« その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」のデモムービーがダウンロード配信されています他 | トップページ | ガールズ&パンツァー 第4話 »

2012年11月 5日 (月)

つぼみ Vol.19 その3

 「恋愛のできないお仕事」では、リナはまだまだ
自分に向けられた愛情に気づいていないみたいです。
彼女の百合な恋愛感情が描かれるには、連載しかない?
「銭湯ハワイ」はこれまでネットで配信されてきました
けれど、これで本誌進出、でしょうか。作品の世界観も
広がっていくと面白いかもですね。

 発行芳文社による百合アンソロジー「つぼみ」の
Vol.19を見てみました。以前に別の記事でも書いて
いますので、よろしければそちらも見てみてください。

つぼみ Vol.19
つぼみ Vol.19 その2

 では前に書いたもの以外の作品について一部
ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・恋愛のできないお仕事(コダマナオコ)
 阿佐ヶ谷リナ、21歳。ようやく手にした憧れの
仕事は、千葉名産のピーナッツを宣伝する超局地的
ご当地アイドル、「ピー☆ガールズ」だった。センター
ではあるがピーナッツのかぶり物をかぶらされている。
 リナは彼女なりに一生懸命努力しているみたい
ですが、なかなかチャンスが来なかったようです。
夢を叶えるために必死な彼女は、小さい頃からずっと
寄り添っている小春の思いに気づく暇がない? リナ
にも、百合な恋愛にときめいていって、小春の気持ち
に応えられるようになってもらいたいものですね。
 ストーリー的には、まだ展開していないように
思えますけれど、作品としてはこれから連載されて
いくのでしょうか。それと、「ピー☆ガールズ」の
もう1人のメンバーにも百合な出会いがあったり
すると素敵ですね。

・大正水玉奇譚(ていか小鳩)
 おてんばな女学生の柏城ハルは、家の者が止めるのも
聞かず、いつものように袴姿で木によじ登り見晴らし
を楽しんでいた。が、ふと見上げると、同じ年頃の
女の子が空にふわふわと浮かんでいるのが目に入った。
 ハルは、幽霊なんて噂ぐらいでしか聞いた事がない
でしょうし、霞子自身も自分がどういう存在なのか
わかっていないようです(実際に彼女は幽霊ではない
みたいです)。そんな不安定な状況では、気持ちが
通じ合えてもすぐ離ればなれになってしまう危険性も。
そこで彼女達がどうするかが重要なのでしょう。
 ハルと霞子が、藤涼院の屋敷の窓をのぞき込んで
女の子を見つけた時、ハルはその子が美人だと思って
いましたが、霞子に似ているとは考えていません
でした。ハルは、どんな姿であろうとも霞子への
気持ちは変わらないのでしょうけれど、彼女に
とっての霞子がどういう存在なのかはちょっと気に
なります。
 それと、実体の霞子がもともとああいう姿だった
としたら、幽体の彼女のプロポーションがどこから
来ているのかというのもよくわからないですね。
作品を読んでいた時は、霞子がハルに憑依した時に
食べた栄養がすべて実体の方に移っているとかなの
かなと思っていました。
 後は、タイトルにある「水玉」って、やっぱり
「カルペス」の事なのでしょうか? 「ハイカラ」な
飲み物は女学生達の合い言葉になる、という事なの
でしょう。
 それから、「ちぇんじ、かすみこ!」が笑えますね。
霞子も実はけっこうおてんばなお嬢様なのかもです。
その点では、ハルとはとても気が合うのでは。

