« 「その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち」アワード受賞コメント公開&新作「アトリエの恋人たち」のティザーサイトがオープンしています | トップページ | ゆるゆり コミックス第4巻限定版が「りた~んず」で限定復刻の予定です&「大室家」の連載配信情報など »

2013年1月28日 (月)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 作品は16話構成になるそうです&ブルーレイ&DVD第7巻、第8巻の仕様変更他

 現在「スペシャルエピソード」として第14話がテレビ放送予定で、ネット配信も予定されているアニメ「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」より、スペシャルサイトで監督の小野学さんへのインタビュー記事が掲載されています。その中で、本編が16話構成になる事について説明されています。

 本作は、第12話までの1クールが放送されている間に、全15話構成になるという発表が行われていました。今度はそれがさらに増えて全16話となるのですね。(ちなみにインタビュー記事によると、15話にする事はかなり最初の内から決まっていたのだとか。でも発表されたのは割と後の方でしたよね。できれば早く知りたい所です、けれど、制作の都合や手配のタイミングなどがあったりするのかもです。)

 話数がさらに1話増えたのは、原作の小林立さんに書かれている壮大な物語を描ききるため、らしいです。全15話構成になる時にも、似た事が言われていましたので、そこからさらに構想が膨らんだのかもです。

 また、1話の長さについても、第13話の時と同じように30分番組としての枠をぎりぎりまで広げた放送時間(本当に30分近くあります)はキープされるようです。もともと第13話から第15話までの3話で長さが4話分ぐらいになると言われていましたから、そこへもう1話分が追加されて、かなりのボリュームになりそうです。この中で、阿知賀の穏乃達が戦う準決勝とその結果が描かれていくのだそうです。

 この準決勝では、阿知賀をはじめ、白糸台、千里山、新道寺、それぞれの学校の個性的なメンバーが登場します。麻雀での特殊能力の発揮だけではなく、メンバーの女の子達の間に通い合う気持ちなども緻密に描かれていくのでしょうね。インタビュー記事には見所になる場面などについても少し紹介されています。百合テイストも多めになるように期待したい所です。

 それから、作品のブルーレイ&DVDの仕様が変更になるそうです。本作の応援ブログ記事に内容が紹介されています。
 今は第7巻第8巻の情報が公開されていますが、それぞれの値段が引き下げになるようですね。ブルーレイ、DVDともに下げられています。
 第7巻と第8巻については、それぞれに第13話と第14話、つまり1話ずつが収録される予定になっています。第13話から後は本編の時間が長くとられているとはいえ、以前の値段では、テレビアニメ2本分と同じぐらいだったので、ちょっと高いかなという気はしていました。今度の引き下げで、もう少し手が出しやすくなったかもですね。
 第7巻は2/20、第8巻は3/20の発売予定となっています。その後は、第15話や第16話を収録したものがリリースされるのでしょう。それぞれの話数で、感動的な物語が紡がれていくと良いですね。

 なお、今は第7巻のジャケットイラストが、商品情報のページで紹介されています。描かれているのは、阿知賀と千里山、それぞれの次鋒戦と中堅戦の選手、宥と憧、泉とセーラですね。第13話では彼女達の戦いがクローズアップされていますので、その辺りがジャケットからも期待できるのではないでしょうか。

|

« 「その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち」アワード受賞コメント公開&新作「アトリエの恋人たち」のティザーサイトがオープンしています | トップページ | ゆるゆり コミックス第4巻限定版が「りた~んず」で限定復刻の予定です&「大室家」の連載配信情報など »

作品 咲-Saki-」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/49040115

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 作品は16話構成になるそうです&ブルーレイ&DVD第7巻、第8巻の仕様変更他:

« 「その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち」アワード受賞コメント公開&新作「アトリエの恋人たち」のティザーサイトがオープンしています | トップページ | ゆるゆり コミックス第4巻限定版が「りた~んず」で限定復刻の予定です&「大室家」の連載配信情報など »