« 超次元ゲイム ネプテューヌ 第11話 | トップページ | 「探偵オペラ ミルキィホームズ ~フェザーズ編~」のコミック連載が始まるそうです他 »

2013年10月 4日 (金)

まんがタイムKRコミックス 11月までのラインアップと作品紹介ページが公開されています

 発行芳文社、まんがタイムKRコミックスより、11月発売分までの作品のラインアップが公開されています。「まんがタイムきららWeb」の「新刊情報」のページから見られるようになっています。この中で百合テイストのありそうなものは、次のような所でしょうか。いずれも11/27発売予定となっています。

・「スイート マジック シンドローム」第2巻(CUTEG)
 高校に入ったら友達をたくさん作りたいと願っていた甘子の前に、ある日お菓子の国からやって来た女の子達が現れます。それから彼女達との甘い(?)日々が始まるのですが、この第2巻でもいろいろな「お菓子少女」が出てくるみたいです。甘子とプリン達の間にある関係が「友達」以上に発展していくかどうか期待したい気もしますけれどどうなるでしょうね。

・「かなめも」第6巻(石見翔子)
 風新新聞専売所や学校での日々を皆と過ごしていた中町かなに、何か変化が起きるようです。長い間制作されアニメ化もされたこの作品はこの巻が完結巻となるそうです。かなと久地院美華の関係はどうなっていくのかとか、ゆめとゆうきの百合カップルのいちゃつき具合はどう進展するかとか気になります。

・「TEI OH-!」第2巻(庄司二号)
 入学早々「学校の頂点を目指す」と宣言した財津原葵は、一癖ありそうな生徒達の集まる「帝王部」に入る事に。登場人物の中には女の子大好きな女の子もいたりしますが、全体の百合度としてはどうなっていくでしょうか。なお、この作品はこの巻が完結巻となります。

・「ネガ→ポジ」第2巻(森名尚)
 超ネガティブ娘の綾乃は、学校の寮で音々と知沙と一緒に暮らしています。憧れの黒瀬先輩に励まされポジティブになろうとしている彼女の前に、今度はポジティブ娘の真白が現れるようです。これで綾乃を取り巻く世界がどう変わっていくのでしょうか。そして密かに(おおっぴらに?)綾乃を慕っている音々の気持ちがどうなっていくのかも気がかりです。この作品も、この巻が完結巻となります。
(ちなみにあまり関係ないですけれど、同じ芳文社発行のコミックアンソロジー「つぼみ」では、天王寺キツネさん作の「ネガ⇔ポジ」という作品が掲載されていました。)

 この他、「きらら☆マギカ」からの単行本が、9月、10月に続いて11月にもたくさん発行されるようです。10月に劇場版アニメの新作が公開されるのに合わせて、という事もあるのでしょう。ラインアップはこんな風になっています。

-「魔法少女すずね☆マギカ」第1巻(GAN 作画) 11/12
-「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」第1巻(ハノカゲ 作画) 11/12
-「みたきはら幼稚園まほう組」第1巻(linco 作画) 11/27
-「ぽむ☆マギ」第1巻(九十九 作画) 11/27

 それから、新刊情報のページの雰囲気が少し違っている気がします。これまでだと、各作品の詳細ページが公開されるのは、その本の発売1週間前ぐらいだったように思います。けれど今は、11/27発売分のものの詳細ページも用意されていますね。さすがに表紙画像や「ちょい読み」のページまではまだないみたいですけれど、詳しい情報もいずれは載せられるでしょうから、目印になるページが早めに用意されるのは良いかもです。

|

« 超次元ゲイム ネプテューヌ 第11話 | トップページ | 「探偵オペラ ミルキィホームズ ~フェザーズ編~」のコミック連載が始まるそうです他 »

作品 かなめも」カテゴリの記事

作品 まどか☆マギカ」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/53492272

この記事へのトラックバック一覧です: まんがタイムKRコミックス 11月までのラインアップと作品紹介ページが公開されています:

« 超次元ゲイム ネプテューヌ 第11話 | トップページ | 「探偵オペラ ミルキィホームズ ~フェザーズ編~」のコミック連載が始まるそうです他 »