« ゆるゆり 新作アニメの制作予定が発表されています他 | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(コミック「超次元ゲイム ネプテューヌ めがみつうしん」第4巻、画集「なもり百合姫表紙画集 truth」発行など) »

2014年2月14日 (金)

ハピネスチャージプリキュア! 第1話

 テレビ放送が始まったアニメ「ハピネスチャージプリキュア!」を見てみました。第1話のサブタイトルは、「愛が大好き! キュアラブリー誕生!」です。

 愛乃めぐみは、「愛」、「ラブ」、「ラブリー」という言葉が大好きで、プリキュアに憧れる女の子。明るくて誰とでも喜作に話せる彼女の周りには、いつも愛に満ちた笑顔があふれています。
 もう1人、白雪ひめ(ヒメルダ・ウィング・キュア・クイーン・オブ・ザ・ブルースカイ)は、ブルースカイ王国の姫であり、キュアプリンセスという名のプリキュアでもあります。が、幻影帝国の放つモンスター、サイアークとの戦いでは、怖くて逃げ回るばかりで、これまで一度も勝った事がありません。

 そんな2人が出会えたのは、ほとんど偶然でした。でも、サイアークを倒し、幻影帝国に侵された世界を取り戻したいと願う気持ちは同じはず。彼女達の思いが重なる時、すさまじいパワーが生まれて、苦しみに縛られた人達を解放していくのでしょうね。

 世界観としては、伝説の戦士プリキュアの存在は皆知っていて、女の子達からは憧れられているみたいです。一方で幻影帝国の侵略は激しく、街の一部が奇怪な物体に覆われたりもしているようです。人々は不安を抱えて生活していると思われますが、プリキュア達がいる事で、前向きに生きていこうという気持ちにもなれているのかもです。このシリーズの中で最終的に皆が平和な日々を取り戻せるようになると良いですね。

 オープニング映像では、作品に登場するキャラ達が次々に姿を見せています。その表情や仕草からは、人となりやキャラの関係性などが何となく見えてくる感じがします。
 世界を支配しようとしている幻影帝国の首領、クイーン・ミラージュは、年頃で言うとめぐみ達にも近い雰囲気があります。見た目も、「悪の化身」という印象ではありません。映像の中では、涙を流していた女の子のイメージと重なる場面もありますし、彼女自身、頬に涙のマークが描かれていますから、何か悲しい出来事があって、闇にとらわれてしまったのかもしれません。
 また、「地球の神様」のブルー(青年の姿で現れます)もクイーン・ミラージュの事では何か悩みを持っているみたいです。侵略する側、立ち向かう側、対極にいるような2つの存在の間には、何か因縁があったりするのでしょう。

 めぐみはまだその辺りの事情を知りません。オープニング映像の中では、ブルーを見てちょっと顔を赤らめているカットなどもあります。これは、ラブの予感? めぐみには相楽誠司という幼なじみの男子もいますが、ブルーがめぐみ達の前に現れるようになったら、誠司の方も積極的になっちゃったりするでしょうか。また、映像の中では、めぐみがブルーと誠司に挟まれている所に、ひめが割って入ります。その位置は、めぐみと誠司の間。ひめ的には誠司を意識しているのか、それともめぐみの隣がいいのでしょうか、ここはやはり、ひめにはめぐみを見ていてもらいたいですね。

 映像の中では、他にキュアハニーとキュアフォーチュンも登場しています。フォーチュンはこの第1話から本編に出てきていますので、ハニーも意外と早めに姿を見せる事になるでしょうか。
 ハニーとフォーチュン、それぞれの正体が誰なのか、という所も、この映像から何となくうかがえそうですね。ハニーは「おおもりご飯」でお店番をしているめぐみの友達の大森ゆうこ、でしょうか。フォーチュンの方も、めぐみやゆうこと同じ制服を着ていますので、彼女達の学校にいる、または転校してくる女の子なのかもです。小学生や高校生ではなく、このラブリーとプリンセスを含めた4人は皆中学生という事になりそうですね。

