« 百合☆恋 Girls Love Story Vol.2が発売です&「彩百合」の定期発行予定 | トップページ | ひらり、 Vol.8 その3 »

2012年10月10日 (水)

ひだまりスケッチ×ハニカム 第1話

 ゆのはひだまり荘の後輩達のためにいろいろ
教えてあげたいと思っているようです。けど
ちょっと空回り気味なのは、先輩慣れしてない
から? 3年生達の修学旅行中は、いつか来る
未来のための練習期間なのかもです。それと
3年生達の方は彼女達なりに百合な雰囲気に
なっているようです。

 テレビ放送が始まったアニメ版第4期に当たる
ひだまりスケッチ×ハニカム」を見てみました。
第1話のサブタイトルは「5月6日~5月15日
狭い日本そんなに急いでどこへ行く
」と「5月16日
~5月18日 どこでもでっかいどー
」です。
 ひだまり荘にいたゆのは、下の部屋からにぎやかな
話し声が聞こえてくるのに気づいた。切れ切れに
言葉は届くものの、何の話題で誰が話し合って
いるのかはわからない。彼女は遠巻きに、宮子、
なずな、乃莉の部屋を回って疑問を解決しようと
するが、肝心の人が集まっているヒロの部屋に
だけは立ち入ろうとしない。庭で宮子とうろうろ
する内に戸が開いて、ヒロと沙英、それにクラス
メイトらしい3年生達が顔を出した。

 ゆのは何だかいろいろなものに興味津々な
様子で、3年生達が何を話し合っているかに
ついてもとても知りたがっています。でも直接
部屋に乗り込んだりしないのは、彼女らしい
ちょっと照れ屋な面が表れているのかも。
 5月という事は、ゆのがひだまり荘で暮らし
始めてから1年が過ぎたぐらい、生活にも慣れた
事で周りに興味が広がり始めた、とも言えそう
です。

 3年生達は集まって修学旅行の相談をしていた
らしいですね。アパートはやまぶき高校の目の前
にありますから、放課後の集合場所としては
ちょうど良いのでしょう。今までのシリーズでは、
住人以外の生徒がひだまり荘にいる場面って
あまりなかったように思いますけれど、実は割と
人の出入りはあるのでしょうか。といっても
たまり場になるほどではないのでしょうね。

 修学旅行へ出かけるヒロと沙英を(盛大に?)
見送ったゆのは、ちょっと寂しい気持ちになって
います。帰省している間は別としても、ヒロ達が
何日もひだまり荘にいないのは彼女には初めての
経験らしいです。
 でも、何日どころではなく、2人がずっといない
状況はいつかはやって来る事なのですよね。後
1年もしない内に、2人が卒業してしまうと、、、。

 ゆのはそこまで意識して暗い気持ちになったり、
とかまでには今はなっていないようです。いずれ
考えなきゃならないものなのでしょう。けれど
ここではそれより、一番お姉さんになった自分が、
宮子とともに、後輩の乃莉やなずなのために
何かしてあげられる事はないかと思いを巡らせて
います。
 大好きなヒロや沙英にしてもらって嬉しかった
事。今度は自分達が乃莉となずなにしてあげる番、
と考えているのでしょうね。それはひだまり荘の
住人としての責任、というよりは、大切な人達との
愛情のやりとりなのではないでしょうか。

 結果的にゆのの機転は、それほど利かなかった
みたい、、、ですけれど、あまり気にしないで
もっといろいろな事でふれあっていけば良いの
でしょう。乃莉やなずなも、ゆのを信頼している
でしょうし、たくさんおつきあいしていきたいと
考えているのでは、と思えます。

 2年生ペア、1年生ペアの百合エピソードには
これから期待するとして、この第1話では3年生
ペア(と夏目)の百合な雰囲気が割と出てますね。
ヒロと沙英は、出かける前から「ハネムーン」を
連想させずにはいられない空気を作っているみたい
です。それに2人だけの時も、何だかヒートアップ
する展開があるようで。ヒロが乗り物酔いを
心配していた時、沙英が安心させようと声を
かけます。が、そのせりふでヒロは思わずときめいて
しまっています。作家である沙英ならその言葉が
どういう意味を持っているのかわかるとは思います
けれど、そこまで意識しなくてもナチュラルに
歯の浮くような言葉を言えてしまうのが、沙英
なのでしょうね。

 夏目は、旅行前に買い物をしている時、偶然
デパートで沙英達を見かけます。こういう場面
では陰から見守るのが精一杯らしい夏目。でしたが、
ちょっとしたきっかけで接近できていますね。
沙英のコーディネートも彼女の望み通りになった
ようですし、夏目にとっては嬉しいハプニング
だった事でしょう。
 アニメ第3期「ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほし
みっつ)」では、夏目の出番はやや少なかった
ような気もします。が、この分だと第4期では
彼女と沙英とのエピソードがたくさん描かれて
いきそう? 期待したいですね。

 この話数では、旅行先でも沙英と夏目が関わって
います。2人はそれぞれA組とB組と別のクラス
ですが、温泉では皆一斉に入浴しています。沙英と
同じ湯船につかる事ができて、夏目は実はとても
嬉しいのではないでしょうか。(誰に遠慮する事も
なく、大好きな人と同じお風呂に入れるのは、
女の子同士の百合な関係ならでは、ですよね。)

 やまぶき高校では3年間クラスが固定なの
だそうで、夏目は入学してからずっと、沙英とは
別のクラスでした。ですからこういうクラス合同
の行事は、夏目にとっては数少ないチャンス、とも
言えそうです。
 ところが自分に素直になれない彼女は、なかなか
沙英に近づいていけません。温泉でも、同じ湯船
には入っているものの、場所は遠く離れています。
 でも、夏目のクラスメイト達は、彼女の気持ちの
深い所まで心得ているのですね。自分達といるよりも
沙英の所へ行けば、と、けしかけています。

 この場面では、彼女達はそれ以上の行動には
出ていません。夏目が、自分達を大切に思って
くれている事を素直に口に出したため照れて
しまったのでしょう。けれど、この先も何かと
夏目を沙英にくっつけようと行動してくれるのでは
ないでしょうか。彼女達がいい仕事をして、夏目と
沙英がふれあうような出来事が、このシリーズ中
にも描かれたら素敵かもです。

 後は、エンディングの映像も良い感じですね。
ゆの達の着ている服が、振り袖のような東洋風の
デザインでかわいらしいです。皆ふわふわと
飛び回るように動いているのがファンタジック
で、それだけではなくゆのと宮子、ヒロと沙英が
向かい合って手のひらを合わせている所も
百合っぽくて素敵です。

・「ひだまりスケッチ」レビューリストレビューセンター

|

« 百合☆恋 Girls Love Story Vol.2が発売です&「彩百合」の定期発行予定 | トップページ | ひらり、 Vol.8 その3 »

作品 ひだまりスケッチ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/47410073

この記事へのトラックバック一覧です: ひだまりスケッチ×ハニカム 第1話:

« 百合☆恋 Girls Love Story Vol.2が発売です&「彩百合」の定期発行予定 | トップページ | ひらり、 Vol.8 その3 »