« GirlsLoveFestival13 行ってきました&入手品など | トップページ | ユリ熊嵐 第4話 »

2015年3月 2日 (月)

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第5話

 テレビアニメ「探偵歌劇ミルキィホームズTD」、第5話「キャロルの身代金」です。
(なお、この話数は一時放送が延期されていました。)

 茉莉音に映画の出演依頼が舞い込みました。タイトルは「スパイ・ガール4」、主役であり名子役のキャロル・ドジソンが、直々に茉莉音を指名してきたそうです。

 映画のロケ地はヨコハマでしたが、撮影が始まろうという時に、キャロルに脅迫状が届けられます。茉莉音と行動を共にするミルキィホームズは早速捜査に乗り出します。

 それにしても、ロケ地はあの、ヨコハマ大樹海、、、。シャロ達にとっては恐ろしい場所ですが、困っている人達を助けるためなら、ひるんでなどいられないのでしょう。
(ところで、オープニングの映像にも登場していた熊が、この話数でも出てきています。樹海でシャロ達がにらまれちゃってます。森の中で熊に出会う、というと、別作品を思い出しちゃいますけれど、特に関係はないのですよね。)

 脅迫状を出したのが誰なのか、何のためにそんな事をしたのか、シャロ達は持ち前のトイズと推理力で突き止めていきます。が、人物の特定はできたものの、脅迫状を出した理由は間違った? いえ、彼女達が出した答えも、それほど外れてはいなかったのでは、という気がします。キャロルが女優業にすべてをかけているとしても、役柄ではない自分そのものを見守ってくれて自分と親しくなってくれる人を、彼女は知らず知らずのうちに求めていたのではないでしょうか。

 彼女が茉莉音に目をつけたのも、そこに理由の一つがあるように思えます。芸能界で長く輝き続ける事ができず、消えていった人達はたくさんいるのでしょう(前回第4話に出てきたサキコランドにも、そういう人達が多くいそうです)。その多くの人達の中の誰かではなく、キャロルは茉莉音を選びました。今まで会った事もなかった女性ですが、茉莉音となら気持ちを分かち合える、と、キャロルは直感したのではないでしょうか。

 茉莉音という女性に実際に会ってみて、キャロルがどう感じたかは、最後の方の場面で描かれていきます。キャロルにとっては予想以上に素晴らしい出会いだったみたいです。
 また同時に茉莉音も、キャロルという女の子とのふれあいを心地よく感じられているような気がします。キャロルとは、気持ちの重なる部分が多いと思ったのでは。

 映画の世界と歌の世界、それどころか住んでいる国も違う2人ですが、彼女達の間には確かな絆が生まれたのでしょう。このシリーズ中で、また彼女達が会って自分達のつながりを確かめられるエピソードとかあったりすると素敵かもです。

・「ミルキィホームズ」レビューリストレビューセンター

|

« GirlsLoveFestival13 行ってきました&入手品など | トップページ | ユリ熊嵐 第4話 »

作品 ミルキィホームズ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/59597959

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵歌劇ミルキィホームズTD 第5話:

« GirlsLoveFestival13 行ってきました&入手品など | トップページ | ユリ熊嵐 第4話 »