« きんいろモザイク レビューリスト | トップページ | ひらり、 Vol.11の内容紹介ページが開設されています他 »

2013年7月31日 (水)

きんいろモザイク 第3話

 テレビアニメ「きんいろモザイク」、第3話「どんなトモダチできるかな」です。

 以前第1話の回想場面でちょっとだけ姿を見せていた九条カレンが本格的に登場していますね。日本語はちょっと片言だけれど、元気いっぱいで明るくて、忍達とはたちまち仲良しになっています。
 両親がとてもアクティブだからという理由もあって、カレンは思い立って割とすぐに日本に来られたようです。そのためなのか、日本での暮らし方がよくわからず戸惑う事もあるみたいです。ただ1人の相手、アリスだけを追って新しい環境に飛び込んでいったものの、実際に来てから気がついてみると今までの暮らしとのギャップを感じています(こういう所は、忍だけを追いかけてきたアリスの時と似ているかもです)。

 アリス達とは別のクラスになってしまったカレン。学校には他に知り合いもなく、改めて周りを見回せばクラスにいるのは皆日本人で、イギリスにいた時とは全く様子が違っています。それに、日本人の奥ゆかしさが裏目に出ているのか、カレンが話しかけようとしてもクラスメイトは逃げ腰になっています。
 これではさすがのカレンも落ち込んじゃいそうです。でも、そのままにしておかないのが彼女なのですね。明るく元気よく、自分の胸にある偽りのない気持ちをカレンは皆に伝え、クラスメイト達も彼女の思いをきちんと受け止めています。これからカレンは、忍達以外の友達とも、楽しい学校生活を送っていけそうです。

 カレンのしていた事は隣のクラスにも様子が伝わっていました。忍達は安心し、アリスは嬉しくて誇らしい気持ちになったようです。小さい頃に人見知りだった自分を励ましてくれたカレンは、今ここでも、文化の壁を乗り越えたった1人でたくさんの友達を作ってしまった。やっぱりカレンって素敵、とアリスは改めて感じたのでしょう。

 この話数では忍は初めてカレンに会う事になります。アリスから昔の写真を見せてもらった時は、アリスに自分以外の友達がいた事を知って忍は切ない気持ちになっていました。

 ところが実際にカレンが目の前に現れると、もう大興奮しちゃってますね。金髪、美少女、背丈は自分に近くて、話し方が外国人らしく片言で、、、どこをとっても魅力的に見えてしまっているようです。

 これを見て、今度はアリスの方が切なくなっています。アリスは忍に会いたくて一生懸命日本語を勉強したというのに、片言の方が魅力的なんて言われてしまうと、どうしたらいいのかわからなくなってしまうのでは。
 アリスが迷っている間にも、忍がカレンに自分を「シノ」と呼ばせるようにしていますし、カレンは(自分の国の習慣に従って)忍に挨拶のキスをしたり、他の人にはない何かを忍の優しさの中に感じています。カレンの方も忍に興味を持っているのは明らかと言えそうです。

 こうなってくると、もうなりふり構ってはいられなくなります。アリスは、忍が何でもできると主張していますが、これは、他の人が知らない忍の一面を自分だけが知っているとアピールしたかったのかもしれません。それに、ありもしない「シノ部」を作り上げて、忍と自分の関係を強調しています。

 こんなアリスの行動も、綾や陽子から見れば微笑ましいもののようで、「焼き餅を焼いている」と感じられるぐらいらしいです。でもアリス本人としてはとても必死なんですよね。自分が忍の中で一番の女の子なんだという証を、彼女は求めているのではないでしょうか。

 、、、なのに、彼女のアピールはなかなかうまくいかないようです。忍が天然なせいなのかどうかはわかりませんけれど、アリスの意思表示はあまり忍には伝わっていない雰囲気です。
 それどころか彼女は他の人達の会話に入っていけないような場面も幾つか描かれています。うつむき加減になってしまう彼女の表情が寂しそうです。

 何かアリスが報われていない感じがしちゃうんですよね。忍には、金髪とか片言といった表面的な部分ではなく、もっと深い気持ちでアリスに対して愛情を抱いている、という所を示してもらいたいように思います。

 この他では、綾と陽子の関係についても語られています。中学の時に転校してきた綾の面倒を陽子が見ている内に、2人は仲良くなっていったようです。
 最初綾には、陽子に甘えるような気持ちもあったのでしょう。でもそれは揺るぎない信頼へとだんだん変わっていって、高校生に成長した今では密かな愛情になっているのでは。
 陽子の方も、綾に積極的に話しかけていったのは、放っておけなかったから、だけではないのでしょうね。綾というかわいらしい女の子と一番に親しくなりたいと感じているのでは。

 最後の方の場面で、2人が並んで歩く後ろ姿が描かれています。昔も今も変わらない、綾と陽子の暖かいつながりは、これからも続いていくのでしょう。

・「きんいろモザイク」レビューリスト

|

« きんいろモザイク レビューリスト | トップページ | ひらり、 Vol.11の内容紹介ページが開設されています他 »

作品 きんいろモザイク」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/52687771

この記事へのトラックバック一覧です: きんいろモザイク 第3話:

« きんいろモザイク レビューリスト | トップページ | ひらり、 Vol.11の内容紹介ページが開設されています他 »