« ガールズ&パンツァー 公式サイトのビジュアルが更新されています | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(コミック「アフターアワーズ」第1巻、コミック「マーメイド・ラヴァーズ」第1巻発行など) »

2015年10月 8日 (木)

Go! プリンセスプリキュア 第34話

 テレビアニメ「Go! プリンセスプリキュア」第34話「ピンチすぎる~! はるかのプリンセスコンテスト!」です。

 はるか達が見つけたボタンは、ホープキングダムの王子、カナタのもの。カナタが近くにいるみたいなのですが、どうやって探したら良いかわかりません。はるか達はミス・シャムールに相談して占ってみるのですが、そこから手がかりをたぐっていくと、「プリンセスコンテスト」へとたどり着きます。
 コンテストに出て優勝すれば何かわかるかもしれない、というわけでエントリーする事になります。出場するのは、はるかです。

 会場は、以前きららが出たファッションショーが行われたのと同じ場所です。プリンセスらしい衣装やメイク、立ち居振る舞いを皆の前で見せて、審査してもらう、といった形式らしいです。

 こういうタイプのコンテストなら、ショーの経験も多いきららの方がうってつけのように思えます。カナタの情報をゲットするためにどうしても優勝しなければならないのなら、なおさら確実な方が良いはず。
 でも、きららははるかを推薦しているのですよね。第33話ではかなり危険な(?)メイクの腕前を見せていたはるかに、きららはなぜこの役を任せようと思ったのでしょう。

 その答えの手がかりは、きららがはるかを推薦した後の表情に出ているように感じます。はるか達が話し合っている後ろで、1人きららは、ちょっと嬉しそうな微笑みを浮かべています。

 はるかがこのコンテストに出るとなれば、ウォーキングやメイクの練習をしなければなりません。教えるのに適任なのは、やはりきららでしょう。お昼休みや放課後、また寮に帰ってからなど、練習をするなら2人で一緒にいる必要があります。きららのモデルの仕事の時だって、見学のためにはるかがついてくるかもしれません。

 つまり、コンテストが行われるその日まで、きららとはるかは堂々と寄り添っていられる事になります。もしかしたらきららは、そうなるのを願ってはるかを推薦したのでは、なんて思えてしまいます。

 実際のストーリーではそこまで描かれる事はないかなとも考えていたのですけれど、2人の関係がかなりクローズアップされていますね。みなみやトワ、ゆいも、はるかときららを全力で支えている感じで素敵です。特に、ゆいの発案で皆で書いたメッセージボードは、はるかにとても大きな力を与えたようです。(さらにその後、ゼツボーグと戦うきららを助けるために、みなみとトワ、そしてはるかがきららの所へ向かおうとする時、プリキュアではないゆいも、彼女達をサポートするために立ち上がります。そのゆいの表情に決意がみなぎっている感じでかっこいいです。)

 きららは、仕事が長引いてくると、はるかが心配でたまらなくなってきます。そこへさらにゼツボーグが攻めてくるのですが、こうなったらもう抑えきれません。彼女は怒りを爆発させてますね。この時の彼女は、もうカナタの居場所とか世界の平和とか関係なく、はるかの事だけを思っていたのではないでしょうか。はるかに会いたい、その願いが、彼女のすべてだったように思います。

 はるかの方も、感じている事は同じでした。コンテストという初めての舞台を前にした彼女は緊張してしまって、きららに励ましてもらいたい、きららの笑顔で力をもらいたいと思っていたのでは。また、気持ちを入れ替えて1人で舞台へ向かっていく時は、コンテスト会場に来なかったきららが何かトラブルに巻き込まれているんじゃないかと心配しています。そして、みなみとトワが会場から離れたのを知って、ディスダークの魔の手がきららを襲っているに違いないと悟り、コンテストの後は一刻も早くきららを助けたいと願って走り出します。

 2人の再会の場面にも、彼女達がお互いを求めている様子が印象深く描かれていますね。ふれあえるほどに近づいて、お互いの無事を確認し安心したはるかときららは、強力な技で反撃を開始し、ゼツボーグを退けます。

 この経験を通して彼女達は、自分達はこんなにも、お互いを思い合っているんだ、と気づけたのではないでしょうか。その自覚が生まれれば、普段お互いを見る目も変わってくるような気がします。はるかときららが、もっとずっと親密になっていけると素敵ですね。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« ガールズ&パンツァー 公式サイトのビジュアルが更新されています | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(コミック「アフターアワーズ」第1巻、コミック「マーメイド・ラヴァーズ」第1巻発行など) »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/66283142

この記事へのトラックバック一覧です: Go! プリンセスプリキュア 第34話:

« ガールズ&パンツァー 公式サイトのビジュアルが更新されています | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(コミック「アフターアワーズ」第1巻、コミック「マーメイド・ラヴァーズ」第1巻発行など) »