« とある科学の超電磁砲S 第9話 | トップページ | 「ゆるゆりプレミアム」はプレミアムな? アイテムセット »

2013年6月19日 (水)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話

 「スペシャルエピソード」としてテレビ放送ネット配信が行われているアニメ「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」、第16話「軌跡」です。

 圧倒的な力で配牌に影響を与える淡。ですが彼女の場の支配は完全ではないようです。配牌をかき乱されてもそこから立ち上がり高得点をたたき出していく選手がいます。

 1人は、新道寺の鶴田姫子。白水哩とのダブルエースで、哩が試合の時にあがった倍の飜数で、同じ局に姫子があがれるという力を発揮します。倍となると点数も大きく、一度撃ち抜かれれば他の選手はかなりの失点になります。

 もう1人は、千里山の清水谷竜華。彼女自身はデジタル打ちで得点を重ねていくタイプなのですが、この試合に限ってはちょっと様子が違っています。彼女の太ももに宿った(?)「怜ちゃんパワー」が、要所で彼女を助けていますね。とはいっても竜華はそれに頼り切るのではなく、自分の持つ全力を出してもいます。

 姫子と竜華にはそれぞれ大切なたった1人の女の子がいます。その子との絆のおかげで、彼女達は強くなれているのでしょう。
 淡には、2人の力の源が何なのかまではわかっていないかもしれません。今の彼女は、自分に刃向かってくる者を力でねじ伏せる事にだけ興味があるように見えます。相手に高得点であがられても、それを上回る得点を稼いで優位に立てばいい、という考えのようです。(これが例えば龍門渕の天江衣の場合だと、対戦相手を「海の底」に引きずり込んで身動きをとれないようにしてからじっくりとあがる、というやり方ですよね。やはりキャラによって場の支配の仕方は別になっているみたいです。)

 淡は姫子と竜華に目をつけていましたが、さらにもう1人、穏乃が力を発揮し始めます。前の半荘でも少しだけ目覚めかけていましたが、今度は本格的なようですね。
 彼女は2回戦(第7話「信念」)で、局面に応じて素早く手を変えていくという、すさまじいデジタル打ちとも言えそうな打ち筋を見せていました。でも今度のはそれとも別の何か。これは、吉野の「山」を駆け巡っていた彼女だから手に入れられた力らしいです。そういえば後半戦では、対局する彼女達の周りに、いつの間にかもやのようなものが漂っていますね。知らない内に3人は穏乃の支配にはまっていたようです。
 そしてもう一つ、特徴になりそうな打ち方が少し出ています。晴絵は「直感的」と表現していましたけれど、これって「山」の力とは直接の関係はないようにも思えます。となると、これからの戦いの中でこの打ち方が生きてくる場面がもあったりするでしょうか。

 さて百合な部分としては、姫子と哩が何気なく存在感があった気がします。この2人のあがりがつながっている事については他の3校の女の子達は気づいているようで、何度か話題になっています。そのたびに、姫子と哩の仲よさそうなビジュアルが画面に大きく出てくるのですよね。2人とも制服姿で、お互いに背中を預け合って腕を組んだりしている様子が描かれています。しかもとても嬉しそうな表情で、、、。姫子と哩、という組み合わせを思い出そうとすると、誰だってこんないちゃいちゃな姿が目に浮かぶのかもです。
 それと、試合中に姫子が言っていた言葉も気になります。2人の能力について、自分達は「つながった」と言い表しています。何というか意味深な言葉ですよね。彼女達がつながった時、具体的に何があったのでしょう。その辺りを描いてもらいたい気もしますけれど、どうなるでしょうか。

 竜華と怜は、試合会場と病院とで離ればなれになってしまっています。気持ちがつながっているのは間違いないとしても、やはり試合の後はお互いじかにふれあえる方が、2人ともとても安心できるでしょう。もしかしたら、作中に描かれていない部分で、竜華は怜の所へ走っていって抱き合ったりしているのかもですね。

 穏乃達阿知賀女子のメンバーの間では百合なエピソードはどうでしょうか。晴絵が準決勝への思いを話す時や、試合会場に連れて行ってと頼む時などに、灼がときめいている雰囲気があるかも。でも晴絵の場合は健夜との関係も考える必要がありそうです。
 その一方で、例えば宥と玄や穏乃と憧といった辺りではあまりなさそう? 穏乃、憧、玄の場合は和との関係も気になる所なのですけれど、そちらはどうなるでしょうね。

 和といえば、この第16話では、姿を見せても声は出さない、という場面が続いていました。このまま何も言わないのかなと思ったら、最後に少しだけ話しています。そのせりふは、第1話(放送は1年以上前になります)の時と同じもの。何というか物語が大きく巡っていくのを感じさせます。この後、和と穏乃達はどんな風に向き合っていく事になるのでしょうか、そこに感動的なエピソードがあるのを期待したいです。

 ところで、和は副将ですよね。清澄と阿知賀女子が対戦するとしたら、相手は、、、灼? 彼女は和とは面識はないですし、だったら穏乃か憧か玄が相手になった方が盛り上がりそう、なんて思ったりもします。これからオーダーが変わる可能性はありそうでしょうか。

 それともう一つ気になっているのは、咲と和のエピソードだったりします。第1期の第25話の最後では、全国大会の対局のイメージが流れる中、咲と和の気持ちのすれ違いを暗示するような場面がありました。2人で一緒に買って交換した小さなぬいぐるみのキーホルダーが地面に落ちていて、雨が降る中彼女達が切なそうな顔をしている、というビジュアルです。
 全国大会で雨が降っていた時って、「阿知賀編」では第8話「修行」の辺りだったようにも思います。その時に咲と和の間に何かがあったのかもしれません。その辺りが「全国編」で描かれていくのかどうかが興味深い所です。できれば百合な雰囲気満載で展開されると素敵ですね。

・「咲-Saki-」レビューリストレビューセンター

|

« とある科学の超電磁砲S 第9話 | トップページ | 「ゆるゆりプレミアム」はプレミアムな? アイテムセット »

作品 咲-Saki-」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/52105576

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第16話:

« とある科学の超電磁砲S 第9話 | トップページ | 「ゆるゆりプレミアム」はプレミアムな? アイテムセット »