« つぼみシリーズコミックス 9月分の2冊が発売です | トップページ | 咲-Saki- ビジュアルコレクション 上巻が発売です »

2012年9月12日 (水)

ゆるゆり♪♪ 第10話

 修学旅行に出かけている2年生達の事を考えると、
うらやましくなってしまう1年生達もいるようです。
けど旅行での経験はどこか見覚えのあるものばかり
、、、? こうなってくると1年生の方がいろいろな
出来事を楽しんでいるようにも見えますね。特に
櫻子と向日葵は、昔結ばれた約束のエピソードが
描かれています。

 テレビアニメ「ゆるゆり♪♪」、第10話
修学旅行R」です。
 修学旅行で京都へ向かう列車の中、異様に高い
テンションの京子は、ヘルメットやピッケルなど、
どこで使うのかわからない荷物を準備してきている。
隣に座る結衣もあきれ顔だ。一方、残された
1年生の中には、先輩達の旅行をうらやましがる
者もいる。櫻子は「自分も旅をする」とわがままを
言って、向日葵とともに出発した。といっても
徒歩であり、しかも目的地も決めずに練り歩く
ばかりだった。

 タイトルコールの場面では、また1年生達が
4人全員「\アッカリ~ン/」に、、、と思ったら
元に戻っていますね(3人だけですけど)。
「修学旅行」の文字がサブタイトルに入っているなら
2年生が主役になりそうな所ですが、この話数に
ついては1年生達もたくさん見せ場があるのですね。

(このアニメ作品では、原作と同じように、時間が
過ぎていかない「方式」になっているようです。
でも原作では、修学旅行などのイベントは基本的に
1回だけなのに対して、アニメ版では繰り返し
起きています。コムケのエピソードでは、第1期
の時と今度とで2回、別の回に参加した事に
なっています。が、修学旅行は全く同じ日程を
もう一度、第2期で2年生達が経験している
ようで。ちょっとネタがかぶっているというか
微妙な雰囲気もあるのですけれど、、、アニメ版の
この方式だと、ネタや笑いの部分を描き分けるのが
難しそうですね。

 タイムパラドックスとでも言うのでしょうか、
このエピソードで2年生達が経験している
デジャヴには、何か答えが用意されているの
でしょうか? 次回第11話のサブタイトルは
「時をかけるあかり」ですので、もしかしたら
あかりが壮大な時間と平行世界の旅に挑戦
するのかもです。)

 2年生達がちょっと不思議な経験をしている間、
1年生達はあかりとちなつ、櫻子と向日葵で
それぞれにふれあっていますね。2組の距離は
縮まっている、、、?

 あかりとちなつはクラスメイトでもありますし、
お泊まりをした事もありますから、2人だけで
遊ぶのも慣れているでしょう。けどごらく部の
部室では、いつもは先輩の京子と結衣が
いますから、ここで2人きりになると、少し
違う気分になってしまうようです。
 特にちなつは、大好きな結衣がいつもの場所に
いないため寂しがっていますね。もしこんな
気持ちのままで2年たって結衣が卒業したら、
彼女はとても寂しがりそうです(まあ作品上は
時間は過ぎないのでしょうけれど)。

 でも、気がつけばちなつとあかりはだいたい
いつも一緒にいます。学年もクラスも同じなため、
同じ授業を受けて、学校のイベントにも一緒に
参加しています。
 これは偶然ではないのでしょう。彼女達は、
部活が同じだから仕方なく一緒にいるとかいうの
ではなく、2人とも相手に対して好ましい
気持ちを持っているのでは、と思われます。
 それは百合な恋愛感情とまではいかないみたい
です。けれどそこら辺の友情などよりはもっと
強く、彼女達は結ばれているのではないでしょうか。
百合はたくさん描いてもらいたい所ですけれど、
その周辺にあるこういう親しみの気持ちも大事かも
です。

 さてもう1組の櫻子と向日葵は、、、。2年生
の修学旅行をうらやましがる櫻子が、急に
旅に出ようとします。放っておけない向日葵は
一緒について行く事に。
 櫻子がいつも行き当たりばったりに行動するのを
向日葵は知っていますから、自分が見ていないと
どんなおかしな事になるかわからない、ぐらいの
気持ちで寄り添っていたのでしょう。確かにそれは
当たっているかもしれません。けどそれだけでは
ない櫻子の一面が、ここでは現れていますね。
 向日葵は、櫻子が自分のためを思って準備
をしてくれていた事、それに自分の好みを憶えて
いてくれた事に、ついときめきを感じてしまいます。
結果的にはコミカルな事になっていましたが、
こういう出来事があるから、向日葵はよけいに
櫻子のそばにいたいと思うのでしょう。

 櫻子と向日葵、2人だけの旅はちょっとした
ピンチに直面します。こんな時、2人がどんな
風に行動するか、相手を思いやれるかどうかで
百合な雰囲気もアップしそうではあります。
が、ここではそういう展開にまでは行ってない
感じですね。あかりが現れて(登場の仕方は
とても紛らわしいですけど)、2人にアドバイス
をしています。
(ちなみにあかりが示していた地図には、
道や建物と一緒に川が描かれていて、そばには
ドラム缶が、、、。これって、第1期の第12話
で、あかりがドラム缶風呂に入ったまま崖下の
川に転がっていったあの場面を思い出させます。)

 この他でも、櫻子と向日葵は見せ場(?)を作って
ますね。それは、2人が幼い頃の「結婚」の
エピソード。
 母親が見つけた未記入の婚姻届をもらった
櫻子と向日葵は、自分達の名前を書き込もう
としています。つまり、結婚しようとしてる、
って事ですね。
 その後いろいろありましたけれど、たぶん
結果的に記入はできたのでは、と思われます。
正に「ふ~ふ」の誕生、なのでは。
(なお、原作にもこのエピソードはあって、
コミック百合姫本誌11月号に掲載された時に、
この婚姻届を再現した用紙が付録として巻末に
折り込まれていました。紙質まで特別な感じ
でした。
 それで、百合姫編集部からの情報によると、
今度発売される本誌11月号に、この婚姻届
が再録されるとか。本誌側もこのエピソードを
かなり推してるんですね。)

 ちょっと寂しいのは、中1になった今の
櫻子と向日葵が、この出来事を憶えていない
らしい事。だからこそいつでもどこでも2人は
つかみ合いのけんかをしちゃうのかもです。
(この話数では、櫻子の家と生徒会室で
やらかしています。が、どちらの時も、櫻子の
手は向日葵の胸の辺りに、、、。かなり激しく
タッチしているように見えるのですけど、
これも2人のスキンシップ、なのかな?)

 まあ少なくとも撫子は憶えているようですし、
用紙が残っているなら証拠にもなるでしょう。
それを見たら、彼女達には昔を思い出してまた
あの頃のようなふれあいを取り戻してもらいたい
気もするのですけれど、今はまだ難しい
でしょうか。まあ今のままでも十分仲が良いと
言えるのかもですけど、もうちょっと密接な
関係も見てみたいように思います。

・「ゆるゆり」レビューリストレビューセンター

|

« つぼみシリーズコミックス 9月分の2冊が発売です | トップページ | 咲-Saki- ビジュアルコレクション 上巻が発売です »

作品 ゆるゆり」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/47063705

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり♪♪ 第10話:

« つぼみシリーズコミックス 9月分の2冊が発売です | トップページ | 咲-Saki- ビジュアルコレクション 上巻が発売です »