« ラブライブ! 「ありがとうProject」が公開されています&リズムゲームや地下鉄とのコラボがあります | トップページ | ガールズ&パンツァー 劇場動員数30万人突破&OVA全編と劇場版の一部がテレビ放送されます他 »

2015年12月14日 (月)

戦姫絶唱シンフォギアGX 第5話

 テレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアGX」、第5話「Edge Works」です。

 未来の声に勇気づけられ、再びガングニールをまとえた響。ですがミカの能力によって打ち倒され、けがを負ってしまいます。ギアは砕け、響自身も昏睡状態に。

 これで、S.O.N.G.の装者達のギアはすべて破壊されてしまいました。核となる聖遺物は無事であるものの、ギアをまとって戦う事はできません。

 この状況を何とかしなければならない、と考えていた翼とクリスは、新しく立案された計画に、すがりつくように参加します。計画の名前は、「Project IGNITE」、エルフナインがもたらした知識と技術、それに聖遺物「魔剣ダインスレイフ」のかけらを使って、2人のギアを再構築する、というものです。

 アルカノイズには通常兵器がほとんど効かない(ノイズの時のように全く効かないわけではありませんが、簡単に倒せるほどではないようです)上に、自動人形(オートスコアラー)の力は翼達を大きく上回るものでしたから、それに打ち勝つためには、より強い力がどうしても必要だったのでしょう。(作品の流れ的に、能力のインフレーションがやや始まっている気もしますけれど、まあそういうものなのかもです。)2人は、とにかくできる限りの事をしたい、という気持ちで、このプロジェクトにかけたのでは、と思われます。

 そこで少し気になるのが、このプロジェクトが、エルフナインの存在にかなり頼っている、という事ですね。キャロルの側から寝返って、S.O.N.G.にいろいろな情報を教えてくれたのは確かですけれど、エルフナインをそんなに信じ込んで大丈夫なのかなと思ってしまいます。たとえ本人にそのつもりがなくても、キャロルに遠隔で操られて内側から攻撃される、なんて事態になったりしないでしょうか。その辺りは、もしかしたらこの後描かれていくのかもしれません。

 この話数では、調と切歌がクローズアップされていきます。ギアのほとんどが破壊されてしまった今、残されているのは調のシュルシャガナと切歌のイガリマだけ。でも、もともと適合係数が低い彼女達がギアをまとっても、能力を十分に発揮できないどころか、バックファイアで体に大きな負担がかかってしまいます。

 それを解決する方法を、2人は2人なりに見つけ出します。が、その方法は、高い能力を得られる代わりに、自分達をもっと苦しめるものでした。

 彼女達はなぜそこまでして、戦おうとするのでしょう。そこには、響とはまた別の理由があるように思われます。

 調と切歌の話している感じでは、自分達と周りとの関わりが、彼女達にとって重要みたいです。自分達を生かしてくれた、受け入れてくれた人達のために、自分の力を精一杯使って応えたい、という気持ちがあるようです。
 もしかしたら、彼女達は、自分達がどう生きていけばいいのか、自分達の内側にある力をどう使っていったらいいのか、答えを出せずにいるのかもしれません。「レセプターチルドレン」として「白い部屋」に集められた時から、普通の人間のようには生きられないかもしれない、と彼女達は感じたのでしょう。かといって、ここからどうやって自分の未来を切り開いていけばいいのかもわからない、というのが正直な思いなのでは。
 だから彼女達は、F.I.S.が政府から離脱して暴走を始めた時も、優しくしてくれたナスターシャ教授に応えたいと考えて、彼女についていったのでしょう。それが正しいかどうかなんてわからない、けど自分達の力を使うならその人のために、そういう純粋な感覚を、彼女達は持っていたのかなと思えます。

 そうして今までは、調と切歌は2人でともに誰かのために力を振り絞ってきました。ですがこの話数の後半では、2人はお互いに対して、自分の持つものを与えようとしています。こうなると、2人はそのまま、相手のために自分のすべてを解き放ち、2人で同時に力尽きてしまうのでは、と、心配になってしまいます。彼女達が実際にどうなるかは、本編の中で描かれていくのでしょう。

 途中の場面で、調と切歌が2人で基地内を捜索している時、調の一言で切歌が大喜びしています。背景に咲き乱れる百合の花は、切歌の気持ちを表しているようですね。
 嬉しくなった切歌は、調に抱きつこうとしますが、相手は軽くかわしています。でもだからといって、調が切歌を何とも思っていないなんて事はありません。見た目にはクールな反応をしていても、胸の中の思いは、切歌と全く一緒なのでしょう。
 切歌の方も、それはちゃんとわかっているみたいです。彼女達の絆は、それぐらい強いものなのでしょうね。(でもビジュアル的にはもうちょっと2人のいちゃいちゃする場面が見たかったかも?)

・「戦姫絶唱シンフォギア」レビューリストレビューセンター

|

« ラブライブ! 「ありがとうProject」が公開されています&リズムゲームや地下鉄とのコラボがあります | トップページ | ガールズ&パンツァー 劇場動員数30万人突破&OVA全編と劇場版の一部がテレビ放送されます他 »

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/62968753

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギアGX 第5話:

« ラブライブ! 「ありがとうProject」が公開されています&リズムゲームや地下鉄とのコラボがあります | トップページ | ガールズ&パンツァー 劇場動員数30万人突破&OVA全編と劇場版の一部がテレビ放送されます他 »