« ひだまりスケッチ×ハニカム 第3話 | トップページ | その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」のデモムービーが公開されています他 »

2012年10月25日 (木)

その花びらにくちづけを 「玲緒っぽいらじお」第40回

 40回という記念の回でもありますし、ゲストは
やはりこの人、ですね。でも呼ばれたのは収録のその日
だったようで、、、それでもちゃんと来てくれる所に
愛を感じます。番組中は彼女達はどこかゆったりした
雰囲気を醸し出していて、2人で一緒にいる喜びを
感じているようです。そういう所も百合っぽいです。

 サークル「ふぐり屋」さんによる百合作品シリーズ
「その花びらにくちづけを」より、ヒロインの1人、
川村玲緒をパーソナリティとしたWebラジオ、
玲緒っぽいらじお」の第40回です。声の担当は
杏花(あんずはな)さんです。
(なお、「その花びらにくちづけを」のシリーズは
年齢に制限がありますが、ラジオ番組の方には
制限はないようです。また、同じ学校を舞台にした
全年齢対象シリーズ「はなひらっ!」もあります。)

 オープニングでは、第38回の時と同じように、
「東京都の杏花さん」からお便りが。今度は、「秋の
行楽と言えば?」というお題が出されています。
出てきた答えは、、、「ハロウィン」と「紅葉狩り」、
なので一致はしなかったようです。

 という事でここでは、ゲストとして麻衣(声は
和泉あやかさんが担当されています)が来ています。
第40回というちょうどの数字ですので、記念に
彼女が登場するのはあり得る事と思えます。
 けど2人のトークを聞いていると、あやかさんが
呼ばれたのはこの回の収録当日だったようですね。
前から予定されていたのではなく当日呼ばれたの
だとしたら、場合によってはゲストがいない可能性も
あったという事? 記念の回ですし、本当に来て
もらえて良かったですね。
 あやかさんも、そろそろ呼んでもらいたいと
思っていたようです。そのためか、花さんから
電話がかかってきたら二つ返事で収録への参加を
決めたみたいです。ご本人もおっしゃっている
ように、あやかさんはこの番組については「やる気」
でいっぱいと言えそうです。(スタジオで撮った写真
では、あやかさんらしい人が「Yaる気」のポーズを
見せてますね。)

 オープニングではうまく「同調(シンクロ)」する
事ができなかった玲緒と麻衣。でもこれって、他の
ラジオ番組のコーナーなのですよね。
(ちなみにこの他にも、番組中では「生存戦略」とか、
「私、気になります!」など他の作品の言葉が出てきて
います。)
 これを聞いていてちょっと思ったのですけど、
それなら「玲緒っぽいらじお」オリジナルの企画を
考えてみるというのはどうでしょう? ゲストが来た
時に、お互いの気持ちを合わせて番組を始められる
ような何かをするとか。
 ポイントとして、この番組では同じ人が来る場合が
少ないですから、失敗して気まずさを引きずらない
ように、必ず成功するようなものにしておくのが
良いかもしれません。何かそういうちょっとした
事ができると面白そうです。
 、、、という事も考えつつ、でもオープニングの
ミニドラマも捨てがたいかも。特にゲストが来ている
時はドラマの中でせりふの掛け合いができますから、
そちらも聞きたいですし、、、悩みますね。

 まあそれはそれとして、オープニングのトーク
では、暑さが続いている話題が出ています。このまま
では地球は、、、なんて話している時に、麻衣が玲緒に
質問しています。
 「もし地球上に2人きりになったらどうする?」、、、
これはけっこうロマンティックな質問なのでは、と
思えます。麻衣も、自分達の愛を確かめられるような
答えを期待していたのかも。

 それで玲緒の答えはというと、、、「子作りをする」
だそうです。しかも即答でした。それはそれでまあ
大切ですし愛のある事ではあるのでしょうけれど、麻衣
の予想は超えていたかな?

 考える必要がありそうなのは、どうやって子供を
産むか、ですね。麻衣のアイディアでは、玲緒と麻衣、
どちらかの姿をした子供しか産まれてこないでしょう。
でも玲緒が言うには、ちゃんと2人の中間の子も生まれる
そうです。彼女は何かうまい方法を思いついているの
かも?