・16歳のトリセツ(とび)
 光希はクラスメイトのケイから告白され、晴れて
恋人同士に。だが、朝起こされ、学校へ行って授業
を受けて、と、生活は今までと何一つ変わらない。
光希は友達の葉月を連れ出して相談した。
 光希とケイのつきあい始めのエピソードを見ると、
割とあっさりした感じですね。光希は恋愛関係に
あまり執着がないのかとも思えたのですけど、実は
意外と乙女だったようです。それに対して、告白した
側のケイはぐいぐい押していく、とも予想したの
ですが、こちらもけっこううぶな雰囲気かも。
 光希が葉月を引っ張り回していると聞いたらケイは
嫉妬しちゃうかなと思いましたが、そんな様子では
ないみたいでした。たぶん光希もケイも、葉月の
事は全面的に信頼しているのでしょう。それと、
葉月も含めて彼女達が、女の子同士の恋愛を
すんなりと受け入れている所も良いかもです。

・花と星 第10話(鈴菌カリオ)
 沢子に対する自分の気持ちに気づいてしまった
詩織。彼女は沢子と話し合うために、下駄箱に
手紙を託し、待ち合わせに指定した放課後の理科室
で待った。しかし相手はいつになっても現れない。
 ついに2人の間で恋する気持ちのやりとりが
始まってますね。とはいっても彼女達の場合は
一筋縄ではいかないらしく、ちょっとしたもめ事
のようになってしまっています。でも、それぞれ
の胸の中にある思いが本物なら、壁を乗り越える
事はできるのでしょうね。

・銭湯ハワイ 番外編(かずといずみ)
 板橋こずえは、クラスメイトの湯浅清(ゆあさきよ)
を陸上部に誘いたがっていた。毎日授業後すぐに
家へ帰る足の速さをかっているのだが、あまりに
速すぎていつも声をかけられずにいた。
 清の足が速いから、自分と同じ陸上部に入って
ほしい、と思うのは順当な所なのでしょう。けど
こずえの想像の中では、清と彼女が仲良くする姿が
猛烈に浮かんでいます。実は陸上部は口実で、彼女
は純粋に清と仲良くなりたいのかも? 彼女の思いは
通じるでしょうか。
 この作品は、本誌の公式サイトで配信している
つぼみwebコミック」で掲載が始まったものです。
そのため本誌に最初に収録されるエピソードが
「番外編」になっているんですね。こういう位置関係
ができるのも、本の発売とネット配信両方を行って
いるからなのでしょう。
 ネット配信の方では、銭湯ハワイの常連になった
OLの熊王かすみが主人公で、彼女も清にはときめいて
います。なのでこずえとの間で取り合いになったり
、、、なんて事はこの作品では起きないですよね。

・しまいずむ
その26 なつのむし その27 とける(吉富昭仁)
 ひろみはサキの家に来て、畳に寝転び涼んでいた。
ひろみの家の方が豪邸だし快適なのではないか、と
サキが尋ねると、サキの家の方が落ち着く、とサキは
言葉少なに答えた。
 さすがに遥や芳子達よりずっと年上なだけあって、
ひろみとサキは大人なひとときを過ごそうとしている
みたいです。けれど見た目と違って意外にうぶな
ひろみはなかなか先に進めず、、、。サキは、そんな
彼女には不満を感じているのかな、とも思いましたが
実はかえって愛情を感じているみたいです。
 作中では、ひろみとサキの出会いの頃のエピソード
が少し描かれています。そこから今の関係になるまで
にはいろいろあったんでしょうね。その辺りはこの後
描かれる予定はあるのでしょうか。
 それと、「なつのむし」というタイトルを見ていて
ちょっと思い出しました。以前吉富さんが一迅社の
百合姫Sに描かれていた作品のタイトルは「夏の蟻
というものでした。何か通じるものがあったりするの
かもですね。

・「つぼみ」レビューリストレビューセンター

|

« その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」のデモムービーがダウンロード配信されています他 | トップページ | ガールズ&パンツァー 第4話 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 つぼみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/47761180

この記事へのトラックバック一覧です: つぼみ Vol.19 その3:

« その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」のデモムービーがダウンロード配信されています他 | トップページ | ガールズ&パンツァー 第4話 »