« ユリ熊嵐 第1話 | トップページ | 百合姫コミックス 2015年2月発売分の表紙画像が紹介されています »

2015年2月17日 (火)

ガールフレンド(仮) 第12話

 テレビアニメ「ガールフレンド(仮)」、第12話「ガールフレンドxxx」です。

 今年のクリスマスは、心実の周りではクロエを巡っていろいろ事が起きました。それが過ぎると、街はあっという間にお正月ムードに変わります。留学生のクロエやユーリヤには、この光景がちょっと不思議みたいです。
 でもそれよりも2人が興味津々なのは、日本でのお正月の過ごし方。2人ともこの国が大好きで、留学している間にこの国らしい物事をたくさん経験しておきたい、と考えているようですね。

 2人のために、心実は提案をします。2人に自分の家へ来てもらって、お正月の雰囲気を直に感じてもらおうというのですね。平凡な家庭かも知れないけれど、暖かくおもてなしをしてあげたい、と心実は考えたのでしょう。また、2人とは一緒に年を越したい、と思うぐらいに親しさを感じていたのではないでしょうか。

 他のガール達も、それぞれの年末年始を過ごそうとしています。部活仲間、幼なじみ、親戚、いろいろな関係の子達が、街のあちこちで寄り添っています。またそういったはっきりした関係性がなくても、仲良しだから、それだけで、彼女達は一緒にいてうれしさを感じられるのでしょう。

 このエピソード中、ずっと1人で行動していたのは、エレナですね(基世も1人でテレビ出演(!)してましたけれど、その後は彼女も誰か仲良しガールと落ち合ったのかも)。このまま1人でいるつもりなのかなという所で、最後に大逆転(?)を見せていますね。公式サイトで最初の頃に公開されていたビジュアルのように、エレナは文緒に密着してます。少しの間でも離ればなれになっていた寂しさを埋めようとしているのかな?
 エレナはけっこう図書室に入り浸っていて、文緒と一緒にいる場面も多いですね。これからも仲良くしていってもらいたいものです。

 この他にも、2人で親密な雰囲気を醸し出している女の子達があちこちで見受けられます。例えば、不知火五十鈴(しらぬいいすず)の家には、幼なじみの夢前春瑚(ゆめさきはるこ)が当たり前のようにいて、やって来た心実達を家の人のように出迎えています。仲良しの鈴河凜乃(すずかわりの)と君嶋里琉(きみじまさとる)は一緒にどこかへ出かけようとしていて、凜乃がさりげなく里琉と手をつないでいます。夏目真尋(なつめまひろ)と春宮つぐみ(はるみやつぐみ)は、友達が除夜の鐘をつくのを見守っていますが、2人の距離は何だかとても近いですね。重藤秋穂(しげとうあきほ)と森園芽以(もりぞのめい)はいとこ同士で同じ神社の巫女をつとめていて年末年始は忙しい様子ですけれど、巫女服の着付けがうまくできない芽以を秋穂が手伝っている時、2人きりでかなり密着しています。朝比奈桃子(あさひなももこ)と葉月柚子(はづきゆずこ)は別の部活ですが、幼なじみらしく息は合っているようです。

 そんな中で、心実と野々花とのロマンスは、ここではあまりなかったような。2人は部活が同じなわけでもありませんし、親戚でも幼なじみでもありません。それでも心実が胸に抱いている強い気持ちがいつか野々花をときめかせ、彼女達の間に愛を実らせると良いですね。

・「ガールフレンド(仮)」レビューリスト

|

« ユリ熊嵐 第1話 | トップページ | 百合姫コミックス 2015年2月発売分の表紙画像が紹介されています »

作品 ガールフレンド(仮)」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/59465551

この記事へのトラックバック一覧です: ガールフレンド(仮) 第12話:

« ユリ熊嵐 第1話 | トップページ | 百合姫コミックス 2015年2月発売分の表紙画像が紹介されています »