« きんいろモザイク PV第2弾公開&キャスト5名が発表されています | トップページ | AKB0048 next stage 第11話 »

2013年4月 5日 (金)

ビビッドレッド・オペレーション 第11話

 テレビアニメ「ビビッドレッド・オペレーション」、第11話「つたえたい想い」です。

 れいがこれまでにしていた事を知って、あかね、あおい、わかば、ひまわりはそれぞれショックを受けています。それにれいも、4人がぐるになって自分をだましていたんじゃないかと思い、彼女達に強く反発しています。これであかね達とれいの立場の違いははっきりして、もう元に戻す事ができなくなってしまいそうです。

 が、あかね達は、れいの部屋へ行って彼女がどんな暮らしをしていたのかを知り、れいの事を4人で深く考え語り合います(オールしちゃうほど(!)です)。その結果4人が行き着いた答えは、同じでした。れいとの間にお互い言えない秘密があったとしても、相手を思う気持ちはやっぱり変わらない、と。

 特にあかねは、れいに対して強い思い入れを持っているのでしょう。前回は2人で一緒にご飯を食べ、お風呂に入り、同じ部屋で2人きりで寝ています。そして小指を触れあい、、、。その時あかねは、れいが理由もなく皆に迷惑をかけるような子じゃないと確信していたのではないでしょうか。

 れいの事をもっと知りたい、自分達の事をれいに知ってほしい、そう強く思ったあかね達は飛び出していきます。あかねはれいと話し合いたいと言っていましたけれど、それよりも彼女の行動の方が、その気持ちをれいにストレートに伝えている感じですね。2人を分けていたものが崩れ去るという場面にも、彼女達がより近づいていけるイメージがはっきり表されている気がします。

 ところが、という部分で厳しい出来事が起きていますね。あかね達人類にも、「彼ら」にも、この状況はあまり良いとは言えなさそうです。あかねとれいは、もう一度ふれあう事ができるのでしょうか。

 そういえば途中の場面で健次郎が、ビビッド・システムの力の源とも言える「友情」について、水、空気、光と同列で名前を挙げていました。世界の根本的な構成要素と同じぐらいに扱われているという事は、あかね達の世界ではそれぐらい友情パワーが大事だという意味なのでしょう。あかね達には、友情という名のもとに、もっといちゃいちゃしてもらいたいものです。

・「ビビッドレッド・オペレーション」レビューリスト

|

« きんいろモザイク PV第2弾公開&キャスト5名が発表されています | トップページ | AKB0048 next stage 第11話 »

作品 ビビッドレッド・オペレーション」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/51149965

この記事へのトラックバック一覧です: ビビッドレッド・オペレーション 第11話:

« きんいろモザイク PV第2弾公開&キャスト5名が発表されています | トップページ | AKB0048 next stage 第11話 »