« 百合姫コミックス 2014年10月発売分の表紙画像が紹介されています | トップページ | ラブライブ! μ'sが音楽番組に登場します »

2014年10月15日 (水)

プリパラ 第13話

 テレビアニメ「プリパラ」、第13話「空見て笑って♡チーム名発表!」です。

 前回第12話でひっそりと結成式を行い、ついに1つのチームになれた、らぁら、みれぃ、そふぃ。この3人の取り合わせは観客達も思いつかなかったようで、新鮮さを感じている人もいました。
 が、らぁら達のパフォーマンスは素晴らしいものでした。できたてのチームでもあり、らぁらとみれぃのランクもまだあまり高くないのに、ライブで優勝してしまうほどです。

 これをきっかけに、らぁら達の活動が本格的になっていくようです。まずチームのお披露目ライブがあり、そこでチーム名の発表も行われます。
  というようにこれから3人でする事がどんどん増えていくわけですけれど、どれだけお互いを理解しようとしていても、急に環境が変わるとちょっと戸惑う事もあるでしょう。ここではみれぃが、そふぃとのすれ違いを感じてしまっているようです。(それにしても、「ぷりぷり娘」と「レッドフラッシュ隊」って、チーム名としてはそんなに変わらない気もするのですけれど、、、らぁらやクマ、親衛隊はなぜか皆「レッド~」を推してるんですよね。これではみれぃもいたたまれない気持ちになっちゃいそうです。)
 でもこの事については、それほど(次回に持ち越すほど)こじれたりはしていないっぽいですね。彼女達は、プリパラで出会った「ピカピカ研究生」のはななから見てもすぐにわかるぐらいお似合いのチームなので、通じ合える部分が大きいのかも。基本的に彼女達3人は、お互いを尊重するし、近い感覚を持っているから、たとえ少しぐらい言い争う事があっても、最後にはもっと仲良くなれるのでは、という気がします。

 といった感じで、この第1クールで、らぁら、みれぃ、そふぃの3人が結束するエピソードが描かれてきたと言えそうです。この後は、ドロシーやレオナ、シオンといったライバル達(ファルルも?)が出番を増やし、らぁら達と切磋琢磨していくストーリー展開になるのかもしれません。
 もしそうなった時、百合的にはどうなるでしょうか。何か思いがけない愛情のやりとりとかあると面白いかもですけれど、今の感じだとそんな風にはならないっぽい?
(ところで、ドロシーがらぁら達に対してややけんか腰みたいになっているのが少し気になります。彼女は、みれぃがレオナと自分をチームのメンバーにしなかった事を怒っているらしいですけれど、彼女の方もレオナと一緒じゃなきゃ嫌だみたいに言ってました。今の感じだと、ドロシーはらぁら達がライブで優勝したのをねたんでいるようにしか見えないような。でも本当は違うはずですよね。ドロシーだって歌や踊りを愛する純粋な女の子だと思いますので、そういう彼女の素直さが表れるエピソードが描かれると良いかもです。)

 この話数では、そふぃが自分を変えようと努力する姿も描かれていますね。自分で髪型を整えたり、普段からできるだけレッドフラッシュ(=梅干し)を使わないようにしたり、ダンスの練習をしたり。
 髪型を含め朝の身だしなみは、これまで姉のコスモが全部やっていました。またレッドフラッシュのパワーが切れると、いつも親衛隊の女の子達がすぐに駆けつけてサポートしてくれていました。そふぃは、第10話で は、姉や親衛隊の子達に心配や迷惑をかけてしまったのでは、と落ち込んでいたようです。が、ここでは積極的になっています。努力すれば自分でも何かを成し遂げられる、という自信を持つ事ができたからなのでしょう。コスモも、今まで過保護だった自分を反省しているみたいで、これからは干渉しすぎずに、暖かく見守りながら愛情を注いでいこうとするのではないでしょうか。(でも自分の髪をいじるそふぃの様子を見た時はさすがにはらはらしていたようで。そふぃも、あの形からよく髪型をまとめられましたね。最初アホ毛が2本出ている様子は何だか虫の触角みたいでしたけど、その後はもう少し整えては1本に収まっていました。もしかしたらこれからのエピソードでは、アホ毛がある時とない時で、普段の彼女か、レッドフラッシュを使っているかがわかるようになるのかも? いつかはアホ毛付きでステージに立つそふぃの姿が見られるようになるでしょうか。)

 また、そふぃは、プリパラデビュー以来、練習を一度もした事がなかったそうです。一度曲を聴いただけで、歌も踊りもこなしてしまえるほどの才能を持っているため、練習なんてする必要がなかったのですね。
 1人で歌う時はそれでも良かったのでしょう。けれど3人チームになったのなら、全員の息を合わせ、気持ちを重ねる必要があります(この話数と前回にも発動していたメイキングドラマ「解放乙女ヴァルキュリア」も、3人の協力があるからできるのでは)。
 らぁらとみれぃと触れあう中で、そふぃも練習の大切さを感じ始めているようです。それに、3人で一緒に何かする事自体が楽しいとも思えるようになっているみたいです(3人で「ぷりぷり」、「かしこまっ」、「ぷしゅー」と声を掛け合っている様子はちょっと笑えますけれど、本人達もとても喜んでやっているような)。練習でも本番でも3人で力を合わせられる事に、そふぃは暖かい気持ちと愛情を抱いている気がします。

・「プリパラ」レビューリスト

|

« 百合姫コミックス 2014年10月発売分の表紙画像が紹介されています | トップページ | ラブライブ! μ'sが音楽番組に登場します »

作品 プリパラ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/57889832

この記事へのトラックバック一覧です: プリパラ 第13話:

« 百合姫コミックス 2014年10月発売分の表紙画像が紹介されています | トップページ | ラブライブ! μ'sが音楽番組に登場します »