« ゆるゆり♪♪ 「今年もやります」、、、サイン作業生放送の予定他 | トップページ | 百合アンソロジー dolce 特集ページが公開されています&壁紙プレゼントやコミックのネット配信など »

2012年5月28日 (月)

その花びらにくちづけを 「玲緒っぽいらじお」第31回

 玲緒がいつもらしくなく(?)神妙な雰囲気で、
「反省会」を、、、。まあ番組の聞き方はいろいろ
あるのでしょう。皆で楽しんで聞けると良さそう
ですね。他には、第1回放送が2万再生を超えた
話題や、CDプロジェクトの報告、お勧め百合漫画の
紹介などトピックが多いです。

 サークル「ふぐり屋」さんによる百合作品シリーズ
「その花びらにくちづけを」より、ヒロインの1人、
川村玲緒をパーソナリティとしたWebラジオ、
玲緒っぽいらじお」の第31回です。声の担当は
杏花(あんずはな)さんです。
(なお、「その花びらにくちづけを」のシリーズは
年齢に制限がありますが、ラジオ番組の方には
制限はないようです。また、同じ学校を舞台にした
全年齢対象シリーズ「はなひらっ!」もあります。)

 オープニングトークでは、玲緒が「大反省会」と
宣言しています。、、、思い出してみれば、第30回
では、紗良(声は羽里さつきさんが担当されています)
がゲストに来た他に、カルピスソーダを自分で呼んで
おいて、カルピスソーダに対してかなり強気な口の
利き方をしていた雰囲気はあります。どうもカルピス
ソーダ(の声を担当されている声優の方(花さんの
お友達だそうです))はノーギャラで番組に参加していた
ようで。それなのに玲緒がいろいろ注文をつけて
しまった点は反省する所なのかも。

 でも反省はそれだけではないみたいです。玲緒は、
番組に寄せられている、女の子達からの百合な実体験の
お便りについて、自分の対応を反省しているらしい
です。
 確かに、女の子が女の子に対して抱く恋愛感情は、
コミックや小説などのフィクションならともかく、
現実ではあまり一般的ではないでしょうし、捉え方
も人それぞれのようです。普段の生活でも相手に
自分の考えが通じない場合はよくありますが、百合な
感情の場合は自分自身や周りに与える影響は大きく
なりがちかもしれません。
 この番組では、百合な作品を主題にしているため
女の子同士の関係が取り扱われる事が多いです。けれど
やはりベースはフィクションなのですね。
 他のラジオ番組でも同じような事は言えるのでしょう。
聞く側としても、少しだけ冷静になって番組を聞いて
みる必要があるのかもです。といってもまあ気持ちを
楽にしてパーソナリティのトークを楽しむみたいな
感じでいいのでしょうね。

 玲緒は(花さんは?)夜中にお便りのチェックを
やっていたためなのか、トークネタのメモ書きの
テンションが上がったり下がったりしていたみたい
です。その中でも、進んでいる企画や嬉しいニュース
など報告は多いようです。
 一つは、この番組の第1回配信が2万再生を超えた
そうです。やはりこの番組は人気があるのでしょうね。
第1回は記念になる回でもありますし、それに、
配信から時間がたつほど再生回数は増えていく
という動画の傾向もあるのでしょう。それとこの
番組の特徴としては、ゲストのいる回、特に麻衣が
登場する回は再生数が多いのでは。

 次に、玲緒の(というか花さんの)自腹で制作が
行われている、この番組のオープニング曲は、歌詞が
完成したとの事です。作詞は花さんなのですね。
花さんがこの番組や作品に対して持っている印象が
モチーフとして詞に反映されているらしいです。
さらに、番組に寄せられた女の子達からの百合な
お便りも参考にされているみたいです、、、けど、
ちょっと考えさせられる所もあったようですね。
いろいろあるのでしょうけれど、百合度の高い
楽曲になっていると良いですね。
 この曲をどういう形でリリースしていくかはまだ
決まっていないみたいです。それよりも前に、
原作スタッフ(「神様」と呼ばれてますね)側から
認められるかどうかも大きなポイントになる
らしいです。
 原作や番組のイメージに沿っている事は重要
でしょうから、その辺りはちゃんとチェックされるの
でしょう。もし認められなければ、今までの費用は
水の泡、、、? できればできあがった曲を聴いて
みたいものですけれど、どうなるかはこれから
決まっていくのでしょうね。

