« アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」 PV第2弾が公開されています&放送情報詳細やゲーム版「PP」の壁紙配信など | トップページ | ゆゆ式 第11話 »

2013年6月24日 (月)

映画「ジェリー・フィッシュ」 公式サイトがリニューアルオープン&特報映像が配信されています

 8月から上映開始予定の映画「ジェリー・フィッシュ」の公式サイトがリニューアルされています。(なお、この作品は年齢に制限があります。)

 これまでは、映画のタイトルやキャスト、スタッフ、シネマート六本木で上映される事などが書かれていたぐらいでした。今度はいろいろな情報が追加されています。

 作品のストーリー紹介については、以前沖縄国際映画祭に出品された時のものとだいたい同じになっているようです。が、文章の上には作品からのカットらしい写真が置かれています。主人公の宮下夕紀と篠原叶子が、手をつないだり寄り添ったり、図書室でキスをする場面などが(それ以外も、ですけど)ありますね。

 「Cast&Staff」の項目では、夕紀役の大谷澪さんや叶子役の花井瑠美さんなどの紹介が写真入りで掲載されています。また「Production Note」によると、監督の金子修介さんは、「1999年の夏休み」も手がけられているのですね。この作品は、登場人物は男の子達という設定なのですが、そのキャストは全員女性で、ビジュアル的には百合な雰囲気があったりします。こういう作品を撮影されている監督であれば、女の子同士の恋愛というテーマもより深く描かれるのかもです。

 気になるのは作品がどんな雰囲気になっているか、ですね。その辺りは、今配信されている予告篇の映像から少し感じ取れそうでしょうか。 ある日、水族館に来ていた夕紀は、クラスメイトの叶子に声をかけられ、その場でキスをしてしまいます。それからはお互いを求め合うようになるのですが、叶子はいつの間にかボーイフレンドを作り、夕紀も他の男性を誘ってしまいます。夕紀と叶子、2人の関係がどうなってしまうのか、という所がクライマックスになりそうです。

 女の子同士で恋愛する事について、作品の中では、周りの人達は驚いたり距離を置こうとしたりしているようです。まあこういうタイプの恋愛に詳しくない人だとそんな反応にもなってしまうのでしょう。夕紀と叶子は、この厳しい状況の中で、さらにお互いを信じられるかどうかという問題まで抱えてしまうのかもしれません。作品のコピーの「生きてることを感じる瞬間」という言葉からも、恋愛事情よりはどう生きていくかの方に重点が置かれている、とも言えそうです。全体的には、女の子同士の関係と青春の悩みなどが重なった、ちょっと苦いテイストの物語だったりするでしょうか。できれば百合について希望が持てるような内容になっていると素敵なのですけれど、実際にはどうなのでしょうね。

 原作は雛倉さりえさんが16歳の時に書かれた小説だそうです。この作品は今後新潮社から発行される予定だそうです。

 作品の上映劇場は、今の所、シネマート六本木をはじめ15館での公開が予定されています。だいたいの映画館で、8/31から公開されるようです。

|

« アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」 PV第2弾が公開されています&放送情報詳細やゲーム版「PP」の壁紙配信など | トップページ | ゆゆ式 第11話 »

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/52165537

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ジェリー・フィッシュ」 公式サイトがリニューアルオープン&特報映像が配信されています:

« アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」 PV第2弾が公開されています&放送情報詳細やゲーム版「PP」の壁紙配信など | トップページ | ゆゆ式 第11話 »