« 輪廻のラグランジェ 第11話 | トップページ | 「姫(きみ)のためなら死ねる」 第2巻が発売です »

2012年4月 6日 (金)

彼女×彼女 第7話

 毎日のように叱られているから、嫌いになっても
おかしくはない。明日美本人もそう考えている
かもです。でも時々彼女の口から聞かれるのは、
直子への素直な憧れの言葉なのですよね。自分が
相手に対してどういう意識を持っているのか、
明日美は気づく事ができるでしょうか。

 発行新書館によるオンライン雑誌「WEBウィングス
に連載中の、大沢あまねさん作「彼女×彼女
(カノ×カノ)」、第7話「VSカガミさん」です。
 とある病院に勤務する看護師の立花明日美には、
敵がいた。2歳年上の先輩、鏡直子。主任も務める
彼女に、明日美は毎日のように叱られている。他科
から移ってきて半年間、明日美は叱られまいと
努力するのだが、ことごとく無駄に終わっていた。
他人以上に自分に厳しく、有能で美女、おまけに
名前まで美しい直子に何とかぎゃふんと言わせよう
と、明日美は躍起になって仕事に打ち込んだ。

 何か久しぶりの更新かもです、、、前回の第6話
11月の公開で、その後は音沙汰がありません
でしたので、もう掲載はされないのかなと思って
しまっていました。でもこれからは再開される
ようですね。WEBウィングスのトップページにある
次回予告にもタイトルがエントリーされています
から、次回更新(4/28です)で新作が見られそう
です。

 明日美はストレートに、直子が自分を叱るから
敵だと判断しているらしいですね。直子の事を
考えるとむかむかしてきて、苛立ちを抑えられなく
なっています。
 自分だって別に手抜きをしようと思っている
わけじゃない、なのに直子ときたら大目に見ても
くれない。そんな思いを明日美は抱いているの
でしょう。また直子の言う事が正論なだけに、
やり返す事もできずにいるようです。

 だったら他の看護師達と同じように、直子に
あまり関わらないようにすれば無駄に怒りを
抱え込む事もないのかもしれません。業務上
どうしてもという場合以外はできるだけ接触
せず、何か言われても適当に返事をしていれば、
うまくやり過ごせるのかも。

 でも明日美はそうはしていません。何度
叱られても真正面から立ち向かい、自分に落ち度
があるなら仕事を持ち帰ってまでも巻き返そうと
します。
 そこまでするのはなぜなのか、明日美本人は
あまり深くは考えていないようです。けれど、
彼女の口から出る言葉は、直子の有能さや美しさ
を示すものばかり。彼女は直子に惹かれているの
でしょうね。

 ところで周りにいる看護師仲間の冷静な目から
見たら、明日美の心情はわかりそうな気もします。
が、明日美が直子に好意を持っているだろう、とは
考えていないみたいです。
 これはやはり、女性同士なんだからあり得ない
よね、という先入観が働いているからなのかも
です。他の人達には、そういう関係もあるという
事は意識してもらいたいようにも思います。が、
気づかないからこそ、かえって明日美と直子が
そばにいても誰も怪しまないというメリットも
ありそう?

 後は当人同士の関係、ですね。2人ともお互い
を、仕事に対して真面目で裏表のない人間だと
理解しているようです。でもその先は? という
所が気になります。
 2人の距離は着実に近づいてはいるようです
が、それが尊敬や親愛以上の気持ちなのかというと
まだまだのようにも思えます。相手に自分の弱い
所を知られたから相手に対して気を張らなくても
済むようになった、というだけではまだ足りない
ような。百合的に発展するためにも、もうちょっと
距離を縮めてもらいたい気もしますね。

|

« 輪廻のラグランジェ 第11話 | トップページ | 「姫(きみ)のためなら死ねる」 第2巻が発売です »

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/44796913

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女×彼女 第7話:

« 輪廻のラグランジェ 第11話 | トップページ | 「姫(きみ)のためなら死ねる」 第2巻が発売です »