« ビビッドレッド・オペレーション キャストの覆面音声コメントが配信されています | トップページ | コミック百合姫2012年11月号とコミックス2冊が発売です »

2012年9月17日 (月)

ゆるゆり♪♪ 第11話

 あの時皆の知らない所で何が起きていたのかを
描いていく、時間旅行のストーリーならではの
展開が見られます。ここまで描けたのは、実は
京子の観察力が鋭かったから、なのかも? それと、
あかりとあかねがクローズアップされていて、姉妹
らしい雰囲気が出てますね。

 テレビアニメ「ゆるゆり♪♪」、第11話
時をかけるあかり」です。
 新学期開始直前の4/4、あかり、京子、結衣、ちなつ
の4人はごらく部が勝手に占有している茶室を
掃除していた。あかりやちなつは2年生になり、
新しい1年生が入学してくる、ごらく部に入部する
子もいるかもしれないから、と、改めて部屋を
きれいにしているのだ。ついでに使っていない
押し入れも掃除しようと開けてみた所、お茶に
関係した道具の他に、見慣れない機械があった。
形はあからさまなほどタイムマシンっぽい。

 最初にあかりが言っていたように、この話数は
あかりメインになっていますね。一方で、この
第11話は第2期のクライマックスでもある
ようです(メガミマガジン11月号に載っている
スタッフへのインタビューでそのように書かれて
います)。
 ストーリーはオリジナルとなっています。部室の
押し入れからなぜかタイムマシンが出てきて、、、
という、原作コミックではあまり見られない流れ
とも言えそうです。(「\ン~リカッア/」も、
第10話でも使われていましたけれどこれは原作
には出てきてないですね。)

 1年前の世界へ来てしまったあかりは、途方に
暮れてしまいます。この世界には1年前の自分が
いますから、そのまま家に帰るわけにもいかず、
隠れるように部室に身を寄せる事に。これは
かなり心細いでしょうね。でも何とか、大好物の
「うすしお いもチップス」で腹ごしらえを済ませ、
今度は、この時代での自分の失敗を帳消しに
しようと活動を始めます。

 こういうSFというかファンタジックな展開も
面白いかもですね。時間的には第1期の第1話
辺りをなぞりつつ、その時場面の外ではどんな
事が起きていたのかが見られるようになって
います。その中であかりが奮闘する姿は正に(?)
主人公なのでは。

 でもやはり、原作の雰囲気とはちょっと別に
なっている感じがしてしまいます。特に後半、
涙が多くなってくると、、、。この辺りはアニメ
ならではの物語として捉えておくのが良いのかも
しれません。
 エピソード中で回想場面が多く盛り込まれて
いる関係もあるのでしょうか、絵が細やかです
(キャラの動きなどが詳しく描かれているのは
第2期全体にも言えますね)。前半でタイムマシン
が動き出す時に部屋の中を視点がぐるぐる移動
する様子とか、最後の方で紙がぱっと飛び散る
演出もなかなかですね。

 そういう感動的な流れもあるのですけれど、
この物語は実は、みたいなオチもついています。
この落とし方は、、、とも思ってしまうのですが
これも仕方ない所なのでしょうか。

 百合的な部分としては、あかりとあかねの
やりとりがかなり多く描かれていますね。
第1期では噂が出るだけで登場はしません
でしたし、第2期でも出番はそれほど多くは
ありませんでした(まあ原作でもまだあまり
出てきていないのですよね。たぶんこの第2期
で、原作の登場場面はほとんどすべて網羅
されてしまったのではないでしょうか)。

 その分を取り返すように、ここでのあかねは
かなり前面に出ています。この辺りはアニメ
オリジナルエピソードだからこそなのですね。

 あかねは、妹のあかりが1年後の世界から
来たという突拍子もない告白をすんなりと
受け入れています。現にあかりが2人いるから、
というのもあるでしょうけれど、あかねは、
あかりの言う事だったらどんな事でも信じたい
と、いつでも思っているのでしょうね。

 1年後のあかりのために、あかねはいろいろ
手を尽くしていたようです。妹がやりたいと
言うのなら全力で応援する、ぐらいの心構えは
あるのでしょう。
 でも何でも従うのではなく、あかりの考えが
どういう結果をもたらすのか、優しくさとす
部分も持ち合わせています。こんな姉だったら、
あかりも安心してのびのびと成長できるのでは、
と思えます。

 、、、けれど、これも、言ってみれば京子の
視点からのあかね像なのですよね。京子(と結衣)は
あまりあかりの家に行った事がなく、あかねに
会う事も少ないようです。その中で、第1期の
第1話では京子はあかねの部屋をのぞき見て、
すさまじい世界を目の当たりにしてしまいます。
たぶんここでのあかねはその辺りの印象が
組み合わされているのかもです。(クローゼット
から散らばった本のタイトル「私は妹に恋してる」、
「Paradise Sis」もどこかで同じイメージを
見た事がある、とか。)

 本当のあかねとあかりはどういう関係なのかは
気になる部分です。もし本当に、あかりが
あかねの部屋で1週間寝泊まりする事になったら
、、、あかねは暴走してしまうのでしょうか、
それともこのエピソードのように振る舞うの
でしょうか、もしくはもっと別の行動を見せる、
とかいう可能性もあるでしょうか。あかねが
妹のあかりを溺愛しているのは間違いない
でしょう。それがどういう形なのかは、語られる
としたら、これから?

・「ゆるゆり」レビューリストレビューセンター

|

« ビビッドレッド・オペレーション キャストの覆面音声コメントが配信されています | トップページ | コミック百合姫2012年11月号とコミックス2冊が発売です »

作品 ゆるゆり」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/47113152

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり♪♪ 第11話:

« ビビッドレッド・オペレーション キャストの覆面音声コメントが配信されています | トップページ | コミック百合姫2012年11月号とコミックス2冊が発売です »