 さてオープニングが一段落すると、2人はちょっと
落ち着いた雰囲気になっています。この余裕は何か
というと、この第40回と次の第41回は2回録り
なのだとか。何かやりたくてできなかった事があっても
すぐに次の収録ができるため、慌てずに番組を
進められる、みたいな状況なのでしょう。ラジオ番組
などでは、2回録りであってもあまりはっきりとは
言わないように思いますが、この番組ではけっこう
あっさりとばらしてますよね。それが「らしさ」なの
かもです。

 お便りでは最初、「その花」のキャストが決まった
いきさつや、花さん達が声優になったきっかけなどを
質問する内容が読まれています。、、、けれど、麻衣、
というかあやかさんは別の事が気になっているみたい
です。
 このお便りを出した方は、前回の放送で「あやかたん
大好き」というメールを出していた方だったんですね。
あやかさんとしては、そのすぐ次の回、自分が呼ばれた
時に花さんがまた読んだため、気になってしまった
ようです。
 当の玲緒、というか花さんは、そこまではあまり
意識していなかったのでしょうか、驚いています。
そしてそのまま答えもあやふやな雰囲気に。ここは
実は、あまり突っ込んではいけない2人だけの世界
なのかもです。

 「その花」のキャストについては、少なくとも
花さんとあやかさんは制作側からの指名で決まったの
だそうです。他の新しいキャラはオーディションが
あるのかもしれないとか。まあそういう細かい部分
まではキャストには伝えられていないのでしょう。
 同人作品の場合は、声優の方達のサンプル音声を
聞き比べて決めたりもするらしいですね。となると、
今度の商業化第1弾、「ミカエルの乙女たち」で新しく
ヒロインになる璃紗や美夜のキャストはどうやって
決めているのでしょうね。2人がゲストに来れば
教えてもらえる、かな?

 花さんが声優になったきっかけも少し語られて
います。学校で先生に進路を相談した時は、最初は
堅い職業と声優と、2つの希望を伝えていたらしい
です。いずれ声優をやるとしても先にきっちりした
仕事をこなしておいた方が良いのでは、と考えて
いらっしゃったのですね。
 それに対する先生の答えが、声優の方がいいんじゃ
ないかというものだったそうです。花さんご本人は
謙遜していらっしゃいますけれど、周りから見ても
この職業が一番適していると考えられていたの
でしょう。
 時間を守るとか、挨拶をする、といった心構え(?)
のようなものについても言われています。声優
だけでなく、仕事をするとしたらそういう部分にも
気を配る必要があるんでしょうね。

 時間の話題では、早起きが大変、とも言われて
います。玲緒は学校へ行くのに朝が苦手なんですね。
 今では麻衣が起こしてくれるから安心していられる
らしいです。けど作中では、麻衣が風邪を引いて
学校を休んだエピソードがあって、ちょっと大変
だったようです。
 玲緒本人もですが、麻衣の代わりに玲緒の面倒を
見てくれたクラスメイト(キャラに名前がつけられて
いないため、A、B、C、Dと呼ばれています。
ちなみに4人とも声が似ているのは、キャスティング
の関係なのか、、、それとも偶然でしょうか)が、
人見知りの玲緒に振り回されてしまったようです。
玲緒が悪気ではない事は4人ともわかっているの
でしょうけれど、さすがにこの時は、麻衣が学校に
登校してきて、正直助かった気持ちになっていた
みたいです。やはり麻衣と玲緒の組み合わせが一番
ぴったりくるのでしょう。

 このエピソードを話していた玲緒は、4人にも
ちゃんと名前があると良いのに、と言っています。
玲緒的には、仲良くなったあの子が、と話す時に、
名前がはっきりしていた方がより親しみがわくと
考えたみたいです。確かに、作品のプレイヤーや
読者としても、名前があるとキャラを指し示しやすい
ですし、キャラ達の普段の暮らしぶりを想像したり
(2次創作をしたり)する時に、より作品に親近感を
持てるのでは、とも思えます。
 早くも含めてすべてのキャラに名前をつけるのは
大変かもしれません。けれど公式としてそういう
設定が作られたりするととても楽しそうですね。

 といったような話題でゆったりと、しかも親密な
雰囲気で盛り上がっている麻衣と玲緒ですが、トーク
の途中で急に音声がフェードアウト、、、。おしゃべり
に熱中しすぎて「尺」が合わなくなったのかも
ですね。それでも彼女達の愛情のあるトークが
たくさん聞けるのは素敵ですよね。できればもっと
話していてもらいたいぐらい?

 コーナーの方では、「ミカ女美術部」が行われて
います。絵描き歌は割と短めでしたが、実はその分
難易度が高かったみたいです。2人は相当苦労した
みたいですけど、例によってできあがった絵は
プレゼントされるため公開されてませんね。どんな
できあがりだったんでしょうか。

 他に「グローバルゆりんゆりんをお勉強しましょ」
もありました。お題は「裸エプロンで荒ぶる鷹の
ポーズ!」を英語で、、、。突然こんなせりふを
聞かされたら何事、って思うのでは。でも「その花」を、
というか「玲緒っぽいらじお」を聞いていたら
わかるかな?

