« ガールズ&パンツァー 第10話 | トップページ | その花びらにくちづけを 「玲緒っぽいらじお」第42回 »

2013年1月 4日 (金)

つぼみ Vol.21 その2

 「となりの」では、少し距離ができていた幼なじみの
さくらと夏希が、もう一度接近するきっかけが生まれて
います。これで彼女達は元通りになれるのでしょうか、
それとも、、、? 「ふたり」の主人公は第1話とは別に
なっていますけれど、ちょっとした部分でつながりが
出ているようですね。その仕掛けは次にも続いていきそうな
雰囲気です。

 発行芳文社による百合アンソロジー「つぼみ」の
Vol.21を見てみました。以前に別の記事でも書いて
いますので、よろしければそちらも見てみてください。

つぼみ Vol.21

 では前に書いたもの以外の作品について一部
ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・となりの(rin)
 高2になった春、さくらが自分の新しい教室へ行くと、
隣の席に夏希が来た。夏希はさくらの幼なじみで小さい
頃はよく遊んだが、だんだん疎遠になり、この頃は話す
事もなくなっていた相手だ。
 さくらと夏希は久しぶりに同じクラスになったみたい
ですけれど、実は家がお隣同士。クラスでも家でも本当に
「となりの」なのですね。これは腐れ縁だと言う事も
できるのでしょう。でもさくらの場合は、距離が近かった
ために、見間違えていた本当の気持ちに気づけたのでは。
でも夏希が気づくのはもうちょっと先?

・ふたり にわめ(大朋めがね)
 みさは、きりっとした表情が似合うイケメン女子だが、
色気のある話題にはとことん弱い。友達の恋愛談義を
聞いただけですぐ赤くなる。だが興味がないわけではない。
みさは、恋人のあかりを呼び出した。
 みさは、恥ずかしがり屋ですが実は大人な事にとても
興味があるのでは。友達の言葉を聞いて急にそのスイッチが
入ったみたいです。そのまま暴走すると、あかりにも自分
にも、あまり良くない事になりそうな所。ですが彼女達の
場合、女の子同士だからこそ、無理をしないで少しずつ大人に
なっていく事ができるのかもしれません。
 ベッドの上でふれあっている彼女達の様子がなかなか良い
かもです。お互い愛し合っているのは確かで、それを
どうやって形に表していこうかと試していこうとする
雰囲気が、恋人同士って感じです。
 喫茶店の場面で、勘違いしたみさが急に大声を出します。
このせりふはどこかで聞いたような、と思ったら、Vol.20
掲載された第1話で、隣の席にいた景子と素子が聞いて
いるのですね。この作品は第1話と第2話で主人公が
交代していますが、物語の舞台は同じらしく、ヒロイン達
がストーリー中にあちこちで関係してくる、という構図
なのかも。ちょっと面白そうですね。
 ちなみに喫茶店の場面では、みさとあかり、景子と素子
の他に反対側の席にも女の子が座っていたみたいです。
その子が主人公になるストーリーが「さんわめ」になる?

・十二月のスノウメルト(コバノ)
 クリスマスの日、清依(きよい)は、1人で寂しそうに
たたずんでいる小さな女の子に声をかけた。相手の事は
知っている。自分が幼い頃に家政婦をしていた女性の娘だ。
名前はともという。
 清依も、ともの母親も、お互いに相手の事をとても大切に
思っているのでしょう。昔も、今も、その気持ちは全く
変わっていない、、、でも相手に伝わらなければ相手がどう
感じるかをもっと考える必要があったのかも。でも、
まだまだ遅くはないでしょう。最後のコマで抱き合って
いるのが誰と誰なのかを見れば、期待できそうですね。

・ベジタブルリラ(ヨリコ)
 夏休み、久しぶりに祖母の家へとかなめは遊びに来た。
が、鍵がかかっていて誰もいる様子がない。どうしようか
と迷っている時に、突然背後から女の子が飛びついて
きた。相手は昔よく遊んだ、みのりだった。
 かなめとみのりは久しぶりに会ったようで、最初は
何だか緊張している雰囲気です。けれどちょっとした事
でも一緒にこなしている間に、だんだん打ち解けていく
みたいです。そんなに時間がかからずに、昔の関係を
取り戻せているようですね。後は百合な関係を築くだけ(?)
ですけれど、その辺りはどうなのでしょうか。
 途中の場面ではかなめとみのりの恥ずかしい所を2人の
女の子が見てしまっていました。この内の1人は後の
場面でも登場しています。もしこのストーリーが続くなら、
彼女達にももっと出番がありそうな感じですね。そこでは
やはり彼女達なりの恋の形を見せてもらいたい所です。

・前略、百合の園より(須河篤志)
 百合は慣れない待ち合わせをしていた。相手は美園。
彼女に漫画を見せる約束で、自分の部屋へ招待したの
だった。忍以外を部屋に入れた事がなかったため、
百合は妙に緊張してしまう。
 百合の部屋にお呼ばれして、美園も実はけっこう
テンションが上がっているのかもしれません。それに、
忍の存在を知って急に不機嫌になったり、(百合は男性
同士を題材にした漫画を描いているのに)女性同士の
方法を教えようとしたり、冷静に見れば百合に友達以上の
感情を抱いているのは丸わかりかも?

・「つぼみ」レビューリストレビューセンター

|

« ガールズ&パンツァー 第10話 | トップページ | その花びらにくちづけを 「玲緒っぽいらじお」第42回 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 つぼみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/48690773

この記事へのトラックバック一覧です: つぼみ Vol.21 その2:

« ガールズ&パンツァー 第10話 | トップページ | その花びらにくちづけを 「玲緒っぽいらじお」第42回 »