« 百合姫コミックス 2015年4月発売分の表紙画像が紹介されています | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(電子書籍「ニコニコ百合姫」2015年6月号発行、コミック「このはな綺譚」第1巻など) »

2015年4月16日 (木)

ユリ熊嵐 第8.5話

 テレビアニメ「ユリ熊嵐」、第8.5話は、通常の放送ではなくスペシャル番組です。サブタイトルは「~今すぐ、あなたに会いたい! ガウガウ!~」です。

 通常の放送と同じ時間枠で放送されているためでしょうか、「第8.5話」とされています。が、特に物語が進展するわけではありません。内容は、キャストの方達によるトークや、スタッフの方達の対談となっています。オープニングの映像は、通常の放送で使われているもののノンテロップ版、エンディングの映像は、いつもは右下に小さく登場している熊のダンスが画面の中央に大きく、しかも3匹並んで描かれています。

 登場しているキャストの方達は、椿姫紅羽役の山根希美さん、百合城銀子役の荒川美穂さん、百合ヶ咲るる役の生田善子さんです。皆さんキャラと同じデザインの嵐が丘学園の制服を着ていて、美穂さんと善子さんは、それぞれ熊の姿の銀子とるるをデザインしたぬいぐるみを膝に載せていらっしゃいます。番組は、美穂さんが進行役を務める形で進んでいます。

 希美さんは、この作品が声優として最初のお仕事だそうで、アフレコや、主題歌の録音など、初めての経験が多く、緊張されていたとか。でも周りの方達の励ましももらいながら仕事をこなされているようです。自分の仕事がどのような形になっていくのか、放送を見るまでは不安かもしれませんけれど、自分の声が作品を構成する要素として見る人を楽しませる事ができたら、それはとても嬉しいでしょうね。

 この他、本作の監督の幾原邦彦さんと、オープニング主題歌「あの森で待ってる」の作詞、作曲、編曲、歌唱を担当されているボンジュール鈴木さんの対談映像も放送されました。鈴木さんは顔出しはされていないようで、そういう方針があるのでしょう。幾原さんは、鈴木さんの曲について語っていらっしゃいました。鈴木さんに歌の制作を依頼した時は、作品のイメージがまだあまり形になっていなかった状態だったそうですけれど、それでもできあがってきた曲は、物語の内容をきちんと表したものになっていたのだとか。幾原さんから提供されたキーワードが的確で、さらに鈴木さんの想像力が豊かだったからこういう事ができたのかもですね。

 さて美穂さん達が話されている所によると、本作のストーリーは第12話まで驚きの展開が詰め込まれたものになっているようです。もしかしたらこの後も、これまで語られていなかった新事実が次々に明らかになっていったりするのかもしれません。それは視聴者にとっては初めて知るものになるのでしょうけれど、納得のできる内容になっていてもらいたいように思います。

 百合的にはどうなるでしょうね。「約束のキス」がキーワードになっていて、しかもこれまで一度もキスシーンが出てきていないっぽい事から考えて、女の子同士のキスはこの後も描かれないか、あるとしても最後の最後に1回だけ、とかなのかもです。もしそういう流れがあるのなら、少なくとも感動的な熱い口づけになるのを期待したい所です。

 また、この番組中では、キャラの名前や作品名以外で「百合」という単語は全く使われませんでした。女の子同士の恋愛を意味するようなトークもないですね(キャストの方達が話されていた中では、蜜子の振る舞いに他のキャラがときめく場面で、見ている女性視聴者もときめくのでは、みたいな話題があったぐらいでしょうか)。となるとやはり、本作ではそういう百合な物語はない、という事なのでしょうか、、、?

・「ユリ熊嵐」レビューリスト

|

« 百合姫コミックス 2015年4月発売分の表紙画像が紹介されています | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(電子書籍「ニコニコ百合姫」2015年6月号発行、コミック「このはな綺譚」第1巻など) »

作品 ユリ熊嵐」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/60159762

この記事へのトラックバック一覧です: ユリ熊嵐 第8.5話:

« 百合姫コミックス 2015年4月発売分の表紙画像が紹介されています | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(電子書籍「ニコニコ百合姫」2015年6月号発行、コミック「このはな綺譚」第1巻など) »