 そういえばオープニング映像の直前には、「ふたりはプリキュア」のヒロインの1人、キュアブラックのメッセージ映像が流れていますね。そこだけ完全に切り分けられているわけではなく、オープニング曲が背景で流れていて、本編との一体感がある感じです。
 「ハピネスチャージ~」では世界中にたくさんのプリキュアチームがいるという設定になっているみたいですので、もしかしたらこの世界観の中に、キュアブラックやキュアホワイトもいたりするでしょうか。なお、このメッセージ映像は、1週に1人ずつ登場し、全部で33週放送されるそうです。登場するのは作品順ではないらしいです。次は誰が姿を見せるのでしょうね。メッセージ映像という短い時間の中ではありますが、「プリキュアオールスターズ」以外でも彼女達の新作映像が見られるのは素敵です。

 ところで今度の作品の印象って、何となく「ハートキャッチプリキュア!」を思い出させる気がします。近い所を考えてみると、作品タイトルに英単語2つの組み合わせが使われている(「ハピネス」+「チャージ」、「ハート」+「キャッチ」)、その英単語2つの頭文字は「H」と「C」、線が少なめのキャラデザイン、コミカルな表情と動きが割と多めに描かれている、闇の勢力に幹部とモンスターの他に戦闘員のような手下達がいる、戦いの後妖精がアイテムを生み出す、変身の時に光るマントのようなものを羽織る、戦いの最中に変身を強制解除されると私服とは別のシンプルな服をまとっている、恐がりでとても弱いプリキュアがいる、プリキュアに初めて変身した時に自分で名前を決められる、物語の最初に結成されるプリキュアペアのイメージカラーがピンクとブルー、ブルーはファッションにこだわりがある、などなど、、、。とはいっても、めぐみとつぼみ、ひめとえりかはやはりそれぞれの個性を持っていますし、これからの物語の中でも、めぐみ達は様々な経験をして彼女達なりの成長していくのでしょう。

 さて百合的な部分について、、、。ひめがめぐみに話しかけた後、2人はすぐに意気投合します。が、これで仲良しお友達コンビの誕生、かというとすぐにそこまではいかないようにも感じられます。
 ひめはブルーやリボンと話している時に、友達について、「何でも言う事を聞いてくれたり」とか「とーっても便利」なんて言っています。これは誤解だと思うのですけれど、ひめはまだ気づいていないようです。(あの場でブルー達がツッコまなかったのも影響しているかも。実はブルー達にも友達がいないからよくわからなかった、とか? まあ神様や妖精と人間とでは、「友達」に対する感覚が別、という場合もあるのでしょう。)ひめは、言い訳が多くてわがままなのに知らない人の前では急におとなしくなってしまうタイプらしいので、彼女が誤りを自覚したり誰かに言われて気づくようになるのはそう簡単ではなさそう?
 めぐみは持ち前の明るさでひめに気さくに話しかけ、相手にファッションセンスがあると知ると、「師匠!」と言って尊敬しています。今の所めぐみの中では、ひめは、友達というよりも尊敬する人、というイメージがありそうです。
 またひめの方も、めぐみの事を「初めての友達」と言っていますから、どうしたら親しくなれるのか、まだはっきりとわかっていないのかもしれません。上に書いたように誤解していたりもしますから、このままでは自分も知らない内にめぐみを傷つけてしまう可能性もあります。

 2人はまだ出会ったばかり。めぐみはどんな子とでもすぐに仲良くなれる素質を持っているかもですけど、ひめに関してだけはじっくりと、誰よりも強い親密さを築いていってもらいたいものです。
 でもそんなに心配はいらないかも、とも思えます。めぐみはひめを見て、お姫様のような(って本当に王女なのですね)可憐さに惹かれています。めぐみは、プリキュアの役目を別にしても、ひめのそばにいたいと感じているのではないでしょうか。
 ではひめの方は、、、。彼女はめぐみの美しさに惹かれている、とかじゃなさそう? いつも笑顔で皆と楽しくおつきあいできているめぐみの姿には憧れているようですね。そこから、めぐみをもっと知りたいと思うようになれば、彼女達はお互いにもっと近づいていこうとするのでは。
(それにしても、出会いの場面の2人はかなりハイテンションですね。彼女達だけで放っておいたらどんどんテンションが上がっていってしまいそうな。実はこのペアはダブルボケだったり、するかな?)

