« ドキドキ! プリキュア 第23話 | トップページ | 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 公式サイトがオープンしています&他のゲームとの連動企画もあります他 »

2013年7月14日 (日)

ひらり、 Vol.9

 発行新書館による、年3回刊の「ピュア百合アンソロジー」こと「ひらり、」のVol.9を見てみました。

 表紙イラストは森永みるくさんが担当されています。暗い背景の中、同じ制服を着た2人の女の子が座っています。2人とも厚着ではありませんが同じ柄のマフラーを巻いています(1本を一緒に巻いているわけではなさそうですね、、、)。金髪ショートカットの後ろ側の女の子が、髪をちょっと結った年下らしい前側の女の子を抱えるような姿勢になっています。後ろ側の子が差し出した手のひらの上には、小さな星がきらきら輝いています。彼女達の周りにも星がちりばめられていてファンタジックな雰囲気です。彼女達は、本誌内で森永さんが描かれている作品「お姫様の鏡」の主人公、西江美羽(にしえみう)と藤原凪(ふじわらなぎさ)ですね。

 カラーのピンナップは雨さんが描かれています。セーラー服を着た2人の女の子が、指を絡め合って寄り添っています。金髪ふわふわロングの子は泣いています。黒髪ショートの子が涙が伝う彼女の頬に唇を寄せています。何かロマンチックな雰囲気ですね。

 では収録作品を部分的にご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・お姫様の鏡(森永みるく)
 女子校に通う美羽は、いつ「王子様」に出会ってもいいように、メイクや髪の手入れに気を配っています。一方、先輩の凪は、陸上部のエースで、整った顔立ちとすらりとした手足の持ち主で女生徒達からは大人気です。接点がないと思われていた彼女達ですが、ふとしたきっかけでおつきあいする事に? 美羽は「男の子の代わり」をしてもらおうと考えたようですが、2人の関係はどうなっていくのでしょうね。というかこのエピソードだけではまとまっていないように思えるのですけれど、この後も連載が続いたりするでしょうか。

・少女プラネタリウム(雨隠ギド)
 スズキのクラスにいるサトウはあまり人付き合いが良くないのでしょうか、まるでそこにいないかのように扱われています。またサトウ本人も、特にそれを気にしているわけでもなさそうです。ところがある日、スズキは彼女がクラスでは決して見せない別の表情を見てしまうのですね。それからはどんどん興味がわいていって彼女達の距離は急接近します。それぞれがどういう思いを抱いていくのか、という所でドラマが展開していきます。屋上の場面も感動的ですし、最後のページではちゃんと(?)百合な展開にもなっていますね。

 前に別の記事に書きましたように、この所タイトルに「少女」+宇宙関係の言葉を使っている百合作品がけっこうあるような気がします。本作以外だと、「少女惑星」とか「少女サテライト」など。雰囲気のある言葉の取り合わせなのかもですね。

・少年(紺野キタ)
 宮路は、ある日先輩の葉山密に呼び止められ、奇妙な告白をされます。密としては、女の子が女の子に恋するなんてあり得ない、という観念から割り出した答えだったのでしょう。宮路の方だって今まで女の子を恋愛対象にした事はなさそうですし、それならこのまま何も変わらずに終わってしまうのかというと、、、そうではないんですよね。女の子同士の恋愛についてちゃんと答えが出されていますし、その切り返しが鮮やかです。

・健康診断、ふたりきり(カザマアヤミ)
 健康診断の日に休んでいた穂坂ことみと知花は2人だけで診断を受ける事になるのですが、穂坂から見ると知花はおしゃれで目立っていて、同じクラスでも接点はないようです。が、一緒にいる内に穂坂は、おしゃれだけではない知花の魅力をどんどん見つけていきます。最初は自分の身近なものに似ている事で親近感のようなものを抱いた、といった所なのかもしれません。けれど知花の「女」の部分を垣間見てしまって、もっと別の気持ちに気づいてしまいます。それは今まで感じた事もない感情でしたけれど、嫌だとは思わなかったようですし、彼女達のこれからに期待できそうです。

・リミフレ(ふかさくえみ)
 美津が学校で見かけた「ちっちゃかわいい」自由人の女の子は、黒木という名前で、実は2年も先輩でした。卒業まで半年しかない事もあり期間限定の友達、「リミフレ」になった2人ですが、それだけでは終わらせられない気持ちを、美津は抱いていきます。ふかさくさんらしくコミカルなやりとりを織り交ぜつつ女の子同士の気持ちの結びつきが描かれていますね。

・「ひらり、」レビューリストレビューセンター

|

« ドキドキ! プリキュア 第23話 | トップページ | 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 公式サイトがオープンしています&他のゲームとの連動企画もあります他 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 ひらり、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/52450230

この記事へのトラックバック一覧です: ひらり、 Vol.9:

« ドキドキ! プリキュア 第23話 | トップページ | 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 公式サイトがオープンしています&他のゲームとの連動企画もあります他 »