« 「ひとりのクオリア」、「ふたりのクオリア」 雑誌掲載情報などが紹介されています | トップページ | 咲-Saki- 全国編 第7話 »

2014年3月 5日 (水)

ハピネスチャージプリキュア! 第4話

 テレビアニメ「ハピネスチャージプリキュア!」第4話「転校生はお姫様!! ひめの友達ゲット大作戦!!」です。

 ひめはめぐみの通う学校に入る事になりました。が、超がつくほど人見知りな上に、今まで学校に通った事がないひめは尻込みしてしまいます。
 そんなひめを、めぐみは励ましています。こんなにかわいらしいひめなら、友達100人ゲットも夢じゃない、、、たぶんめぐみは本当にそう思って言っているのでしょう。

 めぐみのおかげで気分が乗ってきたひめは学校へ行くのですけれど、いざクラスメイト達を前にすると、どうしても緊張してしまうのでした。実際にはクラスの皆は(めぐみが予想していたように)ひめと仲良くなりたいと思っているのに、ひめの方はまだ気持ちの準備ができていないようです。

 めぐみのやり方は、彼女らしいものではありましたが、それがそのままひめに当てはまるわけではないのですね。無理をさせすぎるのはやはり良くないようです。
 そんな風に助言したのは、誠司でした。たぶん昔からめぐみの性格を知っていたから、的確にアドバイスできたのでしょう。でも同学年の人であれば、上からっぽい意見を言うよりは、一緒に悩むぐらいの方が、めぐみが自分で問題を解決する姿勢がはっきり描かれるようにも思えたり、、、というのはまあ演出の仕方なのかもです。

 ところで誠司といえば、ひめは誠司を「友達」として認識しているようですね。ひめは男子とあまり話した事がないらしく、また第3話ではめぐみと誠司が恋人関係かどうか疑ったりもしていました。そういう、ちょっと距離を置いた関係の相手を友達と呼ぶのは、何か親近感を持っているから、だったりするでしょうか。ひめにはめぐみとの関係を深めていってもらいたい所です、その点についてはこれからに期待?

 学校でうまく挨拶ができなかったひめは落ち込んでしまいます。「友達なんてめぐみだけでいい」とまで言ってしまってます。
 ひめの中では、めぐみに対する気持ちがとても強いのでは、と思われます。たとえこの先本当に友達が100人できても、ひめにとって一番は、いつでもめぐみなのではないでしょうか。そしてその思いは、他の友達に対する友情とは区別された、友情以上の特別な気持ちなのかなという気がします。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« 「ひとりのクオリア」、「ふたりのクオリア」 雑誌掲載情報などが紹介されています | トップページ | 咲-Saki- 全国編 第7話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/55251212

この記事へのトラックバック一覧です: ハピネスチャージプリキュア! 第4話:

« 「ひとりのクオリア」、「ふたりのクオリア」 雑誌掲載情報などが紹介されています | トップページ | 咲-Saki- 全国編 第7話 »