 そういえば、海外のリスナーのクレイグさんが
作った動画のメッセージを、玲緒が見たと言って
ますね。それってもしかして「杏花さんに御機嫌よう
(今は「Greeting to Anzu Hana」になっています)
というタイトルの動画でしょうか。
 この動画では、アメリカでイベントが行われた時、
クレイグさんをはじめ海外の「その花」ファンが
集まって録画したらしいです。皆で「ぽいちゃ!」と
挨拶していて、楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

 後は、今進行中の企画も紹介されています。この番組
独自の「百合の神様」のビジュアルを作る、というもの
です。シリーズに登場するキャラの特徴になる部分を
1つずつ持ち寄って合わせる事で神様のイメージを
作っていくのですね。
 その特徴についてはリスナーから募集しているの
ですが、まだ数はそれほど多くないようです。そこで
玲緒が思ったのは、応募がなかった部分を埋める
「デフォルト」のキャラを決めておいた方が良いのでは、
という事。
 神様っぽいキャラは、、、と麻衣が考えたのは、エリス
です。確かに、金髪で青い瞳、北欧系のハーフの彼女は、
ギリシャ神話に出てくる女神のイメージがありますね。
彼女をベースに、他のキャラの特徴が組み合わさったら、
どんなビジュアルができあがるでしょうか。これは
リスナーの投票次第でもありますし、気になる所です。

 それから告知も行われています。この番組で告知って
かなり珍しいので、玲緒もやる気になっているみたい
です。
 内容は、10/8開催の「GirlsLoveFestival8」に、
ゆりんゆりんが出展する、というものです。(この
記事を書くのが遅すぎて過去の出来事になっちゃって
ますけれど、、、。)夏コミ82で完売したタペストリー
を再販する事が発表されています。私もこのイベント
に行って、ゲットしてきました。GirlsLoveFestivalで
「その花」が見られるのは素敵ですね。
 玲緒達も、「全部ガールズラブ」なこのイベントには
感心している様子。彼女達がそういう本を読むタイプ
なのかどうかはわかりませんけれど、自分達のような
恋愛関係が主題になっているイベントというのは、
やはり嬉しいのではないでしょうか。

 この他の告知、というか玲緒自身からのお知らせ
もあります。玲緒(というか花さん、、、)が自腹で制作
した、番組のオープニング曲「純真な花うらない」に
ついて、花さんとあやかさんが話しています。CDを
制作した時のエピソードも語られていますね。
 あやかさんは、CDができあがる前に曲のデータを
もらっていたそうで、何度も繰り返し聞いたり、
お風呂で歌ったりしていたそうです。自分が関わった
ものでもありますし、曲自体も良い雰囲気ですから
お気に入りになっているのでしょうね。
 カップリング曲の「Twinkle Star, Sweetie Star」
では、百合ラップ(?)も披露されています。この部分
が気合いの入ったものになっているようで、雰囲気を
出すために踊りながら歌ったのだとか。
 それというのも、収録の時に花さんが出していた
「もっと面白く」という指示に従った結果らしいです。
確かに、曲では麻衣の、欲望に忠実な(?)部分が出て
いる感じがします。
 ところが、花さんの収録ではかわいらしい雰囲気で、
しかも一発録りだったのだとか。あやかさんはその
差が気になっていたようですが、実はスタジオの
レンタル代が関係していてあまり長い時間使えなかった
というのが理由みたいです。自腹というのもいろいろ
大変なのですね。でもその努力のおかげで素敵な
曲に仕上がっていますよね。
 ちなみにこの第40回のエンディングでは、麻衣
バージョンが流れています。いつもはデュエット
バージョンですからちょっと別の印象になっていて
面白いです。

 後はエンディングのトークでは、ニコ動のコメント
についても語られています。麻衣の場合、番組が更新
されたらすぐにチェックしているそうで、その時は
さすがにコメントは少ないのだそうです。その後
少ししてから同じ回をまた見てみると、たくさんの
コメントがあって、玲緒や麻衣のトークがあれこれ
補完されていて。そうなって番組が一つの形になる、
と感じているようです。
 これは確かにあるのでしょうね。番組を作る側と
受け取る側の距離の近さがさらに楽しさを生み出す
元になっているのかもです。

 といった感じの第40回は、玲緒と麻衣がゆったり
とした雰囲気の中で親密なトークを進めている感じ
です。次の第41回も麻衣が登場するそうなので、同じ
ように良い雰囲気が楽しめるのではないでしょうか。

・「その花びらにくちづけを」レビューリストレビューセンター

|

« ひだまりスケッチ×ハニカム 第3話 | トップページ | その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」のデモムービーが公開されています他 »

作品 その花びらにくちづけを」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/47590283

この記事へのトラックバック一覧です: その花びらにくちづけを 「玲緒っぽいらじお」第40回:

« ひだまりスケッチ×ハニカム 第3話 | トップページ | その花びらにくちづけを 「ミカエルの乙女たち」のデモムービーが公開されています他 »