« 屋上の百合霊さん 「4月の女王杯」が始まっています他 | トップページ | くちびる ためいき さくらいろ POP用データが配信されています »

2012年4月 8日 (日)

くちびる ためいき さくらいろ 続第4話「本気の家出」

 いつもの朝と様子が違う2人。これは、、、と思ったの
ですけれど、どうも彼女達は本気みたいです。先に
こうしようと思ったのは瞳のようですね。こんな
無謀な行動に出るなんて、理知的な瞳らしくない気も
します。でも彼女なりに考え抜いて、今の自分に
できる最大限の意思表示をしようとしたのかも。
それはどういう結果になるのでしょうか。

 発行双葉社コミックハイ!連載が再開された、
森永みるくさん作「くちびる ためいき さくらいろ」の
続編第4話「本気の家出」です。
(なお、この作品はこれまでコミック百合姫などで
連載されていました。そちらの話数と区別するため、
ここでは「続編第1話」などのような表現としています。)
 朝、待ち合わせをする奈々と瞳。それはいつもの
通学の風景のはずだったが、この日だけは違っていた。
2人は荷物を余計に持ってきている。駅へ向かう間
にも、瞳は、自分の問題だから奈々がつきあう必要は
ないと繰り返したが、奈々の決意が変わる事はなかった。
彼女達は制服を着替え、いらない荷物をコインロッカー
にしまい込む。奈々と瞳は親に内緒で学校を休んでいた。
2人は家出をする事にしたのだ。

 前回第3話の最後の場面からちょっと気になっては
いたのですけど、やはり2人は大胆な行動に出て
しまうらしいです。しかもサブタイトルにも書いて
あるように「本気」みたいです。

 でも瞳が家出しようとするなんて、ちょっと意外な
気もしました。頭の回転が速くて、何が合理的かを
冷静に判断でき、目的を果たすためには自分のしたい
事を抑え込める彼女にしては、短絡的な行動のようにも
思えます。
 家から飛び出してすぐに自活できるわけでもない
でしょうし、家に戻ったとしても自分の立場が弱くなる
可能性だってありそうです。それに大学へ進学しよう
としているなら、高3の今、あまり大きな問題を起こす
事は得策ではないのでは。

 そういう様々な状況を、できる限り配慮した上で、
それでも瞳は自分の考えを実行に移したのかもですね。
幸い手元には、将来の資金にと考えてためておいた
バイト代がありますから、ある程度の自由はきくの
でしょう。(ちなみにバイトについては、「百合姉妹」に
最初に掲載された第1話「ともだちじゃなくても。
にも少し書いてありますね。)

 瞳も、自分がまだ子供で、親の助けなしには生活
できないのだと十分に理解してはいるのでしょう。
養ってくれている親の都合には、本当なら従わなければ
ならないのだと。
 ですが今の彼女には、それをひっくり返してでも
一番に優先したいものがあるように思えます。それは、
奈々との関係なのですね。一瞬でも奈々とは離れたく
ない、中学から高校にかけて抱いていたあの寂しさを
もう二度と味わいたくない、と感じているのでは。
 とはいっても、奈々本人の事を思うと、瞳は自暴自棄
にはなれないのではないでしょうか。奈々と一緒にいる
未来を築くためにはどうしたらいいのか、という所まで
考えが至った時に、瞳はいつもの冷静な自分を取り戻し、
力もなく世間を知らない子供である自分がどうすれば
主張を受け入れてもらえるか、計画を練り始めたのでは。

 この計画は、もともとは瞳が自分1人で実行する予定
だったようです。自分がこの街にとどまるためのもの
だから、責任は自分でとるし、奈々を巻き込むわけには
いかない、みたいに考えていたのでしょう。でも奈々は
彼女についてきていますね。
 これは瞳には少し誤算だったかもしれませんが、実は
嬉しい事でもあったんだと思います。奈々は何があっても
自分の味方なのだと感じられたでしょうし。それに、
少しの間の家出であっても、やはり奈々と離ればなれに
なるのは寂しいんじゃないでしょうか。家出先でも
のんびりといちゃつきたがるのはその表れかもですね。

 2人で一緒にいられる事で、奈々と瞳は、見知らぬ
街でも落ち着いた気持ちになっているようです。このまま
、、、なんて意見も出てくるほど。
 そんな風に2人の将来をやや夢見がちに考えていた
彼女達に、予想していなかった事態が起きます。住み慣れた
土地なら勝手もわかっていたでしょうけれど、初めて
来た場所だと、どこにどういう危険が待っているのか
わからないのでは(世の男性全員がああいうタイプ
ではないとは思いますが、少なくともあの場面での
奈々と瞳にはとても恐ろしい出来事なのかなという気が
します)。

 このピンチに真っ先に瞳が考えたのは、奈々の身の
安全です。自分のせいで家出なんてさせたからこうなって
しまったという負い目と、自分の気持ちに応えてくれた
奈々を何があっても大切にしたいという、以前から
持っていた強い思いが、困難に立ち向かう勇気を瞳に
与えているのでしょう。

 ですが、そこで奈々は何か違和感を覚えています。
瞳がしようとしている事と自分の思いに食い違いを
感じたみたいです。
 瞳としては、いつでも自分が先頭に立って、奈々を
守り抜き、彼女が安心して笑っていられるように
したいと考えているみたいです。奈々のためなら自分が
どうなってもかまわないというほどに。
 でも奈々はそれでは嫌なのでしょうね。自分は瞳と
一緒に苦労しながら、いろいろな事を2人一緒に
実現していきたいと考えていたのではないでしょうか。

 2人がどういう道を選んでいくのかはまだわかりません。
けれど、彼女達は同い年の、女の子同士です。苦しみも
喜びも、2人で同じように分け合って、寄り添っていって
もらいたいですね。

・「くちびる ためいき さくらいろ」レビューリストレビューセンター

|

« 屋上の百合霊さん 「4月の女王杯」が始まっています他 | トップページ | くちびる ためいき さくらいろ POP用データが配信されています »

作品 くちびる ためいき さくらいろ」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/44818060

この記事へのトラックバック一覧です: くちびる ためいき さくらいろ 続第4話「本気の家出」:

« 屋上の百合霊さん 「4月の女王杯」が始まっています他 | トップページ | くちびる ためいき さくらいろ POP用データが配信されています »