« 百合姫コミックス 2015年6月発行分の表紙画像が紹介されています | トップページ | ゆりりんらじお 第7回 »

2015年6月16日 (火)

Go! プリンセスプリキュア 第12話

 テレビアニメ「Go! プリンセスプリキュア」第12話「きららとアイドル! あつ~いドーナッツバトル!」です。

 前回第11話で、偶然ながらはるか達がプリキュアであると知ったゆい。彼女は、変身はできないけれど、はるか達とともにディスダークに立ち向かう決心をしています。
 というわけで、このシリーズでのプリキュアへの協力者は女の子、となるようです。前シリーズでは男子がプリキュアのサポートをしていましたけれど、やはり女の子の方が、何かと良さそうな気がします。

 でもこの場合は、協力者のゆい自身がプリキュアになる可能性があるかどうかが気になってきますね。ゆい本人は、「変身はできないけど」と言っていましたが、キュアフローラ達を助けられるほどの強い夢の力を持つ彼女なら、プリキュアになるのも無理な事ではないように思えます。はるか達をピンチから救いたい、と強く願う時、もしかしたら彼女の前にドレスアップキーが現れたりするかもしれません。その「資格」が、彼女にはあるでしょう。

 ともかく今は、ゆいなりのやり方で、はるか達のお手伝いをしているようです。ここでの主な役割は、、、はるかへのツッコミ? 確かに、生真面目なみなみの場合は真正面から応対しようとしちゃうかもですし、きららの場合は華麗にさらりと受け流してしまいそうです。ゆいなら、視聴者のツッコミを代弁してくれそう?

 まあそれはそれとして、ゆいは、ゼツボーグが出現した時には、率先して学園の生徒達を避難させています。これまでだったら、彼女は逃げる側の1人でしかなかったでしょう。実際、ドレスアップキーを持たない生身の人間が、ディスダークの闇の力に対抗できるはずもありませんから、逃げたって誰もとがめたりはしません。
 それでもゆいは、戦いの場に踏みとどまっています。引っ込み思案な彼女をここまで奮い立たせるのは、プリキュアの、はるか達の力になりたい、今度は私が皆を助ける番だ、という気持ちなのではないでしょうか。

 プリキュアではないけれど仲間になったゆいを、きららは「ゆいゆい」とあだ名で呼んでいます。これは、きららがゆいを自分達の中に受け入れた証拠なのかなと思えます。きららがそうした理由は、自分達のプリキュアの秘密を知られたから、ではないでしょう。ゆいの夢の力で自分達が救われたからそのお礼に、とかでもないはず。きららは、ゆいという女の子のまっすぐさと一生懸命な気持ちに気づいたから、仲良くなりたいと感じたのでは、という気がします。プリキュアの役目とは別に、ゆいという女の子自身に興味がわいたのかなと思います。

 きららとゆいの関係は、これからどうなっていくでしょう。「ノーブルパーティ」の時、きららからドレス姿をほめられたゆいは、顔を真っ赤にしていました。この話数でも、きららからあだ名で呼ばれて、どこか嬉しそうにしているように見えます。プリキュアをサポートしていく間に、ゆいも自信をつけて、きららにもっと近づいていけるようになるかも。そうなったら、彼女達の間に百合な絆が形作られていくかもですね。

 後はもう1人、きららにアプローチしてくる女の子がいます。彼女の名前は一条らんこ、ノーブル学園の生徒で、アイドル活動もしています。
 テレビ番組で、2人は「マーブルドーナッツ」の取材をする事になりました。が、らんこはきららに強い対抗心を燃やし、何かというときららを牽制してきます。
 普段のきららなら、こういう手合いの人間は適当にあしらったりする所なのではと思われます。けれど、どうしても無視できないほど、きららはらんこが気になってしまうようです。

 これには、きららのマネージャーの舘響子の計算が関係していたみたいです。マーブルドーナッツの新作を食べられる権利を活用してまで、響子がらんこをきららにぶつけてきたのは、きららが他人に対して興味を持つようになってほしかったから、なのかもしれません。
 自分の夢を明確に持っているきららは、誰にも頼らずに自分の道を進んでいます。それがかえって人を遠ざけてしまい、人間関係をうまく築けなくしているのでは、みたいに響子は考えたのかも。(実際には、きららには、はるかやみなみ、それにゆいといった素敵な友達がいますけれど。)
 響子の策略(?)が見事に的中したのでしょうか、きららはらんこを強く意識し始めています。最初の内は、調和を乱して自分ばかり目立とうとする気にくわない子、という風に感じていたでしょうか。でもやがて、夢に対するらんこの高い意識や、その夢を実現するためならどんなみっともない姿になってもやり遂げようとする根性に、きららはプロ意識を見たのかもです。

 らんこは同じ学園の生徒ですから、これからもきららと関わってくる事になりそうです。2人ともお互いを強く意識しているでしょうから、その気持ちが発展してとびきりの仲良しになる可能性もありそうに思えます。

 ところできららは、第5話辺りからはるかの事も意識し始めているようです。そうなると、実はきららを中心にして、ゆい、らんこ、はるかを巡る恋愛関係が形作られていったりする? 何にしても彼女達の百合なやりとりが多く見られると面白そうですね。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« 百合姫コミックス 2015年6月発行分の表紙画像が紹介されています | トップページ | ゆりりんらじお 第7回 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/60705843

この記事へのトラックバック一覧です: Go! プリンセスプリキュア 第12話:

« 百合姫コミックス 2015年6月発行分の表紙画像が紹介されています | トップページ | ゆりりんらじお 第7回 »