« 映画「ワンダフルワールドエンド」 キャストへのインタビュー記事が公開されています&映画祭への出品など | トップページ | アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 »

2015年2月 2日 (月)

プリパラ 第27話

 テレビアニメ「プリパラ」、第27話「あけおめでかしこま!」です。

 お正月らしく、始まりの場面ではらぁら達6人が晴れ着で勢揃い。それぞれに色鮮やかな振り袖を着こなす姿がきれいですね。
 6人は声を合わせて新年のご挨拶をしています。が、キャラ作りで語尾を工夫しているみれぃは、いつも通り「ぷりっ」を忘れていません。そこへさらに、スカウトマスコットのウサギが「ウサッ」をかぶせてきています。

 こうなるとクマが黙っていないはず、と思うのですけど、ここには出てきていません。どうも冬眠中らしい、、、と思ったら後の場面では普通に登場していました。
 クマは、1クール目辺りでは冬眠する事を何度か口に出していましたが、この話数では本人はまるで否定してます。(演出の都合なのかもしれませんけれど、)クマはこれからもストーリーには関わってくるみたいです。

 この他にキャラ的に位置づけが気になるのは、レオナでしょうか。この人は男子なのですが、プリチケが届いたためにプリパラに入れています。パプリカ学園では男子の制服を着ているものの、プリパラではドロシーとおそろいの衣装をまとっていますし、この最初の場面でもドロシーと合わせた柄の振り袖を着ています。(ちなみに2人はキャラデザもほとんど同じではあるのですけど、ドロシーにはまつげがあって、レオナにはないんですね。これもスタッフのこだわり、、、?)
 周りはほとんど女子のように扱っていますけど、さすがに風邪を引いたらぁらの服を脱がせて体を拭くのは許されていません。このギャップが、後々面倒な事になっちゃわないかどうか気がかりです。

 もう1人、プリパラにいる男性、赤井めが兄ぃも、何だかだんだん前に出てきてる感じです。最初の方の、イベントのアナウンスをする場面では、プリパラアイドル達の黄色い声援を受けながら、振り付きで語りかけています。しかも、読み上げる文章の所々に、自分をアピールする一言をこっそり言っていて、何だか抜け目ないですね。そんなめが兄ぃは女の子達に大もてみたいですけれど、この人が目立ちすぎるとプリパラアイドル達の出番が少なくなってしまいそうな気もしますし、ほどほどが良いのかもです。

 さてストーリー的には、前回優勝をさらっていったファルルが、存在感を増してきているようです。らぁらはファルルに「かしこま!」も取られてしまうのでは、と弱気になっています。
 ファルルは「ボーカルドール」と呼ばれていますが、それが何なのかはまだ明らかになっていません。今までの彼女の様子からわかるのは、いろいろな事を知りたがり、それを自分のものにして成長していく、という事。彼女は占いで「世界を滑べる者」、、、じゃなく「世界を統べる者」とも言われていましたから、何か大きな力を秘めているのかもしれません。
 この話数でも、彼女はいろいろな物まねを見せていました。「かしこま」以外にも「ぷりっ」や「ぷしゅ~」など、みれぃ達の決めぜりふも会得しています。それだけではなく、ちゃん子の「ちゃんこー!」も真似してますが、ここだけなぜかクオリティが異様に高いです。ちゃん子とファルルの声を担当しているのがどちらも赤﨑千夏さんだから、なのですね。ファルルの家を探していたらぁら達と一緒になぜかちゃん子だけがついて来ていたのは、この夢の組み合わせを実現するためだった?

 笑えるエピソードもちりばめられていますが、ここでは特にそふぃが実力を発揮していたかも。みれぃと一緒にらぁらの家へお見舞いに来る時、彼女は真っ黒な目出し帽で顔を隠していました。それでも帽子を突き抜けて飛び出すアホ毛が、隠しようのない彼女らしさを表しています。またそのためかどうかはわかりませんけれど、周りの皆は誰も、彼女の姿にツッコんでいません。
 2人をらぁらの所へ案内してくれたのんに、そふぃはお年玉を、、、いえ、「お年レッドフラッシュ」をあげています。下の方が微妙に膨らんでいる袋が、妙なリアリティを感じさせます。
 こんなものを差し出されたらのんもさぞかし驚くのでは、と思ったのですが、とても普通に受け取っていますね。彼女達にとってはこれが普通、というわけでもないでしょうし、そうなるとのんは、わかっててスルーした?
 そふぃはらぁらへのお見舞いにも、レッドフラッシュを持ってきています。しかもどこから出したのか、大きな瓶入りです。
 大きさではみれぃも負けていないようで、分厚い六法全書を、らぁらのそばに差し出しています。でも気がつけば、そふぃは本の上に頭から突っ伏していました。いったい何が起きたのかと思ったら、彼女にとってその本は、枕としてとても使い心地が良かったみたいです。
 こんな風に、この話数では、そふぃがかなりいい味出していた感じです。彼女の天然さは筋金入りでしょうから、これからも笑えるエピソードをあれこれ提供してもらえるでしょうか。

 さて百合的には、ひめかとグロリアがここでも見せてくれていますね。以前第26話の 時は、ひめかがお店で忙しいために、グロリアは1人で(「クリーナーのリナちゃん」は一緒でしたけど)プリパラに来ていました。ここでもひめかが忙しいのは同じですけれど、グロリアは、今度はお店を手伝いに来ています。やっぱり1人でプリパラに行くよりは、2人で忙しさを分かち合う方がいい、と思ったのでしょうね。
 お店の中では、2人はぴったり寄り添っています。パパが見ていても関係ないみたいです。「ひめちゃん」、「グロちゃん」と呼び合ったり、「2人はフレンズ!」と言う彼女達の笑顔は本当に嬉しそうです。

 それから、のんは、「できた妹」らしく姉のお世話をしています。姉をあしらうような素振りを見せながらも、本当は姉を応援していて、早く元気になってプリパラでのライブをしてほしいと考えているようです。
 が、その考えの先には、彼女自身の野望のようなものも見え隠れしている? あの流れだと、のんは本当はらぁらの事を心配していなくて、自分がのし上がるためのステップと見ているようにも感じられちゃいます。
 でも本当は、そうじゃないですよね。姉を心配していないのなら、自分が風邪をもらっちゃうぐらい懸命に看病したりしないでしょう。それだけ強く姉を思っているのんの本心がわかるようなエピソードを見てみたいものです。

・「プリパラ」レビューリスト

|

« 映画「ワンダフルワールドエンド」 キャストへのインタビュー記事が公開されています&映画祭への出品など | トップページ | アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 »

作品 プリパラ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/59366572

この記事へのトラックバック一覧です: プリパラ 第27話:

« 映画「ワンダフルワールドエンド」 キャストへのインタビュー記事が公開されています&映画祭への出品など | トップページ | アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話 »