« アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」 放送局情報や主題歌情報などが公開されています | トップページ | その花びらにくちづけを 新作「白雪の騎士」のティーザーページオープン&ビジュアルが雑誌掲載される予定です他 »

2013年5月27日 (月)

戦姫絶唱シンフォギアG 公式サイトがリニューアルオープンしています&放送情報やプレミアム上映会の予定などが発表されています

 7月から放送開始予定のテレビアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」より、公式サイトがリニューアルオープンしています。これまでは響達シンフォギア装者3人のビジュアルがメインでしたが、今度はストーリーキャラクターなどのページにアクセスできるようになっています。

 「ストーリー」のページによると、物語は第1期「戦姫絶唱シンフォギア」の第13話から数ヶ月後とされています。フィーネは倒したものの、ノイズはまだ人類の脅威となっています。ノイズに対抗できるのはシンフォギアシステムのみ。それを扱える装者である立花響、風鳴翼、雪音クリスは危険な任務をこなしているようです。そしてまた新たな事件が起きていくのでしょうね。

 「作品紹介」のページに書かれている所では、「新たな装者達が登場」とされています。何人登場するのか、どんな人となりなのか、何を目的としているのか、装者になるために必要な「聖遺物」はどうやって手に入れたのか、、、など気になる所はたくさんあります。こういった部分は実際に物語を見て確かめていく事になるのでしょう。(そういえばトップページに載せられているビジュアルで響達がまとっているギアも、前のデザインから少し変わっていますね。何かパワーアップさせるような出来事があったりするのかもしれません。)

 けれどもっと気になるのは、前にも少し書きましたように、小日向未来がどのように物語に関わってくるか、だったりします。彼女はシンフォギア装者ではありませんが、自分のできる限りの力で響を応援していました。今度も未来は響にとって一番愛しい相手だと思いたいのですけれど、サイトを見ているとあまり前面に出てきていない感じなのですよね、、、。
 トップページは装者3人がかっこよく決めているため未来は登場を控えている、とも言えそうです。が、ストーリー紹介でも彼女については詳しく書かれていませんし、キャラクターのページには掲載もされていません。「スタッフ&キャスト」のページでは名前が出ている(声は井口裕香さんが担当されます)ため登場する事は間違いないものの、できれば響(声は悠木碧さんが担当されます)のそばに寄り添っていてもらいたい気もします。
 ちなみに作品の公式Twitterアカウントでのプロデューサーの方からのメッセージでは未来のかわいらしさが愛でられています。物語の上でも、彼女には響にとって重要な位置づけでいてもらいたいですね。

 それから、本放送の前に、本作第1話のプレミアム上映会が行われるそうです。「スペシャル」のページに開催概要が書かれていますが、トップにあるイラストでは弦十郎が目を見開いて驚愕してますね。このイラスト(それとトップページにある「上映会開催決定」と書かれたボタン)の上にカーソルを合わせると画像がぶるぶる震えます。それほどの驚き、という事なのでしょう。
 上映会の開催日時は6/24 19:00から、場所は新宿ミラノ1とされています。またゲストとして碧さんと翼役の水樹奈々さん、クリス役の高垣彩陽さんが参加されるそうです。申し込みは告知ページにある応募フォームから、6/7までに行ってください。

 作品の放送は、MX TVBS11などで行われます。どのような感動の物語が描かれるのか、期待したいですね。

|

« アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」 放送局情報や主題歌情報などが公開されています | トップページ | その花びらにくちづけを 新作「白雪の騎士」のティーザーページオープン&ビジュアルが雑誌掲載される予定です他 »

作品 戦姫絶唱シンフォギア」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/51801349

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギアG 公式サイトがリニューアルオープンしています&放送情報やプレミアム上映会の予定などが発表されています:

« アニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」 放送局情報や主題歌情報などが公開されています | トップページ | その花びらにくちづけを 新作「白雪の騎士」のティーザーページオープン&ビジュアルが雑誌掲載される予定です他 »