« その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」の体験版が公開されています&記念イラストやキャラ全員のサンプルボイス、「りさみや劇場」配信他 | トップページ | コミック百合姫2013年1月号とコミックス2冊が発売です »

2012年11月16日 (金)

りさみや劇場 第1話

 驚くほどの広い知識を持った美夜に、璃紗はなかなか
太刀打ちできません。頭がいいから授業を受けなくても
いい、なんて理屈は通らない、そう考える璃紗は、
果たして美夜を教室に連れ戻す事ができるのでしょうか。
2人はゲーム初登場のキャラですから、こういう風に
ストーリーが描かれていくと、彼女達がどんな人か
わかって良いですね。

 サークル「ふぐり屋」さんによる百合作品シリーズ
「その花びらにくちづけを」では新しいブランド
として「ゆりんゆりん」がスタートします。その
第1弾作品となる「ミカエルの乙女たち」は11/30に
発売予定です。(なお、この作品やサイトには、
アクセスするのに年齢に制限があります。)
この作品のヒロイン、璃紗と美夜のエピソードを描く
ミニドラマの配信がニコ動YouTubeで始まっています。
タイトルは「りさみや劇場」、第1話のサブタイトルは
追いかけっこ的日常」です。(こちらは制限のある
内容ではなさそうです。)

 ここでは、教室からいなくなってしまった美夜を、
璃紗が探し出す場面から始まっています。美夜はよく
授業を抜け出しているらしいです。璃紗は責任感が
強く、クラス委員長でもあるため、美夜を何とか
連れ戻そうといつも駆け回っているようです。
(ゲーム版では、そういう2人の姿を見ている
クラスメイト達が、彼女達を相思相愛だと思い込んで
しまうみたいです。)

 璃紗は庭園でまったりしている美夜を見つけます。
というか反対に見つけられて声をかけられてますね。
もうこの辺りから既に美夜の方が璃紗より優位に立って
いるかも? 会話をしていてもうまく言いくるめられて
追い返されそうになっています。
 その後、何とか思いとどまって反撃に出る璃紗。
ですが、学生なんだから授業を受けなさいという
正当な言い分も、美夜の巧みな話術の前ではなぜか
意味のないもののように聞こえてきてしまいます。
 しかも、美夜は口が達者なだけではなくそれなりの
実力も持っているようです。「クイズ」では、璃紗は
美夜に全く歯が立たないっぽいです。

 そして結果的には大負け、、、。もしかしたら、2人の
このやりとりは、いつも1セットになって繰り返されて
いるのかもですね。

 責任感の強い璃紗は、美夜にちゃんと授業を受けて
もらえるようになるまで、決してあきらめないの
でしょう。彼女の中では、学生のあるべき姿がきちんと
あって、美夜が何と言おうともそれは揺るがないもの
と思われます。
 それに、璃紗は、美夜に教えてあげたいのでは
ないでしょうか。クラスメイトと経験を共有するのは、
たとえそれが授業であっても、重要な意味を持つの
だと。
 それともう一つ、璃紗自身の気持ちもあると思いたい
ものです。この第1話では璃紗の恋心みたいなものは
あまり出ていません。本人も自覚はしていないように
感じられます。けれど、彼女が美夜を追うのは、
単純な責任感だけではないはず、ですよね。

 後は美夜の方ですけれど、、、彼女も、璃紗には
何かを感じているのでしょう。1人の時間をクラス
委員長に邪魔されるのが嫌なら、もっと徹底的に
逃げ回るでしょうし、この回の最初の場面のように
自分から相手に声をかけたりはしないでしょう。
授業に出るつもりはさらさらないけれど、璃紗と
おしゃべりはしたい、と彼女は考えているのでは。
 また最後の場面で彼女がつぶやいている言葉も
気になります。美夜は璃紗を、単なる暇つぶしの
遊び相手と見なしているのでしょうか、それとも
もっと深い気持ちなのでしょうか。恋心の芽生えの
ようなものがあるとしても、美夜がそれを自覚できて
いるのかどうかも重要になりそうです。

 といった感じで、ここでは璃紗と美夜がどんな
女の子達で、2人の間にどういう関係があるのか
なども少しだけですけど見えてきているようです。
まだゲームは発売されていませんから、このような
企画があると、新キャラ達の性格などもわかって
きて良いですね。
 2人とも、言葉遣いは丁寧で、お互いを「さん」付け
で呼んでいます。こういう話し方は、お嬢様学校の
ミカ女生粋の生徒っぽいです。麻衣のような庶民派(?)
ではない? それから、2人の会話の中で、ミカ女で
「モデルをしている生徒」がいるという話題が出て
います。これって、紗良の事ですよね。こういう
表現があるとやはり世界観の広がりを感じます。

 この「りさみや劇場」は、全10話が制作される
予定です。ふぐり屋さんのサイトにある「お知らせ」
のページに書かれている所では、前半の5話は
ゲーム版で描かれる物語の前の出来事、後半の
5話はゲーム版の後の出来事になるらしいです。
ゲームと一緒に見ればより理解が深まるかも
です。
 また、既に第2話も配信されているんですよね。
もしかしたら、ゲーム版が発売されるまでに
5話分を配信しちゃおうとしている? ともかく
百合なエピソードがたくさん見られるのは素敵
なのではないでしょうか。

・「その花びらにくちづけを」レビューリストレビューセンター

|

« その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」の体験版が公開されています&記念イラストやキャラ全員のサンプルボイス、「りさみや劇場」配信他 | トップページ | コミック百合姫2013年1月号とコミックス2冊が発売です »

作品 その花びらにくちづけを」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/47887943

この記事へのトラックバック一覧です: りさみや劇場 第1話:

« その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」の体験版が公開されています&記念イラストやキャラ全員のサンプルボイス、「りさみや劇場」配信他 | トップページ | コミック百合姫2013年1月号とコミックス2冊が発売です »