« コミックス「コレクターズ」 第1巻が発売です | トップページ | その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」と、挿入歌のクリスマスソングが発売です »

2012年11月30日 (金)

百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.9と「ひらり、コミックス」2冊が発売です

 きらきら光る星に囲まれて、女の子達が育てていく
「ヒミツの想い」、、、。今度の号にもたくさんの作品が
収録されていて、女の子同士の甘くて切ないストーリー
が展開されていくようです。この他、コミックスも
2冊が同日発売予定です。一つは短編集、もう一つは
ネット配信されていた作品をまとめたものです。

 発行新書館、百合コミックアンソロジー「ひらり、
Vol.9が発売となっています。またコミックスも
2冊が同日発売となっています。

 本誌の表紙イラストは、森永みるくさんが担当
されています。やや暗い夜のような場面で、制服を
着た2人の女の子が座っている様子が描かれて
います。かっこいい系の女の子が、かわいい系の
女の子を後ろから包み込むような姿勢になって
いますね。2人はマフラーをしていますし、お互いに
体を温め合っているのでしょう。
 そして彼女達の体の周りには、きらきら光る
星がたくさん、、、。空に輝いているのではなく
すぐ近くにあるみたいです。後ろの子が差し出した
手のひらの上ではひときわ大きな星が光って
います。ちょっと幻想的な雰囲気ですね。

 森永さんは本誌には初参加となります。この
表紙の他に、コミック作品「お姫様の鏡」も掲載
されているそうです。本誌ではどのような百合
ストーリーが描かれていくのでしょうか。

 その他、Vol.9の紹介ページでは収録作品が
カット付きで紹介されています。連載作品や
読み切りなどいろいろありそうです。このページ
に挙げられているのは21作品。今度も多くの
作品を堪能できそうです。

 また、コミックスも2冊が同日発売となって
います。一つは、大沢あまねさん作の「彼女×彼女
(カノカノ)」です。ネットの無料配信コミック
Webウィングス」で連載されていた4コマ作品
です。
 毎回別の女の子達を主人公にしたオムニバス
形式の百合作品ですね(といっても、前後編や
3話連続ものがあったり、中には男の子(体が、
ですけれど)が主人公のエピソードもあったり
します)。中でも私立の私服校、茜女学院を
舞台にしたストーリーが割と多くなっています。
(ちなみに本誌の方に掲載された作品でもこの
学校の生徒が主人公になっているものがあります。)

 もう一つは、ささだあすかさん作の「ふわふわの
きもち」です。こちらは本誌に掲載された読み切り
作品を集めた短編集となるようです。
 表題作「ふわふわのきもち」をはじめ、女の子達
が友情から一歩先へ踏み出すぐらいの感覚が
描かれている感じでしょうか。学生の女の子達の
初々しいふれあいが多く見られそうです。
 それと、ある作品で脇役として顔を出していた
子が別の作品では主人公になっている、といった
設定もあるようです。こんな風に作品同士が
ゆるくつながっているのも面白いですね。

 これらの発売を記念して、ショップ特典が
用意されています。Vol.9の紹介ページの下の方に
内容が書かれています。COMIC ZINでは、
森島明子さんの描き下ろしイラストカード
プレゼントするそうです。コミックスの方もそれぞれ
の絵柄のイラストカードをプレゼントするとの事
です。さらに、大沢さんとささださんの合同サイン会
が行われるとか。日付は12/9(日)、場所は
COMIC ZINの秋葉原店です。参加要領などが
ありますので詳しくはイベント告知のページを
見てみてください。
 他の購入特典となっている、ふかさくえみさんの
描き下ろしポストカードについては、近い内に
対象店舗を発表するらしいです。いずれの特典も
先着順だと思いますので、気になる方は、
こまめにチェックしておくのが良いかもですね。

|

« コミックス「コレクターズ」 第1巻が発売です | トップページ | その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」と、挿入歌のクリスマスソングが発売です »

百合リマインダ」カテゴリの記事

雑誌 ひらり、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/48041019

この記事へのトラックバック一覧です: 百合アンソロジー「ひらり、」 Vol.9と「ひらり、コミックス」2冊が発売です:

« コミックス「コレクターズ」 第1巻が発売です | トップページ | その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」と、挿入歌のクリスマスソングが発売です »