« PS Vita用ゲーム「ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!」 2種類のティザーCMの放送と配信が始まっています | トップページ | きんいろモザイク 「モザイクロペディア」で原作とアニメ版のコラボ表紙画像が紹介されています »

2013年12月 4日 (水)

のんのんびより 第8話

 テレビアニメ「のんのんびより」、第8話「学校でごはんを炊いた」です。

 秋になり、小鞠は、センチメンタルな大人の雰囲気を感じたいと思っていました。けれど周りを見回すと、分校の皆は農作物の収穫の真っ最中で、そのにぎやかさにイメージを壊されているようです(と言いつつ本人もお芋を掘ってますけど)。

 小鞠は、「大人っぽくなりたい」という気持ちは強くても、そのための具体的な準備とか練習はほとんどしていないみたいです。料理の腕前は今ひとつ、音楽の知識は少なめで、ファッションに疎く、その上恋愛経験もあまり、、、。自分がなりたいものと、実際にしている事の差が大きいために、彼女は苦労しているようです。自分がなりたいものがあるならそうなれるように努力しなければならない所なのでょう。
けれど彼女が(少なくとも今は)そうしていないのは、どうする事が大人につながっていくのかを知らないのか、または単にさぼっているだけなのか、どちらなのでしょうね。

 でもそのわからなさ加減が、コミカルなエピソードにもなってます。クラシック音楽についてほとんどわからないのに知っているふりをする小鞠が、クラシックってどういうものかをぎこちなく説明しています。彼女の言っている事が、間違ってはいないっぽいけど、目の付け所が妙なのが笑えますね。

 子供っぽさという点では、スケッチをしに行くれんげと蛍に小鞠がついて行った時のエピソードにも表れている気がします。(そういえば、この場面でれんげが「にゃんぱす」と挨拶をしてますけど、このせりふが登場したのって、第1話以来のような。CMではけっこう使われてますよね。)蛍が食事を用意するために家へ帰っている間、小鞠はれんげと一緒になって遊んでいます。遊び疲れて2人で眠ってしまうほどで、、、その意味では小学1年生並み、という事だったりするでしょうか?

 小鞠が大人っぽさにこだわるのはなぜなのでしょう。一つには、家族、特に妹との関係があるようにも思えます。
 小鞠は、妹の夏海より背が低い事にコンプレックスを感じているようです。また、分校へ行っても、家へ帰っても(場合によっては寝る時も?)、彼女はほとんど妹と顔を合わせています。いつも騒ぎを起こしている夏海から目が離せない彼女は、小鞠という1人の女の子としての意識よりも、夏海の姉という意識の方が強くなっているのではないでしょうか。姉らしく振る舞わなければ、みたいな気持ちが、「大人」という言葉に目を向けさせているのかもしれません。

 では大人な女性の参考にするとしたら、彼女の周りにはどんな人がいるでしょうね。年上の女性だと、母親はおいておくとして、この話数で初登場のお隣さん、富士宮このみとか、またはれんげの姉で旭丘分校の先生の一穂、れんげのもう1人の姉のひかげ、それに「駄菓子屋」こと楓などでしょうか。思わず見習いたくなる女性がいるかというと、、、小鞠が今の所誰の真似もしていない事から考えて、彼女が憧れるような人はいない?

 小鞠が強い憧れを感じたのは、第2話に登場した、ファッショナブルできれいなお姉さん、だけかも。、、、といってもあれは、蛍がおめかしした姿だったんですよね。さすがに中学生が小学生を見習って大人っぽくなる、というわけにはいかない、かな。
 ところで2人の会話の感じだと、あの時のお姉さんが蛍だったという事は、小鞠は気づいていないようにも見えます。蛍自身も、見間違われたとは思っていないかも。
2人が本当の事を知ったらお互いどう思うのかがやはり気になります。

 少なくとも今は、年の差はあっても仲良くしているようですね。このみが小鞠の部屋に行った時も、2人は部屋の中でくつろいでいました。
 一緒に何かをして遊んでいるわけではありません。小鞠は買ったばかりのポータブルCDプレイヤーで音楽を聴き、蛍は本を読んでいます。
 違う事をしているなら別に2人で同じ所にいる必要はなさそうでもあります。けど離れていったりしないのは、彼女達が2人とも、相手がそばにいてくれるのを心地よく感じているからなのでは、と思えます。
 たぶん、蛍が小鞠のそばにいたくて遊びに行ったのでしょう。小鞠の方も別に嫌がったりはしていなくて、2人だけでまったりと過ごしている(お部屋デート?)場面のように感じられます。

 その後、このみを入れて3人で話している時は、恋愛の話題になったとたんに蛍のラブが全開になっちゃってますね。蛍本人も、小鞠に対する今の自分の気持ちを恋と呼んでいいのかどうか、よくわからないのかもしれません。けどその時の彼女の潤んだ瞳は、紛れもなく恋する乙女のもの(ハートマークも入ってますし)、、、! 彼女にはその気持ちを大事に育てていってもらいたいですね。

 小鞠の方も、蛍が恋している所までは突き止めていながら、その相手が自分だとは気づいていません。この辺りが、彼女が大人っぽくなれない原因だったり、とか?
 蛍も小鞠も、女の子同士の恋愛にはまだ慣れていないのかもしれません。こうなったら小鞠もあまりお姉さんぶらずに、2人で手を取り合って一緒にもっと仲良くなっていけると良いのではないでしょうか。

・「のんのんびより」レビューリスト

|

« PS Vita用ゲーム「ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!」 2種類のティザーCMの放送と配信が始まっています | トップページ | きんいろモザイク 「モザイクロペディア」で原作とアニメ版のコラボ表紙画像が紹介されています »

作品 のんのんびより」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/54140604

この記事へのトラックバック一覧です: のんのんびより 第8話:

« PS Vita用ゲーム「ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!」 2種類のティザーCMの放送と配信が始まっています | トップページ | きんいろモザイク 「モザイクロペディア」で原作とアニメ版のコラボ表紙画像が紹介されています »