役の石川英郎さんの出番はなかったようです、、、。でもその分、女性だけのステージになっていて、そこは良い感じだったかも。)

 最初の曲は、オープニング主題歌、「Exterminate」です。歌うのは、翼役の水樹奈々さんです。最初のアカペラのパートが響き、ステージの上に一条の光が差し込むと、ギアのような衣装をまとった奈々さんが1人姿を現します。その後激しい伴奏が始まり、会場も一気にヒートアップしていました。やはりこの曲は、第3期を象徴するものですね。

 続いては、奈々さんとマリア役の日笠陽子さんによる「星天ギャラクシィクロス」です。本編第1話のライブで歌われていた曲で、背景に立てられた3枚のスクリーンの映像もマッチして、あの場面が目の前に再現されたような雰囲気になっています。

 その後、調役の南條愛乃さんと切歌役の茅野愛衣さん(お2人のコスチュームは愛乃さんの手作りなのだとか)や、クリス役の高垣彩陽さん、未来役の井口裕香さんというように、キャストの方達が次々に登場して、作品を彩る歌を熱唱します。
 歌とMCでつづられていくライブは次々に進行していくのですが、気になり始めたのは、登場するキャストの方達が少ないような、という事。何かがあって急に参加できなくなったのかな、なんて心配にもなったのですけど、そうではなかったようです。
 後半に満を持して、キャロル役の水瀬いのりさん、それから碧さんが登場されました。8人がそろってからのステージは、やはりパワフルで可憐ですね。

 ライブ中は、キャラ達の気持ちについてもいろいろ語られていました。1人1人の思いだけでなく、響と未来や、翼とマリア、調と切歌など女の子同士の関係も多く取り上げられていました。
 また、キャストの方達の間でも、仲むつまじい雰囲気がありました。愛乃さんと愛衣さんや碧さんと裕香さんは、手をつないで歌ったりしていました。それに他の人達も含め会話の中では、「大好き」とか「愛してる」など、胸が温かくなる言葉がちりばめられていて(翼のせりふ「続きはベッドで聞かせてもらおうか」とかもありました)、和気あいあいとした愛情あふれるステージになっていたように思います。またこういうイベントが見られると良いですね。

|

« GirlsLoveFestival16の様子と企業出展 | トップページ | 桜Trick 「コンパクト・コレクション」が発売されています&原作の特設ページがオープンしています他 »

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

百合レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/64488996

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギアGX 第4期と第5期が制作されるそうです&アプリやライブ「盤」の発売予定も:

« GirlsLoveFestival16の様子と企業出展 | トップページ | 桜Trick 「コンパクト・コレクション」が発売されています&原作の特設ページがオープンしています他 »