« くちびる ためいき さくらいろ 第1巻と第2巻の表紙が紹介されています | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1話 »

2012年4月10日 (火)

夏色キセキ 第1話

 確かに夏海達の上に「キセキ」は舞い降りたみたい
です。けれどだからといってすぐに仲直りできる
わけではないようで、、、。お互いを思い合う
気持ちを思いだして、素敵な夏休みを遅れるように
なると良いですね。それと、「キセキ」が彼女達
4人にどう関わってくるのかが気になります。

 テレビ放送の始まったアニメ「夏色キセキ」を
見てみました。第1話のサブタイトルは「11回目の
ナツヤスミ
」です。
 夏休みが始まる2日前、朝早く起きた夏海は、
いそいそと支度を始める。中学のテニス部の朝練に
行くためだ。玄関を出た彼女は、ふと立ち止まり、
隣の家を見上げる。お隣には同い年の幼なじみで、
同じテニス部の紗季が住んでいるが、出てくる気配は
ない。夏海は呼び出しのメールだけ打って、学校へ
向かう。だが結局、紗季は練習に姿を見せなかった。
教室で不満げな表情で席に座っている夏海の所へ、
同じく幼なじみの優香と凛子がやって来た。

 仲良しだと思っていた友達が急によそよそしく
なって、ついには自分との約束まで破るように
なった、としたら、あまりいい気持ちではいられない
でしょう。夏海もたぶんそんな状況で、今の紗季に
対してついいつもの自分らしくない辺り方をしているの
では、という気がします。
 テニスに誘ったのも、朝練をやろうと言ったのも
紗季でしょ、というのはほとんど言いがかりみたいな
ものなのかもしれません。2人でテニスを始めた時は、
どちらが誘ったのだとしても、それは2人で決めた
事なのでしょうし。
 夏海もそれはわかっているのでしょうね。でも
相手の素っ気ない態度を見せつけられてつい何か
言ってやりたくなってしまうのでしょう。そこには、
今までのように自分を見てくれない相手の目を
一生懸命自分に向けさせようとする気持ちも働いて
いるのでは。

 なのに紗季は、態度を戻そうとはしていません。
夏海との会話も最低限になってしまっているみたい
です。こうやって何も言おうとしない所が、夏海を
よりいらだたせているのでしょう。

 この、喧嘩とも言えないような仲違いは、優香と
凛子にもとばっちりが行っています。夏海と紗季を
心配しているのに反対に当たり散らされてはたまった
ものではなさそうです。

 ですが、それっきりにならないのが彼女達なのですね。
4人は幼なじみで、小さい頃からずっと一緒にいた
ようです。サブタイトルにあるように11回目の
夏休みを一緒に過ごそうとするほどです。これまでの
長いつきあいの間で、喧嘩をする事なんてしょっちゅう
だったみたいですから、今度もどうにかできるだろう
と優香達は考えていたようです。
 そこで、紗季の身の上に起きている事がわかって
くるのですね。この事について彼女達がどうしていくのか
が重要になるでしょうか。

 ストーリー的には、下田の自然に囲まれた町に住む
女の子達の経験する一夏の「キセキ」(=奇跡?)、といった
感じかなという気がします。が、「キセキ」がどういう
風に夏海達に絡んでくるのかがよくわからないのですよね。
 この第1話でも彼女達に奇跡的な事は起きています。
でもその1回だけですべての悩みが解決するわけでは
ないようです。確かに、夢のような経験をしたから
といって、喧嘩していた友達と急に仲直りできるか
というとそうでもない感じもしますし。

 考えなければならないのは「キセキ」の持つ力かなと
思います。「御石様」の力は、4人の人間が同時に
同じ事を祈ればどんな願いも叶う、というものらしい
です。「どんな願いも」という所が、振り幅が大きい
気もするのですよね。
 ささやかな願いを積み重ねていくぐらいなら、
物語としては日常生活にちょっとファンタジーな
要素が加わる感じになるかもしれません。反対に
天地がひっくり返るような願いを唱えてしまったら、
何か日常には収まりきらない奇妙な展開になる
可能性もありそうです。
 特に、この第1話で起きた「キセキ」は、皆で
こうしようと思っていた事ではなく、何の気なしに
頭に浮かんだ事が偶然重なって発生したものらしい
です。となると、本人達は望んでいなくても、何か
とんでもない願いが通じてしまって大騒ぎになる、
なんて場合もあるのかもです。

 ちなみに、この作品の公式サイトに書かれている
イントロダクション」では、「暑くてさわやかな夏色
キセキがきっとあなたを包み込む、、、」と書かれて
います。一方で、ニコ生での先行上映会のページには、
「運命のいたずら」とか、「それはまだ中学生の彼ら
には受け入れるしかない出来事」、「あらがえない定め」
みたいに、何だか深刻そうな書き方がされています。
こういう所も、ストーリーの幅の不確かさを感じ
させます。

 オリジナルアニメの場合だと、全体としてどんな
感じになるのかがわかりづらい場合がありますね。
しかもこの作品のように放送前にストーリー展開が
ほとんど伏せられていると、よけいに勘ぐってしまい
そうになったり、、、。まあ時々そういう作品がある
ためについそう思ってしまうのでしょう。この作品
では、下田という実在の場所が舞台になっていますし、
その土地の雰囲気に乗せたゆるやかで愛情のある
物語になるのでは、と期待したいです。

 百合的にも期待、ですよね。4人の女の子達の
日々、というストーリーの場合は(前にも書いたかも
しれませんけれど)4人が均等に仲良しな場合を
よく見る気がします。でもこの作品では、4人とも
幼なじみではありながら、特に夏海と紗季、優香と凛子
の2組が近い関係にあるようです。4人でも仲良く
しつつ、この2組が百合なカップルとして発展すると
素敵かもですね。
 紗季は、自分の身に起きている事を、夏海達には
打ち明けていませんでした。言っても寂しくなる
だけだから言わなかったのかもしれません。でも
そこに、例えば夏海との愛しい日々を大切にしたい
という思いが働いているのだとしたら、百合的にも
重要な要素になりそうでしょうか。

|

« くちびる ためいき さくらいろ 第1巻と第2巻の表紙が紹介されています | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1話 »

作品 夏色キセキ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/44832265

この記事へのトラックバック一覧です: 夏色キセキ 第1話:

« くちびる ためいき さくらいろ 第1巻と第2巻の表紙が紹介されています | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1話 »