« ゆるゆり テレビアニメ第3期の制作が発表されています | トップページ | ユリ熊嵐 レビューリスト »

2015年3月11日 (水)

艦隊これくしょん -艦これ- 第6話

 テレビアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」、第6話「第六駆逐隊、カレー洋作戦!」です。

 遠征を終えてドック(=お風呂)でリフレッシュしている第六駆逐隊の艦娘、雷、電、暁、響の4人。彼女達はいつも一緒にいて仲良くしているようですね。(ちなみに赤城も入渠していましたが、これはもう当たり前の風景だったりするでしょうか?)

 素敵なレディになりたい暁は、遠征の帰りに重い物資を運ぶ作業が、自分に似つかわしくないと不満を漏らしています。(ここで、彼女が物資を曳航している様子が少し描かれていました。本作では、キャラがデフォルメ化される事ってこれまであまりない感じでしたけれど、この場面では、歯を食いしばって運ぶ彼女の姿が、低い頭身で表されています。)その時彼女は、「鎮守府カレー大会」というものが開かれる事を知ります。料理が作れるのもレディのたしなみ、とばかりに、第六駆逐隊は大会に挑戦するのでした。
(ちなみに海自でも、カレーは重要なメニューらしいです。また、各艦の厨房が作るメニューの腕を競う「カレーナンバー1グランプリ」というものが実際に開催されているらしいですね。)

 ストーリーとしては、暁達第六駆逐隊の4人がちょこちょこかわいらしく動き回りつつ勝利を目指して努力する姿を描くのがメインになっていきます。百合的には、大井と北上のいちゃつきがピンポイントで入ってくるぐらいなのかな、とも予想していました。実際、途中まではそんな印象でしたけれど、カレー大会の場面になると、女の子同士の良い雰囲気がけっこう出てきてますね。

 まず大井と北上にしても、実は進展してるんじゃないの、と思えてきます。大井の料理を食べたい、と言う北上の言葉を聞いて、大井が結婚を確信する、みたいな辺りはまあいつも通り(?)とも考えられそうです。が、カレー大会の話題なのに、わざわざ肉じゃがのネタ振りをする北上も、天然を装って意外に大井の気を引こうとしてるんじゃないかなという気がします。

 ペアで大会に出場した金剛と比叡もコンビネーションを見せています。姉の金剛のミスをリカバーする比叡の鮮やかさ(結果は別として)は、妹から姉へのラブの表れなのではないでしょうか。金剛型4姉妹の中では、第4話でもそうでしたけれど、比叡から金剛への愛情はかなり強いように思えます。

 それから赤城と加賀は、これまでそろって登場する場面があまり多くありませんでしたけれど、ここではその分(?)、エピソードを振りまいています。多くの補給を必要とする正規空母の赤城は、カレーの具に使うジャガイモを、加賀が皮をむくそばから食べてしまっています。冷静な加賀ならここは突っ込む所、と思われましたが、彼女は黙々とジャガイモをむいて赤城に渡しています。作業の手をどんどん早めながら頬を赤く染める加賀の様子は、クールなようでいて内心では赤城のかわいらしい食べっぷりに参っている彼女の気持ちを十分に表しているのでは。

 さらにもう1人、赤城の姿に舞い上がっている女の子がいます。それは、吹雪ですね。睦月や夕立は、全然りりしくない赤城の姿をみた吹雪が幻滅しちゃうかも、と思って必死にフォローしようとしていますが、そんな心配は全然必要なかったみたいです。
 吹雪は、第2話などで、赤城に対する自分の気持ちは恋愛感情とはちょっと違う、みたいに言っていました。けれど、睦月や夕立から言わせれば、やはりこれは恋なのでしょう。

 といった感じで、この話数では、特に後半で百合な雰囲気が出ていました。これからの話数でももっと百合度が上がっていくと良いですね。

・「艦隊これくしょん -艦これ-」レビューリスト

|

« ゆるゆり テレビアニメ第3期の制作が発表されています | トップページ | ユリ熊嵐 レビューリスト »

作品 艦これ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/59715192

この記事へのトラックバック一覧です: 艦隊これくしょん -艦これ- 第6話:

« ゆるゆり テレビアニメ第3期の制作が発表されています | トップページ | ユリ熊嵐 レビューリスト »