« 超次元ゲイム ネプテューヌ 第3話 | トップページ | とある科学の超電磁砲S 第16話 »

2013年8月 5日 (月)

戦姫絶唱シンフォギアG 第4話

 テレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」、第4話「あたしの帰る場所」です。

 響達は武装集団「フィーネ」を叩くためにアジトらしい場所へ突入していきました。ですがそこで経験したのは、原因不明のギアとの適合係数の低下、それにギアからの攻撃が効かない謎の存在「ネフィリム」との遭遇。また武装集団が、米国の聖遺物研究機関の一部から暴走したものである事もつきとめられました。そして、マリアが、櫻井了子と同じように「フィーネ」の遺伝子を受け継いだ者である事がわかります。
 相手側の持つ技術力も高いようです。ノイズの発生や動きをコントロールできる「ソロモンの杖」を手に入れていただけではなく、聖遺物の一つ「神獣鏡」を使ったステルス機能を持つヘリコプターも開発しています(といっても基本的には姿を消すだけなので、クリスが「RED HOT BLAZE」で狙った時も、消えた直後ならある程度は攻撃を当てられたかもしれません)。

 マリア達の本当の狙いはまだはっきりしていません。が、言えるのは、戦う相手がノイズという「認定特異災害」ではなく、同じ人間だという事なのですね。
 響達にはためらいもありましたが、相手は待ってくれません。前半では、マリアと翼の激しいバトルが、二課の移動基地の真上で繰り広げられます。

 2人とも、相手をねじ伏せようと全力でぶつかり合っています。翼は前回かがされたガスの影響で適合係数が低くなり、相手への攻撃が自分の体にも衝撃として走っています。
 またマリアの方も、実は「LiNKER」という薬物を使って自分の体をギアに適合させているようです。この薬は奏も使っていたもので、ギアへの適合係数を上げる代わりに、薬を使った人の体への負担がとても大きくなります。

 フィーネのメンバーはアジトを追われ、ネフィリムに使うために用意してきた手持ちの聖遺物のかけらも底をつき始めています。マリアには、巫女であるフィーネに意識を乗っ取られる危険性がつきまとっています。(調や切歌はそうならないようにマリアをあまり戦わせないようにしようとしています。彼女達は「フィーネ」を名乗っていますが、巫女のフィーネと同じ事をしようとしているわけではないっぽいですね。)また、ナスターシャの体もあまり長くは持ちこたえられないようです(彼女は血を吐いていますけれど、もしかしたら彼女も聖遺物適合者の1人だったり?)。
 調と切歌は「正義では守れないものを守るために」戦うつもりらしいです。つまり彼女達は、自分が正しいなどとは思ってもいない、という事なのですね。世界中から憎まれ責められても、彼女達には成し遂げたい何かがあるのでしょう。

 フィーネの側も、二課の側も、皆ぎりぎりの状況で戦いを強いられています(余裕を持っているように見えるのはウェル博士ぐらいでしょうか?)。自分の命がどうなろうとも、譲れない願いがあり、傷つく事もいとわずに、大切な人のために戦いの渦へと飛び込んでいくようです。そんな彼女達の姿勢が、物語に熱い感動を与えているのではないでしょうか。

 といった感じで、このままずっとバトルな物語が続いていくのかと思えたのですけれど、、、後半は大きく雰囲気が変わっていますね。リディアン音楽院の文化祭、「秋桜祭」が舞台になっています。
 勝ち抜き歌合戦では、響のクラスメイトの板場弓美が、安藤創世と寺島詩織を引き連れて出場、「電光刑事バン」を熱唱しています。アニメ好きの弓美は、イベントの副賞の権限を使ってアニソン同好会を作ろうとしているらしく。中でも「電光刑事~」はお気に入りの作品みたいです。(ちなみに公式サイトの用語解説のページにはこの作品についての解説もあるのですが、、、他の用語と比べてもやたら細かく緻密に書かれています。この作品に対するスタッフの方達の熱意が伝わってくるかも? なお、弓美はバンのコスプレをしていて、詩織と創世は宇宙犯罪ギルドのメンバーのコスプレをしています。弓美は創世のキャラが大好きらしいのですけれど、そのキャラの格好を創世にさせるという事は、、、何か好意を創世に抱いていたり、なんて事はないでしょうか。)

