« 7月からのアニメ作品の予定とその先の制作発表作品など | トップページ | とある科学の超電磁砲S 第11話 »

2013年7月 4日 (木)

戦姫絶唱シンフォギアG 第1話予告カットが公開されています&PVが配信されています他

 7月から放送開始予定のテレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」より、公式サイトが更新されています。第1話の予告カットが見られるようになっています。

 第1話のサブタイトルは「ガングニールの少女」とされています。ガングニールといえば、奏が自分の体に無理矢理適合させギアをまとうために使ってきた後、響が破片を胸に受けて引き継ぐ形になっていました。なのでこのサブタイトルは奏か響の事を意味しているとも思えるのですけれど、、、どうももう1人、ガングニールに関わっている女の子がいるみたいです。
 予告カットは9枚ほどあり、響、未来、クリス、翼といった女の子達の他に、新キャラの姿も見えています。ストーリー紹介の文章は、、、何というか劇的な雰囲気で、内容自体は今ひとつつかみづらい印象ではあります。まあたぶん、第1期と同じように勢いのある(?)物語になっているのでしょうね。

 他には、作品のPVもニコ動から配信されています。長さは30秒ほどです。主題歌らしい曲が流れる中、たくさんのカットが流れ、キャラ達の声も聞こえてきます。驚いた様子の響の口から漏れた言葉は、「黒い、、、ガングニール?」というもの。どうもマリアがまとっているギアはガングニールが発生させたものらしいです(二課がパターン照合すれば本物かどうかはわかるでしょう)。が、色は暗い闇のようで。響は、自分とは違う何かを感じたのでしょうね。
 さらに、調が響を非難するような言葉を叫んでいます。響はその言葉が胸に刺さったのか、今まで自分のしている事が「偽善」なのだろうかと考えそうになっています。

 でもこんな時は、未来が導いてくれるはずですよね。ずっとそばにいて響を見つめてきた彼女なら、響はいつだって誰かを救いたいと胸の底から願っているのをちゃんとわかっていますし、響にそれを伝えて安心させる事もできるはず。
 なので響はすぐに立ち直りそうにも思うのですけれど、、、でも調という女の子との関わりがこれからも続いていくのだとすると、「偽善」の問題がなかなか解決しない、みたいな演出になりそうでもあります。という事は、この悩みは未来でもいやしてあげられないのか、それとも未来が響のそばにいられなくて励ませないのか、とかいろいろ勘ぐってしまいます。響と未来はいつも一緒にいてお互いを励まし合って(+いちゃいちゃし合って)いてもらいたいものです。

 後は、本編の放送は、一番早い所では毎日放送で7/4の26:35から始まる予定ですが、その前に、「2期放送直前! 一挙放送」として第1期全13話の一挙配信が行われます。配信元はニコ生で、7/4の17:00から開始されます。本当に直前ですね。これを見て第1期をおさらいしてから第2期に入る、というのもありかもです。(そういえば、本作第1期のDVD-BOXやBD-BOXとかって今の所発売されていないですよね。第1期の本放送を見ていない人には、BOXがあると一気に見たりする時に役立つかも、という気もします。)

 第1期についてはもう一つ、コミック版の発売もあります。アニメ本編をコミック化した第3巻が7/10に発売予定です。第1巻や第2巻を見た感じでは、吉井ダンさんの作画、金子彰史さんの脚本、上松範康さんの原作と、アニメ版のスタッフが関わっていらっしゃる事もあって、アニメ版のような迫力のある作品になっているように思います。第3巻も同じように盛り上がっているのではないでしょうか。公式サイトの商品紹介のページによると「描き下ろし多数!!」だそうです。

|

« 7月からのアニメ作品の予定とその先の制作発表作品など | トップページ | とある科学の超電磁砲S 第11話 »

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/52313645

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギアG 第1話予告カットが公開されています&PVが配信されています他:

« 7月からのアニメ作品の予定とその先の制作発表作品など | トップページ | とある科学の超電磁砲S 第11話 »