« 戦姫絶唱シンフォギアG 第7話 | トップページ | ラブライブ! 10月から再放送の予定があります他 »

2013年8月26日 (月)

超次元ゲイム ネプテューヌ 第6話

 テレビアニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」、第6話「ラステイションの秘密(ユア・アイズ・オンリー)」です。

 コンパちゃんによれば、「リリーランクが爆上げ」だそうです、、、! プラネテューヌの女神の妹、ネプギアは、なぜかリーンボックスの女神、ベールの所に毎日のように入り浸っています。
 何をしているかというと、、、熱い抱擁? アイエフちゃんやコンパちゃんがやって来てもかまわず彼女達は抱き合っています。

 ネプギアは、ベールの胸の柔らかい感触が癖になってしまっているみたいです。たぶん前回第5話でハグをした時に気づいたんでしょうね。
 ネプギアとしては、姉のネプテューヌが大好きな気持ちは一つも変わってはいないのでしょう。けど、胸の事となると、こればかりはお姉ちゃんにはどうしようもないのかもです(いえ、パープルハートに変身してもらえば何とかなる、かな?)。
 自分の姉はネプテューヌだけ、と思いたいのに、ベールの体の魅力にネプギアはよろめきそうになっています。ベールもそれを狙っているのか、ネプギアを優しく甘やかしています。
 ベールは別に、ネプテューヌ、ネプギア姉妹の仲を引き裂こうとしているわけではないのでしょう。自分も他の女神達と同じように、愛情をたっぷり注げる妹がほしかったんですよね。清楚で物腰の穏やかなネプギアは、彼女にとって妹にしたい女の子ナンバー1だった、という事なのかも。

 では、今のベールとネプギアの間にあるのは、姉妹愛なのでしょうか。何となく、そうとも言えるしそうでないとも言える気がします。最初は2人とも、姉妹として接しようとしていたのかもしれません。けれどふれあっている内にだんだん惹かれ合う気持ちが強くなり、離れられなくなっているように感じられます。
 ベールは、「これからもゆっくり関係を育んでいきましょうね」と言っていて、ネプギアもこれを嫌がってはいません。彼女達は、自分達の間に生まれた感情が何なのか確かめるために、これからもより深くふれあっていくのかも、と思えます。

 こうなると、気に食わない気持ちになるのがネプテューヌですね。大切にふれあってきた大事な妹を他の女神にとられるなんて許せるはずがありません。早速リーンボックスへ大変な剣幕で乗り込んできますが、、、返り討ちに遭っている? 姉妹そろって「攻略対象」になる事を想像して身もだえしてます。ネプテューヌも、女の子同士で仲良くする(いちゃつく)事は嫌いではないのでしょう。

 この状況だと、ネプギアはベールのものになってしまいそうな雰囲気でもあります。けれど、やはりネプギアには、お姉ちゃんのネプテューヌを選んでもらいたいですね。ちょっとした三角関係も、3人それぞれがお互いへの愛情を深めていくきっかけになったりするのかもです。

 ところでこの話数では、ネプギアの別の一面も見えてきているような。ユニの悩みを聞いている時に、「たまたま持ってきた」という「映像を無線で遠隔地に送る目立たない大きさの機械」を取り出しています。他にも女子の必須アイテムとは思えないようなアイテムも持っています。ネプギアは盗み撮りに興味があるのではなく、小さくて高性能な機械に興味があるだけみたいではありますが、単なるおっとりした女の子ではないという所をうかがわせています。

 それにしても、今度の事ではノワールは完全に被害者になっていますね。第2話でも、捕まったロムとラムがいいようにもてあそばれていました。被害が出る前に食い止められない、という点では、この世界観は実はけっこうシビアなのかもです。
 ちなみにラステイションの場面では、ツイーゲちゃんというキャラが登場しています。アニメ版のオリジナルなのだそうです。
 頭に4色の四角形をモチーフにした髪飾りをつけ、語尾は「~びる」って、、、ネプテューヌも驚くほどのキャラ付けです。が、これって大手ソフト会社の社長だった人の事、でしょうか。これまでこの作品ではゲームハードの擬人化やソフト制作会社の擬人化などがされていますけれど、「人の擬人化」っていうのは珍しいですね。でも出番はこの場面だけらしいです。

 出番といえば、前回の最後に登場したピーシェが、犯人を捕まえる決め手になるなどけっこう活躍していますね。この話数の最後にも新キャラが登場していますし、これからさらに作品がにぎやかになっていくのかもです。

 これに対してノワールが、妹のユニにも内緒でしていたのは、1人でコスプレ撮影会? こういう事をしちゃうからネプテューヌにからかわれるのでしょうけれど、ノワール本人としては1人でもかまわないと思ってしまっていたりするのでしょうか。せっかく他の女神達とも仲良くなれたわけですし、もっと他の女の子達とふれあっていっても良いのでは、とも思えます。この先彼女が女の子同士の関係をたくさん築いていくようなエピソードがあると素敵なのでは。

 ノワールの意外な趣味を、ユニは知ってしまいます。ノワールは、姉である自分がこんな性格だった事に妹が幻滅しているのでは、と心配になりますが、そうではなかったようです。姉がそういう事をする時間があるのは、妹である自分が少しは役立っているから、と考えているみたいです。ユニがそう言ったのは、実はコスプレの事で恥ずかしがっている姉への気遣いも含まれていたのかもですけれど、でも姉からもらった言葉に、ユニは姉からの確かな愛情を感じた事でしょう。

・「超次元ゲイム ネプテューヌ」レビューリスト

|

« 戦姫絶唱シンフォギアG 第7話 | トップページ | ラブライブ! 10月から再放送の予定があります他 »

作品 超次元ゲイム ネプテューヌ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/53044301

この記事へのトラックバック一覧です: 超次元ゲイム ネプテューヌ 第6話:

« 戦姫絶唱シンフォギアG 第7話 | トップページ | ラブライブ! 10月から再放送の予定があります他 »