 サイアークに打ちのめされ、地面にたたき落とされたキュアプリンセス(=ひめ)をかばうように、めぐみは間に割って入ります。プリキュアとサイアークの戦いという力のぶつかり合いのまっただ中に、普通の女の子が飛び込んでいくなんて、無謀以外の何ものでもありません。
 めぐみもそれはよくわかっていて、声は揺らぎ、足は震えています。それでもやめなかったのは、ひめが困っていたから、なのでしょう。プリキュアを助けようみたいなおこがましい気持ちではなく、危ない目にあっているのが「友達の1人」だからでもなく。「ひめを助けたい」という願いが、彼女に行動させたと思いたいですね。そしてひめにも、めぐみのピュアな思いに応えていってもらいたいものです。

 他には、キュアフォーチュンの関係も気になります。フォーチュンはプリンセスに対して、「世界にサイアークがあふれたのはあなたのせい」と言っています。この辺りの本当の事情も気がかりですが、彼女がひめに激しい感情をぶつけている理由も、何かありそうに思われます。彼女にとって大切な人が、サイアークのおかげで苦しんでいる、とかなのかも。
 フォーチュンの技には、「フォーチュンスターバースト」や「プリキュアスターダストシュート」などがあります。また、サイアークを浄化する時の言葉も、「星よ、天に帰れ!」というように、「星」のモチーフが多く使われているみたいです。
 一方で、冒頭の場面、幻影帝国のクイーン・ミラージュのそばには、星の形をしたぬいぐるみっぽいものが幾つも置かれています。オープニング映像でも、ミラージュに重なる人影と、フォーチュンの2人が涙を流しています。この2人の間に、何か他の人が立ち入れない深い事情があったりするでしょうか。

 後は、ゆうこや真央もいます。お気に入りの麦わら帽子をかぶっている時に、めぐみから「真央ちゃんのかわいさ、200%アップだよ!」と言われて、真央は真っ赤になっています。これは、単に照れているだけじゃないような、、、。小学生の女の子もどきどきさせちゃうなんて、めぐみも隅に置けないですね。
(ちなみにこの時、真央は満面の笑顔でめぐみに応えていますが、周りには何かきらきらした光がちりばめられ、うっとりとした真央の心情を表しているようにも見えます。この効果は、最初の方でキュアフォーチュンが助けた街の女性の周りにも出ていました。あれがサイアークから救い出された人のための効果でないのだとしたら、あの女性も真央も、相手に対する好意を一生懸命に表情に出そうとしていたのかもです。

 ゆうこは、めぐみと一緒に学校に登校し、めぐみが上機嫌で歌う「こころの歌」の事も褒めちぎっています。皆を笑顔にするめぐみの存在は、ゆうこにとっても特別なのでしょう。その思いの強さは、友情のレベルをはるかに超えていたりするでしょうか。これからひめやフォーチュンが学校にやって来て、めぐみとゆうこの2人だけの時間が失われそうになった時に、何かわかるのかもしれません。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« ゆるゆり 新作アニメの制作予定が発表されています他 | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(コミック「超次元ゲイム ネプテューヌ めがみつうしん」第4巻、画集「なもり百合姫表紙画集 truth」発行など) »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/55036342

この記事へのトラックバック一覧です: ハピネスチャージプリキュア! 第1話:

« ゆるゆり 新作アニメの制作予定が発表されています他 | トップページ | 今週と来週の百合関係情報(コミック「超次元ゲイム ネプテューヌ めがみつうしん」第4巻、画集「なもり百合姫表紙画集 truth」発行など) »