« FLOWERS サイトがマスターアップ仕様になっています | トップページ | 咲-Saki- 全国編 第11話 »

2014年4月 6日 (日)

ハピネスチャージプリキュア! 第8話

 テレビアニメ「ハピネスチャージプリキュア!」第8話「友情の危機!! ミスフォーチュンの不吉な予言!!」です。

 このシリーズでは、世界中にたくさんのプリキュアチームがいる世界観が特徴とされていました。その姿がここで初めて紹介されているようです。
 「ボンバーガールプリキュア」をはじめとしたチームが、欧米、アジアなど、各地で活躍しているのですね。いかに幻影帝国の軍勢が多数であっても、人類はそう簡単に屈したりはしないのでしょう。

 その中にあって、「ハピネスチャージプリキュア」はまだまだ結成したてです。こうなると、物語のヒロインとしては力不足にも見えてしまいそう、、、。ですけど、テレビ番組「プリキュアウィークリー」で注目を集めるほどですし、期待の新人、という所でしょうか。

 ところで「プリキュアウィークリー」のレポーターのお姉さんが、、、。この声、この顔、この仕草、彼女は5人のチーム「Yes! プリキュア5」の謎を追っていたサンクルミエール学園新聞部のホープ、増子美香(ますこみか)!? いつの間にかこんなに成長して、自分の特技を生かした職業に就けたようで、、、と思ったら増子美代(ますこみよ)だそうで。同一人物ではないとしても、実は親戚とかだったりするかもですね。

 さて前回第7話で「新たなる力」を手に入れたキュアラブリーとキュアプリンセスはかなり勢いづいています。2人の「友情パワー」があれば怖いものなし、と自信満々です。
 が、あまり調子に乗りすぎてしまうのは良くなさそうです。4人もの女の子達から作り出されたサイアークの作戦に引っかかってしまい、ピンチに陥ります。

 そこに現れるのがキュアフォーチュンですが、彼女の態度は第1話の頃から全く変わらず、キュアプリンセスをなぜか目の敵にしています。フォーチュンは、ラブリーに対しては特に思い入れはないはずですけれど、プリンセスとチームを組んでいるためでしょうか、ちょっと冷たい態度をとっています。
 彼女の残した言葉、プリンセスのせいで「大きな災いが降りかかる」とは、どういう意味なのでしょうか。プリンセス(=ひめ)自身にも思い当たる節はあるようですが、ラブリー(=めぐみ)には詳しい事情はまだ説明されていません。真実を聞いてもひめを信じてあげられるかどうか、そこがめぐみに求められそうです。2人の絆が、単なる友情を超えるほどの強さを持っていて、このピンチを乗り切ってくれるのを期待したいです。ミスフォーチュンの占いの言葉も、彼女達の親密さではねのけてもらいたいものです。
(ミスフォーチュンとは、めぐみ達の同級生の氷川いおなが、占いをする時に使う名前らしいです。「Miss Fortune」とすれば女性の名前ともとれますが、「Misfortune」とつなげると、「不運」という意味にもなるようで。彼女はプリキュア達に何をもたらす事になるでしょうか。ちなみにミスフォーチュンは占いをする時に鏡を使っています。これは何となく、地球の神様のブルーや、幻影帝国のディープミラーにも通じるような。何か関係があるのではと思われます。)

 ところでめぐみ達の住むぴかりが丘にはロマンティックな伝説があるのですね。天から降りてきた神様が、地上のお姫様と恋をした、というもので、伝統の「ぴかりが丘祭り」の元にもなっているのだとか。めぐみ達の周りで「神様」といえばブルー、ですよね。作中で、ブルーと誰かが恋をするみたいなエピソードとかあったりするのでしょうか。

 それはともかくとして、お祭りの伝統に従っておしゃれ(浴衣を着ています)をしためぐみとひめは、一緒にお祭りへ遊びに行きます。そこで偶然出会ったのは、めぐみの友達の石上りん、高野れい、古田かな、椎名えれなの4人。超が付くほど人見知りのひめは、さっとめぐみの後ろに隠れてしまいますが、りん達はそのひめに用がありました。
 彼女達のひめへのお願いは、めぐみとばかり仲良くしていないで、自分達とも友達になってほしい、というものだったんですね。友達をたくさん作る事を夢見ていたひめにとってこれは嬉しい出来事、のはずですけど、ひめは恥ずかしがって返事もできません。

 それでもりん達はあきらめずにアタックしています。そこまでする理由は、ひめが「小っちゃくて、かわいくて、外国の人」だから、、、いえ、それは単なるきっかけでしかありません。彼女達はこれまでひめをずって見てきて、ひめがどういう内面を持った女の子なのかを理解しているはず。ひめの長所も欠点もすべてひっくるめて、それでも友達になりたいと思ったのでしょう。
 ひめが人見知りなのもお見通しらしく、彼女達は尻込みするひめに対して怒ったり無理強いしたりはしていません。後はひめが彼女達に気持ちを開くだけ、のようです。それがうまくいけば、そこから後はひめの学校生活はよりにぎやかで楽しいものになっていくのではないでしょうか。(皆と遊ぶ時間が増えたらめぐみがちょっと嫉妬しちゃうかも? ひめの中では、いつでもめぐみが一番であってもらいたいですね。)

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« FLOWERS サイトがマスターアップ仕様になっています | トップページ | 咲-Saki- 全国編 第11話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/55686201

この記事へのトラックバック一覧です: ハピネスチャージプリキュア! 第8話:

« FLOWERS サイトがマスターアップ仕様になっています | トップページ | 咲-Saki- 全国編 第11話 »