« ガールズ&パンツァー コラボ企画「秋葉原上陸作戦です!」が行われています他 | トップページ | その花びらにくちづけを 新作「映画みたいな二人の朝」、「仔猫な恋人」の発売予定があります&「天使たちの約束」のティーザーサイトオープン他 »

2013年12月24日 (火)

のんのんびより 第11話

 テレビアニメ「のんのんびより」、第11話「かまくらをつくった」です。

 激しい雪のために、れんげ達は学校から家に帰れなくなり、学校に泊まります。人数は、れんげ、蛍、夏海、小鞠、一穂(と卓)の6人で、卓は強制的に保健室で1人で就寝、残る5人で布団2組と寝袋1個を分ける事になります。寝袋に1人、布団に2人ずつという割り当てなのですが、寝袋は寒いから、と、布団が人気になっています。

 布団には背の大きい人と小さい人が一緒に寝るのが良さそう、となった段階で、蛍が急にそわそわし始めています。彼女の希望はずばり、小鞠と同じ布団で寝る事、だったのですね。
 ところが彼女は、寝袋で寝たくない夏海と張り合わなければならなくなってしまいます。普段なら、蛍は中学生の先輩である夏海に譲る場面も多いのでしょう。けど小鞠のすぐそばで眠るチャンスだけはどうしても手放せないようで、彼女も一生懸命になっています。

 2人の間ではいろいろな勝負が繰り広げられ、蛍は恥ずかしい思いをさせられたりもしています。それで結局どうなったかというと、、、彼女の望みは叶えられたようですね。本当に夢のような気分で布団に入れたのでは、という気がします。

 ところで旭丘分校のある村では雪って毎年たくさん降るのでしょうか。「駄菓子屋」こと楓がスキーのレンタルをするほどですから、けっこう多いのかもですけど、夏海達地元の子供がスキーの経験がないという事は、実はそれほど雪に慣れていない土地柄なのかもしれません。
 それはそれとして、東京から越してきた蛍にとっては、スキーができるぐらい雪がたくさん降り積もる景色を珍しく感じているようです。皆で学校に泊まった時から既にテンションが高めになってますね。(夜中に外に出て雪と星の風景を楽しんでいる蛍を見て、小鞠と夏海はあまりピンときていませんでした。やはり彼女達は雪慣れしてる?)

 かまくらを作る時も、いつもの物静かな雰囲気とは違ってかなりはしゃいでいます。小鞠達はちょっと驚いていますが、本当はちょっと微笑ましくも思っているのではないでしょうか。態度も(体つきも?)大人びている蛍だって、やっぱり小5の女の子なんだ、と。そして、明るい笑顔を振りまいている彼女を、より愛しく感じているかも、とも思えます。

・「のんのんびより」レビューリスト

|

« ガールズ&パンツァー コラボ企画「秋葉原上陸作戦です!」が行われています他 | トップページ | その花びらにくちづけを 新作「映画みたいな二人の朝」、「仔猫な恋人」の発売予定があります&「天使たちの約束」のティーザーサイトオープン他 »

作品 のんのんびより」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/54359489

この記事へのトラックバック一覧です: のんのんびより 第11話:

« ガールズ&パンツァー コラボ企画「秋葉原上陸作戦です!」が行われています他 | トップページ | その花びらにくちづけを 新作「映画みたいな二人の朝」、「仔猫な恋人」の発売予定があります&「天使たちの約束」のティーザーサイトオープン他 »