 彼女達の舞台を見に来ていた響と未来は、弓美達の姿を見て微妙な表情を見せていました。でもすぐに明るい笑顔になっています。
 未来は、響の表情を見て、改めて「響らしい」と感じているようです。響にはいつも笑顔でいてもらいたいと願う未来。未来自身も、響の笑顔を絶やさないために何か積極的に行動できるようになれると素敵です。会場に行く時に自然に手をつないでいたように、彼女達にはいつでもお互いにふれあって相手を確かめていてもらいたいですね。

 そして、舞台にはクリスが登場します。(響と未来はとても驚いていましたけれど、2人はクリスがリディアンの学生になった事を知らない、わけじゃないですよね?)クリスが舞台に立ったのは、クラスメイト達に勧められたから、らしいです。彼女達が推薦したのは、音楽室でのクリスの様子を見たのがきっかけだったようです。彼女達は、クリスが「とても楽しそうに歌ってたから」だと言います。

 クリスの両親は音楽家だったため、クリスの小さい頃は音楽に囲まれるのが当たり前で、またわずかに残っている両親との思い出なのかもです。その後両親は命を落とし、クリスはフィーネに拾われて、破壊する力を身につけるためだけに育てられてきました。聖遺物「イチイバル」を身にまとい戦う彼女は歌を歌いますが、それは相手を粉々になるまで壊し尽くすほどの殺気立ったものだった事でしょう。

 でもリディアンにいる時は、彼女は戦う必要はありません。自由に歌っていいんだと思えた時、クリスは、歌に対する本当の気持ちを表に出す事ができたのではないでしょうか。幼い頃に戻ったようなあどけない笑顔で楽しそうに歌うクリスの姿は、周りの女の子達を魅了したのでしょうね。

 クリスには、3人の女の子達が積極的にアプローチしているようです。これまでクリスにとって、尻込みしないで話せるのは、響や翼、それに未来ぐらいだったかもしれません。リディアンの女の子達に話しかけられたクリスは、最初の頃はどう応えたらいいのかわからなくて、何も言わずに逃げだしたりしていたみたいです。
 普通なら、人の言う事に返事もしないでいなくなってしまうような女の子を、誰も相手にはしなくなってしまうでしょう。けれど、この3人の女の子は違っていました。何度そっぽを向かれても、しつこいぐらいにクリスに話しかけています。
 彼女達があきらめなかったのは、クリスの笑顔を見てしまったから、なのかもですね。とても楽しそうに歌うクリスが気になって目で追っている内に、彼女の本当の人柄に気づいたのかもしれません。お昼に1人きりで、買ってきたあんぱんを食べている彼女の寂しそうな表情を見て、何とかしてあげたい、と猛烈に思うようになったのではないでしょうか。

 彼女達の気持ちは、クリスが閉じこもっていた壁を越えて、確かに彼女に届いたのでは、という気がします。クリスも、この第4話のサブタイトルにあるような場所を、今見つけられたと感じられたのでしょう。

(クリスが寂しがっているのでは、という点については、たぶん未来も心配していたのではないかと思います。彼女は第1期で、道ばたでけがをして倒れていたクリスを見つけ、助けています。
 クリスがフィーネの手先となって響達を襲っていた事を知る前も知った後も、未来はクリスを気にかけていました。未来にとっては、クリスも他の皆と同じように大切な友達なのですよね。響と同じようにギアをまとって戦うクリスにも、仲良くしてくれる人が増えたと知って、未来も安心したのではと思えます。)

 「教室モノクローム」を歌うクリスの表情は、頬が赤らんでいます。何か新しい喜びで胸があふれているようにも感じられます。
 さらにビジョンは発展して、一面に花が咲き乱れる丘で友達と出会う場面や、白いワンピースを着ている場面など、まるでPVのような雰囲気もあります。こういう演出がさりげなく入るのが、この作品らしさなのかも。何にしても、クリスの喜びが伝わるようなイメージになっています。

 それと、3人の女のこの内、眼鏡の子が特にクリスに近い位置にいるような気がしますね。進んでクリスに手を差し伸べたり、実際に手を握り合ってもいますし、それにクリスとふれあっている時は、3人の中では一番顔を赤くしているような。その気持ちはもうラブとも言えるようなものなのかも。

・「戦姫絶唱シンフォギア」レビューリストレビューセンター

|

« 超次元ゲイム ネプテューヌ 第3話 | トップページ | とある科学の超電磁砲S 第16話 »

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/52757714

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギアG 第4話:

« 超次元ゲイム ネプテューヌ 第3話 | トップページ | とある科学の超電磁砲S 第16話 »