 この他、お勧めの百合漫画についてリスナーから
情報が入っているようです。この回で挙げられて
いるのは、作品名では、「しまいずむ」(吉富昭仁さん
作で百合コミックアンソロジー「つぼみ」に連載
されています)、「野ばらの森の乙女たち」
(白沢まりもさん作で第2巻まで発行されています)、
「ブルーフレンド」(えばんふみさん作で第3巻まで
発行されています)、「ささめきこと」(いけだたかしさん
作でアニメ化もされています)です。また作家名では、
竹宮ジンさん、金田一蓮十郎さん、ロクロイチさん
ですね。玲緒は、ロクロイチさんについて、一迅社で
描く前に携帯コミックで描かれていた頃から作品を
愛読しているみたいです。
 玲緒本人はこの他に、青木光恵さんのお名前を
出していますね。作品では「オハナホロホロ
(鳥野しのさん作)がお勧めらしいです。
 こうしてみるといろいろな百合作品があるの
ですね。他にももっとたくさんあるでしょうから、
そういった情報を皆で共有できると素敵かもです。

 「玲緒王国入国管理局」では、「St.Michael's
Music Academy」(聖ミカエル音楽院)と銘打った
グループからのお便りが紹介されています。この
グループでは、「その花」シリーズで使われている
楽曲のリミックスを発表しているとか。(確かニコ動
でも配信されていて、以前見かけた気がします。)
こういうものがあると、作品を別の角度から楽しむ
事ができるかもです。
 なお、このお便りは元は英語で書かれていて(玲緒
も最初英語の部分を読み上げていました)、それを
リスナーの有志(以前メールが紹介されていた、
アメリカ在住のお2人です)が翻訳したのだそうです。
こんな風にいろいろな人が関わって作品世界に
広がりが出てくるというのも面白いですね。

 「むにゃドラ」では、玲緒が武道館ライブを開催
、、、。集まった観客をそっくり全部、ふぐり屋ファン
から玲緒王国民にしようとしているみたいです。
 が、夢から覚めると、ちょっと気がとがめて
しまったようです。「反省したばっかりなのに、、、」と
やや落ち込み気味?

 という感じで玲緒は反省気味でしたけれど、番組を
進めていく上ではいろいろ考える所もあるのかも
です。この番組は同人作品のラジオですので、
リスナーの側も一緒に考えて、楽しめる番組が
作れていくと良いのでしょうね。

 さてこの後は、、、ゲストが来るかどうかについて、
この所の玲緒の予想は50%で当たっているのだとか。
第27回の中で、2回後に七海がゲストで来ると
言ったら第29回で紗良が来て、その回の中で次も
紗良が来ると言ったらその通りになり、第30回
また紗良が来ると言ったら来なかった、という状況
らしいです。
 これを総合すると、ゲストが来ると2回言えば
どちらかが当たる、という事になるとか。玲緒が
ゲストに望んだのは、、、やはり麻衣ですね。もし
彼女が来たら、玲緒も大喜びしちゃうかも。

・「その花びらにくちづけを」レビューリストレビューセンター

|

« ゆるゆり♪♪ 「今年もやります」、、、サイン作業生放送の予定他 | トップページ | 百合アンソロジー dolce 特集ページが公開されています&壁紙プレゼントやコミックのネット配信など »

作品 その花びらにくちづけを」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/45447219

この記事へのトラックバック一覧です: その花びらにくちづけを 「玲緒っぽいらじお」第31回:

« ゆるゆり♪♪ 「今年もやります」、、、サイン作業生放送の予定他 | トップページ | 百合アンソロジー dolce 特集ページが公開されています&壁紙プレゼントやコミックのネット配信など »