« りさみや劇場 第3話 | トップページ | 咲-Saki- 「阿知賀編」第4巻が発売です »

2012年11月23日 (金)

ガールズ&パンツァー 第5.5話

 これまでの話数の映像が流れる中、みほのナレーション
で第5話までの彼女達の経験が語られていきます。
いろいろな事が起きていって、その時みほがどんな
風に感じていたかが少しわかるのではないでしょうか。
そして戦車の解説となると、優花里の登場となります。
憧れのみほと一緒に進行できるとなればとても
張り切ってしまいそうですよね。

 テレビアニメ「ガールズ&パンツァー」、第5.5話
紹介します!」です。
 この回は第1話から第5話までの総集編という
位置づけになるようです。映像とせりふには放送
されたものが使われていて、そこへさらに新録の
ナレーションが入っています。
(なお、このエピソードが入った影響で、後の
話数の放送予定は1話ずつずれるそうです。本作は
全12話構成らしいのですが、第12話は、同じ
時間帯の放送枠がとれなくなってしまうみたい
です。具体的にどうやって第12話を放送
するのかなどについては、いずれ発表される
との事です。)

 前半で物語の説明をするのは、みほですね。
乙女のたしなみとされる武道、戦車道の科目が
なかった大洗女子学園へ転入してきた彼女が、
沙織や華といった友達に出会い、一度は捨てた
戦車道にもう一度向き合おうと決意する流れが
描かれています。
 みほと同じチームのメンバーになる紗織、華、
優花里、麻子をはじめ、生徒会やバレー部など、
戦車道に関わっていく登場人物達が紹介されて
いきます。これだけでもかなりの数のキャラが
いますよね。これから全国大会を戦っていく
間にはもっと増えて行くみたいですから、かなり
にぎやかになるのでしょうね。

 前半の最後と後半では、優花里がナレーション
に登場し、みほと一緒に戦車の解説をしています。
もともと戦車が大好きで、みほにも憧れている
彼女は、生き生きと戦車の説明をしてますね。
映像の方でも、みほの姿を見て頬を赤く染めて
いる優花里の姿などが描かれています。

 これまでのストーリーの感じだと、優花里は
みほの家の西住流戦車道を尊敬してはいる
みたいです。けれどそれ以上に、みほという
女の子を大事に思うようになった雰囲気が
あります。みほに出会うまでは、優花里は、
みほも西住流も同じものだと考えていたと
思われます。けれどみほと、姉のまほとの
やりとりを目の前で見た時、彼女は断然みほの
味方になろうと思ったでしょうね。それは
場合によっては、憧れていた西住流に背を向ける
事になるのかもしれません。けどそれでも、
優花里は迷いはしないでしょう。それぐらいの
魅力を、彼女はみほに感じているのでは、と
思えます。

 紗織や華、それに麻子も同じ気持ちなの
でしょう。みほと知り合い、つきあいを深めて
いくたびに、彼女達はみほとの強い関係を作って
いくように思えます。
 ところで最初、紗織と華がみほと友達になる
辺りを、もうちょっと詳しく見てみたかった気も
します。すぐに仲良しになれるのは気が合う証拠
だとは思うのですが、何か印象的な出来事が
あってお互いに近づく事ができたなら、より強い
絆が生まれるようにも思いますし。まあその辺りは
これからの彼女達の密接な関係に期待、でしょうか。

・「ガールズ&パンツァー」レビューリストレビューセンター

|

« りさみや劇場 第3話 | トップページ | 咲-Saki- 「阿知賀編」第4巻が発売です »

作品 ガールズ&パンツァー」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/47989711

この記事へのトラックバック一覧です: ガールズ&パンツァー 第5.5話:

« りさみや劇場 第3話 | トップページ | 咲-Saki- 「阿知賀編」第4巻が発売です »